大邱第一教会(대구제일교회)

  • 大邱第一教会(대구제일교회)

説明

慶尚北道地域最初のプロテスタント教会、大邱第一教会

高宗32年(1895年)、釜山にあった北長老教の宣教本部が大邱に移り、光武2年(1898年)に瓦屋根の家4棟を教会として使用し始めました。その後、信徒が増えたことにより1908年に韓国の建築様式と西洋の建築様式を融合させた新しい教会が建てられました。1933年には信徒と中央教会からの資金をもとに新たに教会を建て、第一教会と名を改めました。その後、1937年にはイ・ジュヨル勧士が高さ33mの鐘塔を建て、1969年には内部工事をし、1981年には建物の裏手に515.7m²(156坪)の聖殿を拡張しました。

現在、建物の1階は事務室、幼稚園、青少年礼拝室として使用されており、2階全体は礼拝室として使用されています。大邱第一教会は、大邱にある教会の中で最も建物が古く、キリスト教が近代化に寄与した象徴として近代建築史の研究の貴重な資料となっています。

第一教会の歴史的意義

第一教会は、慶尚北道地域に初めて作られたプロテスタントの教会で、宣教師たちが地方を開化させるために近代的な医療および教育を展開する拠点となっていたという点に歴史的意義があります。
また、第一教会の建物の外観は、ゴシック様式の建築的特徴がよく表れていることから、大邱地域の近代建築史研究の貴重な資料となっています。


お問い合わせ

+82-53-253-2615


ホームページ

www.firstch.org (韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-53-253-2615

駐車場施設 : あり


詳細情報

入場料
無料

バリアフリー
専用駐車場、スロープの設置あり、専用トイレ

位置

大邱広域市 中区 国債報償路102キル 50 (南城路)