徳川書院(덕천서원)

説明

徳川書院は燕山君(1476-1506)の時代に戊午士禍(政治的迫害事件)で犠牲になった金馹孫を主壁とし、金馹孫の子孫である金致三、金ヒョンが祭られています。金宗直の弟子である金馹孫は師匠に似て正直な性格でした。
1498年に高宗実録を編纂した時、師匠の金宗直が書いた弔義帝文の史草に載せたことが燕山君に知られ死刑になりました。中宗反正(燕山君を廃位して中宗を新しい王に擁立した事件)以降、都承旨に追贈され文愍の忌み名がつけられました。
徳川書院は本来1919年雪川面斗吉里クサンマウル前の山の上に建てられました。1982年に雪川面所川里イナムマウルに移り、1993年に現在の位置に移され徳川書院となりました。境内には德川祠という祠堂と公徳碑が建てられました。


お問い合わせ

+82-1866-8687


ホームページ

茂朱郡庁 http://www.muju.go.kr(日本語・韓国語・英語・中国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 茂朱群観光案内 +82-1899-8687

休みの日 : 年中開放

利用時間 : 9:00~18:00


位置

全羅北道 茂朱郡 雪川面 イナム3キル5 (雪川面)