益山 笠店里古墳(익산 입점리 고분)

  • 益山 笠店里古墳(익산 입점리 고분)
  • 益山 笠店里古墳(익산 입점리 고분)
  • 益山 笠店里古墳(익산 입점리 고분)
  • 益山 笠店里古墳(익산 입점리 고분)
  • 益山 笠店里古墳(익산 입점리 고분)

説明

史跡第347号に指定されている「笠店里古墳(イプジョムニゴブン)」は、全羅北道益山市熊浦面笠店里チルモク峠の丘陵に位置する百済時代の古墳群です。全部で8基の墓があり、1号墳は石室墳で、これ以外は破損のひどい状態で発見されました。出土品には土器類や金銅冠、金の耳飾り、ガラス玉などの装身具類、馬具、鉄器などがあり、百済時代の遺跡の中でも重要な遺物が発見されました。出土品により、5世紀ごろに作られた墓であると推定されています。金銅製の冠は日本で発見されたものと似ており、当時百済と日本の間で文化交流があったものとみられています。


お問い合わせ

+82-63-859-5875


ホームページ

http://www.iksan.go.kr/tour/(韓国語)
http://www.cha.go.kr/(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-63-859-5875


位置

全羅北道 益山市 熊浦面 笠店古墳キル80