仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))

  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))
  • 仏甲寺(霊光)(불갑사(영광))

説明

仏甲寺は仏甲山(516メートル)のふもとに位置しています。百済枕流王の時代(384年)にインドの僧マラナンタ尊者が百済に仏教を伝え、最初に建てた仏法道場で、寺の名前を仏陀の仏、最初という意味の甲から「仏甲寺(プルガプサ)」と呼ぶようになったといわれています。石階段を登り、最初に目に入る天王門の中には、木造の四天王像が安置されています。これは道詵国師が創建した全羅北道興徳の烟起寺にあった朝鮮中期の作品で、高宗7年に雪竇先師が仏甲寺を修復し、廃寺となった烟起寺から移したと伝えられています。

仏甲寺の境内でまず目に入るのが一柱門の周囲にある暖帯林で、空が見えないほど生い茂り、天然林を形成しています。仏甲寺の文化財のひとつである仏甲寺大雄殿(宝物)は、丹青を塗られていないため、より古風な趣を醸し出しています。特に大雄殿の軒の彫刻と蓮の花の模様が美しく彫刻されており、大雄殿の桟なども丹精を込めてつくられています。大雄殿は正面3間、側面3間の八作屋根の建物であり、正面と側面、および中央の間の片門が蓮華文、菊花文、宝相華文で飾られています。

寺には、万歳楼、冥府殿、一光堂、八相殿、七星閣、寮舎などがあり、寺の外の小道に沿って少し登っていくと、天然記念物に指定されているシロダモの木があります。シロダモはクスノキ科に属する常緑広葉樹で、10月~11月に雄花と雌花がそれぞれ違う株に咲き、翌年10月頃に実が赤く熟し、花と実を楽しむことができます。

仏甲寺シロダモ自生地
天然記念物。シロダモは常緑広葉樹で、仏甲寺が北の分布境界線です。この木は新羅法興王時代のキョンウン僧侶とインドのジンヒス姫との切ない愛の物語にも描かれています。硬い木材で、家具材として使われており、楕円形の実は数珠玉に使われています。

仏甲寺ヒガンバナ自生地
ヒガンバナは曼珠沙華とも呼ばれています。仏甲寺地域は高敞の禅雲寺、咸平の龍泉寺などとともに全国最大級の群生地で、開花期にはヒガンバナで辺り一面が真っ赤に染まります。


ホームページ

https://tour.yeonggwang.go.kr/main


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-61-350-4889

休みの日 : 年中開放


位置

全羅南道 霊光郡 仏甲面 仏甲寺路450