Black Lab ( Black Lab ) - エリア情報 - 韓国旅行情報

Black Lab ( Black Lab )

Black Lab ( Black Lab )

0m    63     2021-04-02

ソウル特別市 江南区 宣陵路96キル 5-16
+82-70-4858-3588

手作りバーベキューが味わえる店です。おすすめはワッフルです。ソウル特別市のガンナム区に位置した洋食専門店です。

インターコンチネンタルソウルCOEX(인터컨티넨탈 서울코엑스)

インターコンチネンタルソウルCOEX(인터컨티넨탈 서울코엑스)

1.0 Km    8235     2020-12-28

ソウル特別市 江南区 奉恩寺路 524

「インターコンチネンタルソウルCOEX(INTERCONTINENTAL SEOUL COEX)」は、韓国のトレンド発祥の地・江南でのショッピングや観光、ビジネスに最適なモダンでスタイリッシュなホテルです。
美しい漢江の景色を一望でき、目の前には韓国の伝統美が感じられる奉恩寺がある他、coexMALL、カジノ、免税店とも連結しているため、ショッピング、文化、観光をワンストップで楽しめます。

季節パプサン COEX MALL(계절밥상 코엑스몰)

季節パプサン COEX MALL(계절밥상 코엑스몰)

1.0 Km    109     2021-04-07

ソウル特別市 江南区 奉恩寺路 524
+82-2-6002-1020

ソウル特別市サムソン(三成)駅の近くに位置した韓食専門店です。各種韓国料理メニューをお楽しみいただけます。代表的なメニューは韓食です。

本粥 コエックスモール( 본죽 코엑스몰 )

本粥 コエックスモール( 본죽 코엑스몰 )

1.0 Km    41     2020-12-24

ソウル特別市 江南区 ポンウンサロ524
+82-2-2016-7477

様々な種類のお粥が味わえます。ソウル特別市のガンナム区に位置した韓食専門店です。代表的なメニューはアワビ粥です。

イルソンカルグクス(일송칼국수)

イルソンカルグクス(일송칼국수)

10.0 Km    981     2021-08-31

ソウル特別市 鐘路区 成均館路 44
+82-2-765-0880

この店はソウル特別市のジョンノ区に位置した韓食専門店です。リーズナブルな価格のお店です。代表的なメニューはアサリカルグクスです。

マウムウルダムアネミョン(마음을담아내면)

マウムウルダムアネミョン(마음을담아내면)

10.0 Km    858     2021-09-01

ソウル特別市 鐘路区 栗谷路3キル 79
+82-2-732-7768

この店はソウル特別市のチョンノに位置した韓食専門店です。ステーキと丼物も有名です。代表的なメニューは素麺です。

白麟済家屋(백인제가옥)

白麟済家屋(백인제가옥)

10.0 Km    8092     2021-04-07

ソウル特別市 鐘路区 北村路7キル 16

ソウル北村(プクチョン)の嘉会洞(カフェドン)にある白麟済(ペク・インジェ)家屋は、近代韓屋の様式で建てられた日帝強占期の家屋です。北村が一望できる2,460平方メートルの敷地にサランチェ(別棟)、アンチェ(母屋)、庭園などが配されています。白麟済家屋は伝統韓屋の美しさを保ちつつ近代的変化を取り入れて建てられており、建築の規模や歴史的価値の面で大韓民国第4代大統領尹潽善(ユン・ボソン)氏が居住していた尹潽善家屋とともに北村を代表する建築物とされています。
白麟済家屋は1907年の京城博覧会で初めてソウルに紹介された「鴨緑江の黒松」を使って建てられ、同時代の典型的な上流階級の住宅とは異なった特徴があります。サランチェとアンチェを別にして建てた伝統韓屋とは異なり、2つの空間が廊下で繋がれており、扉の外に出ずに移動できます。また日本式の廊下や畳部屋があったり、赤レンガやガラス窓が多用されていたりするのも建築当時の時代的背景が反映されたものです。サランチェの一部が2階建てになっており、これは朝鮮時代の伝統韓屋では他に類を見ない特徴です。白麟済家屋は韓屋の様々な美しさを一ヶ所に集めた貴重な文化遺産といえます。

鷺梁津水産卸売市場(노량진수산물도매시장)

鷺梁津水産卸売市場(노량진수산물도매시장)

10.0 Km    17314     2021-01-20

ソウル特別市 銅雀区 ノドゥル路 674

水産物流通のメッカ「鷺梁津(ノリャンジン)水産市場」は1927年に現在の西大門からソウル駅に至る義州路で始まったもので、長い歴史を誇る韓国最大の水産物専門の卸売市場です。
鷺梁津駅から繋がっている歩道橋を渡ったところに位置しており、水産市場の中に入ると海の香りがし、いつでも活気あふれる光景が広がります。卸売りと小売りが混在しており、午前1時から始まる競りは見どころのひとつとなっています。特に午前3時に行われる鮮魚の競りでは市場の活気あふれる姿を見ることができます。

光化門(광화문)

光化門(광화문)

10.0 Km    36021     2021-08-17

ソウル特別市 鐘路区 社稷路161

「光化門(クァンファムン)」は景福宮の南門であり、宮城の正門です。光化門は国王が頻繁に出入りする正門でもありましたが、景福宮が朝鮮の王が住む宮廷であったため他の宮殿の正門に比べて規模と格式の面でもとても雄大で華麗でした。また東西の塀の終わりに各東十字閣と西十字閣が設置され、朝鮮5大宮殿の中で唯一、宮門形式となっています。
景福宮の創建当時には特別な名前はなく、宮制によって「午門」と呼ばれたり、1395年に鄭道伝(チョン・ドジョン)によって「正門」と名前を変えましたが、1426年に景福宮を修理するとともに、集賢殿(高麗以来、朝鮮初期にわたって宮廷に設置された学問研究機関)によって「光化門」と名づけられました。
韓国戦争の時に爆撃を受けて門楼が壊れて石垣は弾痕だらけとなりました。1968年、破壊された門楼を建て直して再建されましたが再建した光化門は鉄筋コンクリートで造られ、もとの場所よりも14.5メートルほど後方に建てられました。このように原型を失った光化門を復元しようと2006年から光化門の撤去作業は始まり、3年8ヶ月の復元工事を経て2010年8月15日に工事が終了しました。
花崗岩でずっしりとした基壇を造り、その上に2階の門楼を建て、基壇にある3つのアーチ型の出入り口は景福宮が朝鮮の宮殿であるという威厳を見せています。

ゲストハウスソウルサムチョン[韓国観光品質認証](게스트하우스서울삼촌[한국관광품질인증/Korea Quality])

ゲストハウスソウルサムチョン[韓国観光品質認証](게스트하우스서울삼촌[한국관광품질인증/Korea Quality])

10.0 Km    16033     2021-10-08

ソウル特別市 鐘路区 桂洞4キル 15-3
+82-10-9753-5432

ゲストハウス ソウルサムチョンは鐘路区桂洞(ケドン)の北村(プクチョン)韓屋村にある韓屋ゲストハウスです。
ドラマ『冬のソナタ』のロケ地として外国人にも有名なソウル中央高等学校の向かい側の路地の小高い丘の上にあります。少し高いところにあるため、リビングからは丘の下にある北村の韓屋の屋根が軒を連ねている様子が一望できます。特に夕暮れ時には韓屋村に夕陽が沈む様子が物静かで大変素敵です。遠くには仁王山が見え、周辺には人も少なく閑静でソウルの中心部にありながら都会の雰囲気を感じさせない穏やかで趣があるところです。

ゲストハウス ソウルサムチョンは2015年新たに建てられた韓屋で、大変きれいで宿泊にも便利です。瓦屋根、中庭、庭を囲むように造られた韓屋構造など全体的な形が典型的な両班(ヤンバン)の家をそのまま踏襲していますが、キッチンとトイレはご利用いただく宿泊客を考え現代風に造られています。宿泊客が出入するリビングには大きなテーブルといすを配置、リビングの横にはキッチンもあります。キッチンには流し台、冷蔵庫、洗濯機などがあり誰でも利用可能です。

客室はすべてで4部屋あります。そのうち2部屋は小さな部屋のため1人ないし2人でご利用のお客様向けで、大きな部屋には最大5人まで宿泊可能です。部屋の内部は特別な装飾はなく、シンプルでありながらも韓屋の趣を生かしたデザインとなっています。天井の垂木も昔の韓屋同様そのままむき出しの状態となっており、伝統的な寝具や家具、装飾品も韓屋ならではです。また全体を貸し切る場合や長期間の宿泊の場合は別途割引もあります。
 
ゲストハウス ソウルサムチョンは庭を囲むように造られた構造の韓屋のため、宿泊のお客様は中庭で顔を合わせることになります。中庭は広くはありませんが数人座って談笑したりバーベキューをしたりすることができます。
カフェのようなリビングもこのゲストハウスの人気の場所。リビングの大きなテーブルに宿泊客同士で旅行話を交わしたり朝食を取ったりすることもできます。
このように交流ができるように韓屋を建てたのもオーナーの意向から。旅行好きなオーナーが生涯楽しみながら仕事をしたいがためにこのゲストハウスを作ったとの弁。
ゲストハウス ソウルサムチョンという名前の通り訪れた宿泊客にサムチョン(おじさん)のような存在でありたいということからゲストハウスを命名したとか。名前だけでなく実際にゲストハウス ソウルサムチョンのオーナーは泊まりに来たお客さんと登山に行ったり、街にも一緒に出かけたりもするそうです。オーナー自ら料理した朝食はシンプルながらもおいしいと評判で朝をガッツリ食べたい人におすすめです。

嘉会民画博物館(가회민화박물관)

嘉会民画博物館(가회민화박물관)

10.1 Km    19076     2022-07-22

ソウル特別市 鐘路区 北村路52

2002年にオープンした「嘉会(カフェ)民画博物館」は、昔の韓国人の暮らしや願いが込められた民画や符籍(護符)などが展示されています。韓国固有の伝統が感じられる韓屋の展示室に入ると、昔の人々が残した民画や呪術的な信仰が反映された絵、人や鬼の形に似た瓦などを観覧できます。また、符籍から作られている屏風をはじめ、各種符籍などを通して苦難を克服しようとした昔の人々の智恵が垣間見られます。

阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)

阿峴洞 煎(ジョン)路地(아현동 전골목)

10.1 Km    27646     2021-03-29

ソウル特別市 麻浦区 クルレバン路9キル 17

五日市が立つたびに欠かすことがなかった煎(ジョン)とマッコリ。
天幕で覆われ市が開かれると、市場の人々や市場を見に来る人々の空腹と喉を満たしてくれる場所がまさに天幕の下にあるおいしいお店でした。いまではスーパーなどの影響で五日市のような市が立つことは少なくなりましたが、地方ではいまでも五日市の日となればいつも市場の人手より2、3倍の人であふれ、まだまだ五日市の存在感はあります。

ソウルもそのような在来市場は少なくなりましたが、まだあちらこちらに点在しており、昔の五日市の面影を感じられるところが残っています。
五日市でなくてはならない、魚の切り身や野菜、肉などを小麦粉をまぶし衣をつけて焼いた煎(ジョン)やマッコリを天幕の下で提供する店が、在来市場の路地の片隅に必ずといっていいほどあり、懐かしい昔の人々の市場での姿をそこで再発見することもできるはずです。
 
阿峴洞(アヒョンドン)煎路地は市場の歴史と比べるとさほど長くはありませんが、現在店を開いている5軒の店のなかで一番歴史のあるお店は1990年代初頭に営業をはじめました。歴史は浅くても在来市場の風景の中で活気あふれる雰囲気をかもし出す煎路地は失ってはならない思い出の場所です。

価格もリーゾナブルで6,000ウォンの煎の盛り合わせ、そしてマッコリ4本を二人で楽しむとお腹も一杯になり気分もほろ酔い気分。14,000ウォンで思い出の在来市場の風景の中で現在の自分の姿を振り返ることが出来る場所として訪れる人々も多く、庶民の生活の歴史が息づいているとことでもあります。