金剛公園(금강공원)

  • 金剛公園(금강공원)

説明

東莱温泉場の裏側に位置する金剛山は、海抜801.5メートル・93万6千坪の面積に自然に育った木々が青々と生い茂る森を成しており、奇岩絶壁が絶景を演出しています。「金剛公園(クムガンゴンウォン)」は、1年を通して人々の足が絶えることのない休息地として愛されており、またかつて東莱都護府に属していた由緒正しい場所であることから、様々な文化遺跡地があちこちにあり、教育的意義の大きい場所でもあります。1940年に金剛園と名づけられ、1965年に公園として指定され、1973年6月から有料公園となった後、2004年7月1日からは無料化され、より市民に身近な公園となりました。
金剛山にはケーブルカーやバイキング、市民体育公園、金剛体育館、バドミントンコートやジムなどの体育施設があります。この他、釜山民俗芸術館、釜山海洋自然史博物館、金剛植物園などもあり、さまざまな楽しみ方ができる場所となっています。


ホームページ

http://geumgangpark.bisco.or.kr(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-51-860-7880

駐車場施設 : あり(有料)


詳細情報

入場料
無料

利用可能施設
遊戯施設:ケーブルカー
教養・文化施設:釜山民俗芸術館、釜山海洋自然史博物館、金剛植物園
体育施設:市民体育公園、金剛体育館、バドミントンコート など

施設使用料
ケーブルカー
利用時間:9:00~18:00
料金:大人 往復 8,000ウォン / 片道 5,000ウォン

金剛植物園
大人1,000ウォン



位置

釜山広域市 東莱区 禹長春路155 (温泉洞)