龍宮寺(仁川)(용궁사(인천))

  • 龍宮寺(仁川)(용궁사(인천))
  • 龍宮寺(仁川)(용궁사(인천))
  • 龍宮寺(仁川)(용궁사(인천))
  • 龍宮寺(仁川)(용궁사(인천))
  • 龍宮寺(仁川)(용궁사(인천))
  • 龍宮寺(仁川)(용궁사(인천))

説明

龍宮寺は、仁川国際空港から最も近いところにある寺で、白雲山の東北部に位置しています。龍宮寺は、今から1300年以上も前の新羅の文武王10年(670年)に元暁大師が創建し、山の名前を白雲山、寺の名前を白龍寺と名づけました。

その後、興宣大院君(1820~1898、朝鮮後期の王族であり政治家)がこの寺に留まりながら10年間祈祷をし、息子が王位に就くや寺を改築し寺の名前を龍宮寺に変えました。 龍宮寺には、興宣大院君が改修・改築した観音殿や、興宣大院君の自筆の文字が書かれた板が掛けられている寮舎(僧侶たちが生活する建物)、七星閣などの殿閣、そして最近建てられた高さ11mの弥勒仏があります。また、寺の前には樹齢1300年にもなる2本のケヤキの木があります。

龍宮寺は1990年11月9日に仁川広域市の記念物第9号に指定されました。


お問い合わせ

+82-32-746-1361


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 龍宮寺 +82-32-746-1361
観光文化課 +82-32-760-7530

利用時間 : 24時間


詳細情報

外国語案内サービス
不可

位置

仁川広域市中区雲南路199-1 (雲南洞)