居昌捜勝台(거창 수승대)

  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)
  • 居昌捜勝台(거창 수승대)

説明

慶尚南道居昌郡渭川面黄山里黄山集落の前の亀淵洞に位置する「捜勝台(ススンデ)」は、三国時代には新羅と百済の国境地帯であり、朝鮮時代には安義県に属していましたが、日帝強占期に行政区域の改編により居昌郡に編入されて今日に至ります。捜勝台は三国時代の百済と新羅が対立していた頃、百済から新羅に行く使臣を送別した所であり、初めは戻って来られないのではないかと心配していたので、心配するという意味の「愁」、送るという意味の「送」の字を使って愁送台(スソンデ)といいました。愁送台とは俗世間の気掛かりや心配を忘れるほどに景色が素晴らしい所という意味であり、仏教の名前に比喩されることもあります。その後、朝鮮中宗の時に楽水慎権が隠居して亀淵書堂をここに建立し、弟子たちを養成しました。台の形が亀のようであることから岩亀台といい、境内を亀淵洞といいました。今の名前は1543年に退渓李滉が安義県三洞を遊覧のために来た際に始まったものとされています。退渓李滉は馬利面迎勝里(マリミョン ヨンスンニ)に停まってその名の由来を聞きましたが、急務により帰還してここへ来ることはできず、名前が美しくないとして同じ音である「捜勝台」と直すことを勧める律詩を送り、楽水慎権が台の面に彫ったことから始まりました。境内には亀淵書院、祠宇、内三門、観水楼、典祠庁、楽水亭、涵養斉、旌閭、山高水長碑、遺跡碑、岩亀台などがあり、これらは儒林と居昌慎氏楽水一族が共同管理しています。松林と水と岩が調和して景色が素晴らしく、またチャゴ岩とその周辺には皐蘭草をはじめとする貴重植物が自生しています。


ホームページ

http://www.geochang.go.kr/ssd/(日本語あり)


ご利用案内

収容人数 : 10,000人

お問い合わせおよびご案内 : +82-55-943-5383

駐車場施設 : あり(有料)

休みの日 : 年中無休

利用時間 : オートキャンプ場:チェックイン14:00以降/チェックアウト13:00まで
キャンプ場:チェックイン14:00以降/チェックアウト13;00まで
ソリ場:午前10:00~13:00/午後14:00~17:00


詳細情報

登山路
捜勝台-鄭蘊先生宗宅-某里斎-降山台-農山里コインドル-満月堂-葛渓林-ヘンギ林-農山里石造如来立像-龍岩亭-捜勝台(14キロメートル、4時間30分)
捜勝台-鄭蘊先生宗宅-農山里石造如来立像-降山台- 農山里コインドル-満月堂-葛渓林-ヘンギ林-龍岩亭-捜勝台(9.9キロメートル、2時間40分)

観光コース案内
文化遺産旅行コース
1コース: 捜勝台-鄭蘊先生宗宅-某里斎-降山台-農山里コインドル-満月堂-葛渓林-ヘンギ林-農山里石造如来立像-龍岩亭-捜勝台(14キロメートル、4時間30分)
2コース: 捜勝台-鄭蘊先生宗宅-農山里石造如来立像-降山台- 農山里コインドル-満月堂-葛渓林-ヘンギ林-龍岩亭-捜勝台(9.9キロメートル、2時間40分)

撮影場所
SBSドラマスペシャル『その冬、風が吹く』

入場料
無料

利用可能施設
宿泊施設:オートキャンプ場15棟/屋外デッキ84棟
※利用時は要事前予約

その他施設:あずまや、散歩道、ソリ場、屋外プール、水飲み場など

トイレ
あり

韓国語案内サービス
文化観光ガイド可

外国語案内サービス
不可

位置

慶尚南道 居昌郡 渭川面