丹陽赤城(단양 적성)

  • 丹陽赤城(단양 적성)

説明

*三国時代の戦略的な要衝の地、赤城山城*
丹陽城在山にある石を積んで造られた山城で、1979年8月1日に史跡第265号に指定されました。周囲が約900mで大部分が崩壊されてしまい、北東側の内側の一部のみ残っています。城門は南西側、東側、南東側に3ヶ所で発見されました。城内には赤城碑があります。高麗軍が占領していたものを新羅軍が奪い、北進製作の前哨基地を構築した場所です。 
*赤城山城の歴史的の意義*
1978年、城内で赤城碑が発見され、これによると新羅と高句麗の勢力関係の変動を知ることができます。碑石以外に三国時代の土器の破片と瓦の破片も発見され、高麗時代の遺物もあり、高麗後期まで今日の丹陽地方を治めてきた邑城の役目をしてきたことがわかります。城内には新羅および百済の土器のかけらや高麗朝の青磁のかけらなども発見されました。築城方法がとてもしっかりしており、新羅の築城術を研究するのに貴重な資料として評価されています。


お問い合わせ

丹陽郡 +82-43-420-2592, +82-43-422-1146


ホームページ

丹陽文化観光http://tour.dy21.net(韓国語)
文化財庁http://www.cha.go.kr(日本語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 丹陽郡庁文化観光課(文化財) +82-43-420-2592
丹陽観光案内所 +82-43-422-1146


位置

忠清北道 丹陽郡 丹城面 下坊3キル (丹城面)