益山 王宮里五重石塔(익산 왕궁리 오층석탑)

  • 益山 王宮里五重石塔(익산 왕궁리 오층석탑)
  • 益山 王宮里五重石塔(익산 왕궁리 오층석탑)
  • 益山 王宮里五重石塔(익산 왕궁리 오층석탑)
  • 益山 王宮里五重石塔(익산 왕궁리 오층석탑)
  • 益山 王宮里五重石塔(익산 왕궁리 오층석탑)
  • 益山 王宮里五重石塔(익산 왕궁리 오층석탑)
  • 益山 王宮里五重石塔(익산 왕궁리 오층석탑)

説明

王宮里五重石塔(ワングンニオチュンソッタプ)は馬韓時代の都として知られる益山(イクサン)の王宮面から南に2キロメートルほど離れた丘に位置している石塔です。高さは約8.5メートルで、国宝第289号に指定されています。この石塔から発見された高麗時代の遺物はすべて国宝第123号に指定され、国立中央博物館に保管されています。発掘された遺物では「益山王宮里五重石塔舎利荘厳具」が有名で、蓮の花の蕾の形のふたがついた緑色のガラス製の舎利瓶や、金剛経の内容を19枚の金の板に刻み、たたんで2つの金の紐で結んだ純金金剛経板があります。


お問い合わせ

+82-63-859-5792


ホームページ

http://www.iksan.go.kr/tour(韓国語)
http://www.cha.go.kr/(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-63-859-5792


位置

全羅北道 益山市 王宮面 王宮里