宝石寺(보석사)

  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)
  • 宝石寺(보석사)

説明

錦山邑から約6キロメートル離れた進楽山(732メートル)南東側の麓にある宝石寺は、866年に祖丘大師が創建した歴史あるお寺です。教宗(仏教で禅宗以外の宗派の総称)の総本山で韓国仏教31本山のひとつとして全羅北道の仏教の寺中樞機官であり、現在は忠清南道の教区傘下となりました。
宝石寺という名前は、寺院の前にある山の中腹の岩石から金を掘り出し、仏像を鋳造したことから由来しています。寺院に入ると、鬱蒼とした森や岩石が透き通った小川の水と調和して、俗世を離れたような気分になります。
寺院には大雄殿、騎虚堂、毅禅閣、山神閣などの建物と附属庵子があり、近隣には絶景の12瀑布(滝)があります。特に高さ40メートル、円周10.4メートルになる樹齢1100年を誇る銀杏の木(天然記念物第365号)があります。また200~300メートルほどのモミの木の道があり、ひっそりとした雰囲気の中散歩を楽しめます。


お問い合わせ

+82-41-753-1523


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-41-753-1523

駐車場施設 : あり

休みの日 : 年中無休


詳細情報

外国語案内サービス
不可

位置

忠淸南道 錦山郡 南二面 宝石寺1キル30 (南二面)