慶州 校村村(경주 교촌마을)

  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)
  • 慶州 校村村(경주 교촌마을)

説明

国家民俗文化財第27号・慶州崔富者宅(キョンジュチェプジャテク)や国家無形文化財第86-3号慶州校洞法酒(ポプチュ)がある校洞(キョドン)村(キョドンマウル)は、12代もの間、万石取りの大地主としての財産を守り、また学問にも力を入れ9代にわたり科挙の予備試験に当たる小科のひとつ覆試(ポクシ)に合格した人に与えられる称号・進士(チンサ)を輩出した慶州(キョンジュ)崔氏一門の魂が宿る場所です。
慶州崔氏一門で家訓のように継承されている原則「官職は進士以上するな、財産は万石以上蓄えるな、過客を手厚くもてなせ、凶作の年には他人の田畑を買ってはならない、崔氏一門の嫁は嫁入り後3年間木綿の服を着なければならない、 四方100里(注:韓国の1里は約400メートル)内で飢え死にする人がないようにせよ」は、真のノブレス・オブリージュがいかなるものであるかと考えさせる内容となっています。
この村は新羅時代の高僧・元暁(ウォニョ)大師との間に薛聡(ソル・チョン=新羅時代を代表する学者)を生んだ新羅29代の王・太宗武烈王(テジョンムヨルワン)の娘・瑤石(ヨソク)公主が暮らした瑤石宮(ヨソックン)があったところだといわれています。近くに新羅の始祖である朴赫居世(パク・ヒョッコセ)の誕生の逸話が残る鶏林(ケリム)や奈勿王陵(ネムルワンヌン)、慶州郷校(キョンジュヒャンギョ)、 新羅の名将・金庾信(キム・ユシン)将軍が暮らした財買井(チェメジョン)があります。


ホームページ

https://www.gyeongju.go.kr/tour/page.do?mnu_uid=3164&
https://www.gyeongju.go.kr/tour/page.do?cmd=2&mnu_uid=2292&area_uid=52


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-54-760-7880~7881

駐車場施設 : あり

休みの日 : 年中無休


位置

慶尚北道 慶州市 校村キル 39-2