彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))

  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))
  • 彰義門(紫霞門)(창의문(자하문))

説明

「彰義門(チャンイムン)」は城郭の北小門で、「紫霞門(チャハムン)」という愛称でも呼ばれています。北大門である粛靖門(スッチョンムン)は常に閉鎖されており、その果たすべき役割を果たせていなかったため、この彰義門が代わりにその役割を果たしていました。そのため、人々は彰義門のことを北門と呼んでいました。
城の北側の郊外へ出たり、門近くの洗剣亭や北漢山へ行く場合にはこの門が関門となるため、利用量は少なくありませんでした。昔、彰義門の近くには紫色の霞が多くかかっていたため、彰義門の外は「紫霞の外」とも呼ばれていました。
彰義門は4つの小門のうち、その原形を唯一、現在まで残している門です。彰義門は、軒の下に木で作られた木製の鶏「木鶏(モッケ)」が掛けられているところが特徴的です。この鶏の由来は、風水の考えにあります。門の外の地勢がムカデと似た相で、その地勢を抑えるためには、ムカデと相克の関係である鶏を置かなければならないという言われから、木鶏が掛けられています。
彰義門に関する歴史で、仁祖反正(インジョパンジョン)という事件を語らずにはいられないでしょう。仁祖反正とは、朝鮮時代の1623年、李貴(イ・ギ)ら西人勢力が第15代王の光海君や集権党の李爾瞻(イ・イチョム)などの大北派を追い出し、綾陽君(ヌンヤングン)を王に就かせた反乱です。1623年3月12日、李貴、金濡(キム・ユ)、金自点(キム・ジャジョム)、李适(イ・グァル)らは反正計画を遂行する過程で計画の一部漏れはしましたが、予定通りに実行に移し、反乱軍は彰義門に向かって進軍し、宮殿の占領に成功しました。これに驚いた光王君王は、宮殿の後門から逃げ、医官である安国臣(アン・グクシン)の家に隠れていましたが、後に島流しとなりました。そして、綾陽君が王となるのですが、綾陽君とは第16代王の仁祖(インジョ)のことです。
時は流れ、第21代王の英祖(ヨンジョ)はこの事件を記念し、彰義門の城門と門楼を改築し、反乱功臣たちの名前を板に刻み掛けました。彰義門の門楼に掛けられた板は、今なお門楼に掛けられています。


お問い合わせ

+82-2-2148-1826


ホームページ

鍾路文化観光http://tour.jongno.go.kr(日本語あり)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 鍾路区文化課+82-2-2148-1826

休みの日 : 年中無休


位置

ソウル特別市 鍾路区 彰義門路118 (付岩洞)