坡州 三陵[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](파주 삼릉[유네스코 세계문화유산])

  • 坡州 三陵[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](파주 삼릉[유네스코 세계문화유산])
  • 坡州 三陵[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](파주 삼릉[유네스코 세계문화유산])
  • 坡州 三陵[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](파주 삼릉[유네스코 세계문화유산])
  • 坡州 三陵[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](파주 삼릉[유네스코 세계문화유산])
  • 坡州 三陵[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](파주 삼릉[유네스코 세계문화유산])

説明

坡州三陵は恭陵、順陵、永陵の3つの陵で構成されています。恭陵は朝鮮第8代睿宗の太子妃である章順王后(1445-1461年)韓氏の墓ですが、章順王后が太子妃として亡くなったので簡略に作られました。一般的に立てられる望柱石(墓の前の両側にたてる一組の石柱)も省略されています。順陵は朝鮮第9代成宗の妃である恭恵王后(1456-1474年)韓氏の単陵です。全体的な陵の構成形式は恭陵と同じですが、順陵は王妃の陵であるため、恭陵に比べて、多くの石物(墓の前に置かれる石で作られたさまざまな物)が置かれています。恭恵王后は韓明澮の4番目の娘で、恭陵に埋葬された章順王后とは実の姉妹でした。 姉妹が揃って王妃となった例は、朝鮮王朝500年の歴史で前例がないことでした。永陵は英祖の長男である追尊王真宗(1719-1728年)と彼の妃である孝純王后(1715-1751年)趙氏の陵です。真宗は7歳で皇太子に冊封されましたが、1728年に昌慶宮の進修堂ジンスダンで夭折し(若くして亡くなり)ました。孝純王后は13歳で太子妃に冊封され、1751年に子のいないまま37歳で亡くなりました。


ホームページ

https://royaltombs.cha.go.kr/


ご利用案内

世界文化遺産

お問い合わせおよびご案内 : +82-31-941-4208

駐車場施設 : あり

休みの日 : 月曜日

利用時間 : 2月~5月、9月~10月9:00~18:00、6月~8月9:00~18:30、11月~1月9:00~17:30/※チケット販売は終了1時間前まで


位置

京畿道 坡州市 条里邑 三陵路 89