国立大田顕忠院(국립대전현충원)

  • 国立大田顕忠院(국립대전현충원)
  • 国立大田顕忠院(국립대전현충원)
  • 国立大田顕忠院(국립대전현충원)
  • 国立大田顕忠院(국립대전현충원)
  • 国立大田顕忠院(국립대전현충원)
  • 国立大田顕忠院(국립대전현충원)

説明

国立大田顕忠院は大田(テジョン)広域市儒城区(ユソング)甲洞(カプトン)にあり、敷地面積は322万2001平方メートルを誇ります。ソウル特別市銅雀区(トンジャクク)銅雀洞(トンジャクドン)にある国立顕忠院の埋葬スペースが限界を迎えたことから、1979年4月1日大田に第2の顕忠院を建設すべく着工、同年8月29日に国立墓地管理所大田分所として正式に発足しました。1985年の竣工後、1991年には国立墓地大田管理所に昇格、1996年6月1日には現在の国立大田顕忠院という名称になりました。
韓国の伝統美と現代美を調和させ、自然の景観は最大限活かし、これまでの国立墓地に不足していた部分を補い、護国公園化することを基本方針に造成されました。祖国守護と国家繁栄のため尊い命を国に捧げた殉国烈士や護国英霊が眠る民族の聖地として、1979年に着工、1985年に竣工しました。300万平方メートルを超える広々とした敷地に造られた墓域には愛国志士、国家功労者、将軍、将校、警察官および一般墓域があります。主な施設として参拝を行う顕忠塔や顕忠門があるほか、告別式や護国映画上映に利用される顕忠館、さまざまな護国写真と遺物を展示する護国館、戦闘装備などが展示してある野外展示場を有しています。この他にも護国噴水塔、宮殿・陵などの前に建てられる赤い木で作られたホンサル門、天馬雄飛像、護国警句碑などの造形物、自然石で韓半島の形を形作った人工池・顕忠池、亭子、各墓域近くにある休憩室など各種施設が美しい自然の中にあります。


お問い合わせ

+82-42-718-7114


ホームページ

http://www.dnc.go.kr(韓・英)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-42-718-7114

駐車場施設 : あり

利用時間 : 夏期(3~10月) 6:00~18:00、冬期(11~2月) 7:00~18:00


詳細情報

入場料
無料

位置

大田広域市 儒城区 顕忠院路 251 (甲洞)