益山双陵(익산 쌍릉)

  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)
  • 益山双陵(익산 쌍릉)

説明

益山双陵(イクサンサンヌン)は全羅北道益山市に位置する墓で、史跡に指定されています。2基の墓が南北に約150メートルの間を空けて位置しており、双陵と呼ばれています。規模が大きく、北側にある陵は「末通大王陵」または「大王墓」と呼ばれており、少し小さめの陵は「小王墓」と呼ばれています。ここに葬られているのは百済の王であった武王とその妃である善花姫であると推測されています。

<双陵の規模>
発掘当時は高さ3.1メートルでしたが、現在は補修され、大王墓は高さ5メートル・直径30メートル、小王墓は高さ3.5メートル・直径24メートルとなっています。


ホームページ

http://www.iksan.go.kr/tour
http://www.cha.go.kr


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-63-859-5792


位置

全羅北道 益山市 石旺洞