華溪寺(화계사)

  • 華溪寺(화계사)
  • 華溪寺(화계사)
  • 華溪寺(화계사)
  • 華溪寺(화계사)
  • 華溪寺(화계사)
  • 華溪寺(화계사)
  • 華溪寺(화계사)

説明

華渓寺は、ソウル特別市江北区水踰洞三角山にある寺院で、曹渓寺が管理している小さなお寺です。ソウル市内にありますが、山から流れてくる水がとてもきれいで、また鬱蒼とした森に包まれており、都市の中にある寺院とは思えない静粛を保っています。
華渓寺は、朝鮮中宗17年(1522年)に信月僧が創建しましたが、1618年に火事で全焼し、1866年(高宗3年)興宣大院君が施主となり再建しました。
境内には、初期の建物である大雄殿(有形文化財第65号)以外に冥府殿、三聖閣、千仏五百聖殿、梵鐘閣、宝華樓、鶴棲樓などがあります。
華渓寺付近にある華渓寺谷には、烏啄泉がありますがこの薬水は昔からすが岩を啄んでできたもので皮膚病や胃膓の病気に特効があると言われています。


お問い合わせ

宗務所 +82-2-902-2663


ホームページ

三角山華溪寺ホームページ
http://www.hwagyesa.org/(韓・英)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-902-2663
+82-903-3361

利用時間 : 9:00~18:00


詳細情報

外国語案内サービス
英語

位置

ソウル特別市 江北区 華溪寺キル 117 (水踰洞)