光熙門(광희문)

  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)
  • 光熙門(광희문)

説明

「光熙門(クァンヒムン)」は1396年に土城創建の際に東側に建てられた小門です。実質的な土城の南小門として水口門とも呼ばれました。清渓川が流れている場所に建てられた水門は距離的には東大門の方が近くにありましたが、南小門が奨忠壇公園から漢南洞に越える丘があったため便宜上、「水口門」と呼ばれていたとされています。水口門は実質的には屍躯門として利用され、西側の西小門と一緒に土城内の葬礼行列が東方向に進む時に通過する門でした。
光熙門は日帝強占期に電車の線路がひかれる工事のため、城郭を撤去する際にも門と門楼はそのまま残っていましたが、韓国戦争(朝鮮戦争)の際に門楼が破壊され、そのまま放置されました。その後1975年に、道路の真ん中に位置していたため南に15メートルほど移転し復元工事が行われました。


ホームページ

中区文化観光 http://www.junggu.seoul.kr/tour/(日本語あり)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 景福宮 +82-2-3700-3900
光化門 +82-2-3700-3901
中区文化財施設管理チーム +82-2-3396-5841

駐車場施設 : なし

休みの日 : 年中無休

利用時間 : 24時間


詳細情報

入場料
無料

トイレ
なし

韓国語案内サービス
なし

外国語案内サービス
なし

位置

ソウル特別市 中区 退渓路344