済州 善屹里 ペンディ窟 [ユネスコ世界遺産(自然遺産)](제주 선흘리 벵뒤굴 [유네스코 세계자연유산])

説明

ペンディ窟は、世界で最も複雑な部類に入る迷路型洞窟で、全長4,481メートルを誇る溶岩洞窟です。
溶岩流が平らな大地の上を複雑な経路を辿り断続的に流れ形成される迷路型溶岩洞窟の生成過程を明かすことができる重要な学術的価値のある洞窟です。
また、地表の近くに生成され、洞窟の天井と地表の間の厚さが大変薄く、陥没した洞窟の入口がいくつもあります。
洞窟内部には至るところに二層、三層となった洞窟構造や溶岩石柱、溶岩橋といった洞窟地形が発達しているのも特徴で、万丈窟などとともに世界自然遺産に登録された溶岩洞窟のひとつとなっています。

面積:236,728平方メートル
所有者: 国有及び私有

※拒文オルム溶岩洞窟系のうち世界自然遺産に指定された洞窟は、ペンディ窟、万丈(マンジャン)窟、金寧(キムニョン)窟、龍泉(ヨンチョン)洞窟、タンチョムル洞窟です。


ホームページ

http://www.cha.go.kr


ご利用案内

世界文化遺産

お問い合わせおよびご案内 : +82-1600-0064


位置

済州特別自治道 済州市 朝天邑