国立果川科学館(국립과천과학관) - エリア情報 - 韓国旅行情報

国立果川科学館(국립과천과학관)

国立果川科学館(국립과천과학관)

0m    12066     2021-02-04

京畿道 果川市 サンハボル路 110

国立果川科学館は韓国の科学技術力を象徴するランドマークとして未来の韓国を引っ張っていく青少年たちに科学技術へ興味と関心を持ってもらい、科学者になる夢を育て、また大人達には日常生活の中に隠れた科学原理への理解を深めてもらおうという科学文化の殿堂です。
国立果川科学館は未来に向かって飛び立つ飛行体の形をした本館棟に基礎科学館、先端技術館、子ども探求体験館、自然史館、伝統科学館など5つの常設展示館があり、屋外にはプラネタリウム、天体観測所、野外展示館、昆虫生態館などがあります。展示品の半分以上が先端演出媒体を活用し、参加型、体験型につくられており、見て感じて楽しみながら観覧することができます。このように、体験し感動する科学文化空間として世界的にも劣らない展示環境が整えられています。また、前面の広場には科学広場や科学文化広場、彫刻公園などを造成し、観覧客が快適な時間を過ごすとともに観覧を終えての感想を話し合いながら科学技術に関する想像力と創意力を養ってもらえるように工夫されています。

ソウルランド冬の光祭り(서울랜드 겨울 빛축제)

ソウルランド冬の光祭り(서울랜드 겨울 빛축제)

1.0 Km    509     2019-12-18

京畿道 果川市 光明路 181
+82-2-509-6000

ソウルランド冬の光祭り「ルナ・ハッピー・ホリデイズ」はソウルから一番近いソウル近郊の京畿道果川(クァチョン)で行われる光のお祭りです。期間中毎晩、28万2250平方メートルを誇る広大なソウルランドの敷地全体が巨大な光のステージに変身し、幻想的な雰囲気の中、ライティング公演が繰り広げられます。

ルナパークの象徴「地球星」では、クリスマスの雰囲気漂うクラシック音楽や照明、3Dマッピングショー、花火と融合した「ハッピーホリデイズ」の公演が行われます。

ルナレイクLEDイルミネーションは、音楽のビートに合わせて、光が躍動する新概念のライトニンググショーです。ルナパークで新たに登場する光のトンネル・ミルキーウェイでは、華麗な照明とEDM音楽でノリノリのクラブの雰囲気を楽しめる「ミルキーウェイEDM」公演が行われます。

また360度連続回転し、トンネルすれすれに走行するジェットコースター銀河列車888の下では、ホログラムを利用した「メガホログラムショー」をご覧いただけます。

光とともに進行するマジックショー「楽しいサイエンスマジックショー」「サンタのモトリと幸せの袋」ストリートイベント、デュエットライブ公演「ルナホリデイズデュエットコンサート」など、さまざまなストリート公演が行われ、週末には夜市も開かれ、有名フードトラックのグルメも味わえます。

ソウルランド(서울랜드)

ソウルランド(서울랜드)

1.3 Km    21626     2021-02-09

京畿道 果川市 光明路181

韓国最初の遊園地併設型公園であるソウルランドは、オープンとともに大韓民国を代表するテーマパークとして有名になりました。ソウル中心部のソウル駅や明洞駅から地下鉄で30分ほどで行くことができ交通アクセスが大変便利で、周辺にはソウル大公園の動・植物園、森林浴場、国立現代美術館などがあります。
ソウルランドには韓国のアニメーションキャラクターのアトラクションおよそ50種類のほか、屋外プール(夏期)や雪ぞり場(冬期)など季節限定の施設もあります。またシーズン毎に新しい公演、フェスティバル、イベントなども行っています。2019年には韓国初・最大規模な光の祭り「ルナパーク」や恐竜展示体験館「ジュラ紀ランド」が次々オープンし、韓国最高の観光地として常に進化しています。
「ルナパーク」はイタリア語で月を意味する「Luna」のように月明りでいっぱいのソウルランドの夜のフェスティバルです。ソウルランドの象徴である地球星の建物に投影した三次元マッピングショー「ミュージックライトプラネット」、人気DJのパフォーマンスが人気の「ルナパーク・エレクトロニック・ダンスミュージックステージ」、空から滝のように湖へ降り注ぐデジタルLED「ルナレイク」、超大型な月とバラの前で記念撮影ができる「ロマンティックガーデン」、ジェットコースター・ブラックホール2000を利用した「メガホログラムショー」など華麗なプログラムが行われます。「ジュラ紀ランド」では全長18メートルの動く恐竜がお目見えします。さまざまな恐竜や化石、恐竜の卵などおよそ100点が展示され、見るだけではなく恐竜の化石の発掘や恐竜の骨格パズル体験などを通じて子どもの五感を刺激する教育的効果もある施設となっています。

国立現代美術館(果川館)(국립현대미술관(과천관))

国立現代美術館(果川館)(국립현대미술관(과천관))

1.5 Km    27970     2020-09-07

京幾道 果川市 光明路313

果川に位置する「国立現代美術館」では、韓国の現代美術作品と世界の現代美術の流れを見ることが出来ます。こちらには、有名な作家の作品が展示されている他、3~4ヶ月間隔で国内外の様々な現代美術作品の企画展が開催されます。殆どの展示会は、無料で観覧することが出来ますが、規模が大きい特別な展示会は、有料となっています。3階建ての美術館内には、6つの展示室と子供の美術館が備わっています。ソウル大公園とソウルランドなどが近くに位置しており、美術館観覧と娯楽、余暇を一度に楽しむことが出来ます。

ソウル大公園(서울대공원)

ソウル大公園(서울대공원)

1.5 Km    30244     2021-01-27

京畿道 果川市 大公園広場路 102

ソウル動物園
ソウル動物園は動物及び自然保護の意義を広める目的で設立されました。また同時に動物たちのために、より自然に近く快適な環境を確保し、動物が幸せに、そして観覧する人々も幸せになれる動物園を目指すとともに、動物園本来の機能である展示・保全・教育・研究にも力を入れています。また貴重な動物を次の世代に確実に引き継ぐという重要な動物保護・研究の役割も担っており、国際的に希少な動物のみならず韓国国内で絶滅危惧種となっている動物の保護や繁殖に関しても体系的かつ科学的な研究を行っています。同時にこのような活動と歩調を合わせ、さまざまな動物保護教育プログラムも推進しています。ソウル動物園は国際的にも野生動物の保護を目的とした活動・業績等において高い評価を受けており、韓国国内では唯一、ISIS(国際種情報システム)及びIUDZG-WZO(世界動物園機構)の正会員の資格がある動物園となっています。

ソウル大公園植物園
1985年に開園したソウル大公園植物園は鬱蒼と茂る森に囲まれた清渓山(チョンゲサン)の麓にあり、2015年6月にソウル市の機関として初めて公立樹木園に登録されました。主な施設としては温室植物園、植物標本展示施設、テーマガーデンなどがあります。植物園には観葉植物、サボテン、多肉植物、食虫植物、シダ類、バラなど1,262種41,989本の植物があります。温室植物園には熱帯・亜熱帯植物が栽培されており、多くの珍しい植物があります。植物標本展示室には植物標本及び写真が展示されており、テーマガーデンにはバラや野生花が栽培されています。またバラ園祭り、食虫植物展示及び植物教室、森体験教育などさまざまなプログラムも実施しています。

ソウル大公園テーマガーデン
ソウル大公園植物園の主要施設のひとつであるテーマガーデンは色とりどりのバラがたくさんあるバラ園や人懐っこくかわいい動物の住処であるこども動物園があります。幻想的なバラ園祭りや他の植物園では見ることができない植物展示、季節によりさまざまな花が咲く花虹園、動物教室、レベルの高い公演など多くの見どころや楽しさを提供しています。

ソウル大公園治癒の森
ソウル大公園治癒の森は公園の周囲を囲む清渓山(果川市莫渓洞)一帯に広がる森です。1984年、ソウル大公園の造成時に現在の治癒の森辺りに住んでいた約10世帯を別の場所に移転して更地にした後、本来の森を復元しており、ソウル近郊では見受けられない自然環境がよい状態で保護されています。毎年4月末から11月末まで(冬期は閉鎖)山林治癒プログラムを実施しており、主な施設としては治癒の森の道、水・風・陽光治癒場、香り庭園、森の中の広場、訪問者センターなどがあります。

森林浴場
ソウル動物園の周りの山中にある森林浴場は第8回美しい森全国大会で「美しい森の道」部門で受賞したことがあります。松、アズキナシ、ダンコウバイ、モンゴリナラなどの木など約470種の植物や、リス、野ウサギウサギ、イタチ、タヌキが生息している自然学習に最適な空間です。総延長8キロメートル(幹線6.9キロメートル・支線1.1キロメートル)にも及び、4つのわき道(オーストラリア館後方、南米館わき道、貯水池わき道、猛獣舎わき道)に分かれ、短いコースは30分、長いコースは3時間ほどあり森林浴を十分楽しめます。仙女池(ソンニョモッ)がある森、 交流の森など11のテーマコースがあり、清渓山中腹に上り坂、下り坂、平坦な散策路が適度にあるコースとなっています。そのためソウル近郊で森林浴を楽しもうという人々に人気です。特に「考える森」のそばには裸足で歩ける450メートルほどの道があり、癒しの空間となっています。

ソウル大公園キャンプ場
1986年11月に開場したソウル大公園キャンプ場は清渓山(チョンゲサン)の清流や鬱蒼と生い茂った森の中にあり、野営及び炊事、レクリエーション、ピクニックなどを楽しめる自然の空間です。主な施設としてはキャンプ場(150棟、1日収容人数1,500人)やバレーボール・バスケットボールコート、売店、シャワー室、駐車場などがあり、毎年3月から11月までの極寒期を除いた期間に開設されます。

ソウルランドソリゲレンデ(서울랜드 눈썰매장)

ソウルランドソリゲレンデ(서울랜드 눈썰매장)

1.6 Km    6391     2020-12-16

京畿道 果川市 光明路181
+82-2-509-6000

約3,500坪の敷地を誇る「ソウルランドサンタソリゲレンデ(ソウルレンドゥヌンソルメジャン)」は、12月の雪祭りの開催と共にオープンします。子ども用(長さ50メートル)、大人用(長さ120メートル)のスロープの他、あったかい串刺し練り天といった小腹を満たすB級グルメを味わえるお店、休憩室、医務室などを備えています。
また、ソリゲレンデに用意されたステージでは多彩な公演が行われます。北欧からやってきたサンタさんとキャロル舞踊団のミュージカル「サンタと一緒」、ソウルランド鼓笛隊による「鼓笛隊キャロル演奏ショー」、シカ、トナカイ、ホッキョクグマ、雪だるまによるキャラクター街頭公演など、見どころが満載です。

ソウル大公園森林浴場(서울대공원 산림욕장)

ソウル大公園森林浴場(서울대공원 산림욕장)

1.7 Km    1334     2019-06-21

京畿道 果川市 大公園広場路 102(莫渓洞)
+82-2-500-7338

ソウル動物園を囲む清渓山(チョンゲサン:621m)の天然林に造成された森林浴場は、マツ、アズキナシ、ダンコウバイ、ミズナラ等、470種あまりの植物とリス、ノウサギ、チョウセンイタチ、タヌキが生息しています。また、キジ、コノハズク、ヤマゲラなど35種の鳥類も巣を構え生息するなど、自然学習に最適の場として脚光を浴びています。登り坂と下り坂が交互に続く細い山道は全長6.3㎞、合計4つの区間から構成されています。短いコースで50分、長くて2時間30分の散策コースを選択し、森林浴を楽しむことができます。仙女池の森、ふれあいの森など11のテーマからなる休憩スペースもあります。特に「考える森」付近には裸足で歩くことができる450m程の区間があります。黄土の上を裸足で歩くことで、自然の土の感触を満喫することができます。氷の谷の森、オシドリの森、泉などの休憩施設も完備されています。

*森林浴とは?
緑の深い森の中で木の香り(フィトンチッド)を楽しんだり、肌へ吸収させ、澄んだ空気や神秘的な音色、美しい景観とによって心身の安らぎを育む天然健康法です。初夏から秋の終わり頃までが最適で、吸汗速乾性の良い身軽な服装をおすすめします。

*フィトンチッド-植物が育つ過程で自らを保護するために発散する殺菌、殺虫成分

良才川生態公園(양재천 생태공원)

良才川生態公園(양재천 생태공원)

3.7 Km    217     2018-11-19

ソウル特別市 瑞草区 パウメェ路12キル

良才川(ヤンジェチョン)は元来、漢江に直接注ぐ1次支流でしたが漢江沿岸開発事業や周辺一帯の開発により直線化され、炭川(タンチョン)へ流入する流域変更及び流路変更が人為的に行われた河川です。

清渓寺(京畿)(청계사(경기))

清渓寺(京畿)(청계사(경기))

3.9 Km    1180     2020-07-08

京畿道 義王市 清渓路475

白雲湖水の近くには、仏教で伝説の花といわれる「優曇華(うどんげ)」で有名になった寺院が一つあります。その仏像に咲く珍しい花である優曇華が現れたのが、清渓山の「清渓寺(チョンゲサ)」です。統一新羅時代に創建され、高麗忠烈王10年(1284年)に建て直された清渓寺は清渓寺事績記碑、極楽宝殿、鐘閣、三聖閣、地蔵殿、水閣など3棟の寮舎をはじめとし甘露池など、見どころに溢れています。その中でも清渓寺の銅鐘と木版は外せません。朝鮮肅宗27年(1701年)に制作された清渓寺銅鐘は、朝鮮後期を代表する梵鐘として、宝物第11-7号に指定されており、彫刻された2匹の龍と蓮の茎、菩薩像4体や宝相華文などの精巧な文様を見ることができます。京畿道有形文化財第135号に指定された清渓寺の木版は現在、18部466板残存しています。朝鮮時代光海君14年(1622年)に板刻された妙法蓮華経が213板でもっとも多いと言われています。それ以外にも仏教意識に関する文献や千字文「天地八陽神呪経板」も伝えられています。

重要文化財
1)清渓寺銅鐘 (京畿道指定有形文化財第96号)
2)清渓寺木版(京畿道指定有形文化財第135号)

韓国カメラ博物館(한국카메라박물관)

376m    132     2019-03-19

京畿道 果川市 大公園広場路 8

韓国カメラ博物館は2000年に設立され2002年には文化観光部登録博物館となり、そして2007年京畿道果川(クァチョン)に移転、新たに新築リニューアルオープンした1種専門博物館です。

およそ3,000点をこえるカメラや約6,000点の各種レンズ、そしてガラス原版フィルム、初期のスライド映写機(幻灯機)、写真プリント設備、各種アクセサリーなど全てで1万5千点を超える所蔵品があります。

所蔵品の中にはカメラの原型であるカメラ・オブスクラ、カメラ・ルシダから、1839年カメラと銀板写真術が世界で初めて発明された時期のカメラ、そして最先端のカメラにいたるまで、カメラの発展史に寄与したカメラが展示されています。

競馬場オリチプ(경마장오리집)

495m    2107     2021-02-17

京畿道 果川市 クンマル路 20-4

競馬場オリチプは、京畿道(キョンギド)最優秀企業指定店で、左手には競馬公園、右手にはソウル大公園(動物園・植物園など)、目の前には国立果川(クァチョン)科学館があり、家族連れ、外国人、会社単位での会食などさまざまな規模のお集まりにご利用頂けるレストランです。
ソウルから30分圏内にありながら大自然を満喫でき、森林浴も楽しめます。
古木の素晴らしさが訪れる人々の心を魅了し、季節毎に風景が変化する自然に恵まれた外食文化のメッカともいえる場所です。
広々とした空き地には会社の体育行事でお使いいただける専用の足球場もあります。

レッツランパークソウル(렛츠런파크 서울)

1.4 Km    166     2020-04-13

京畿道 果川市 競馬公園大路 107

レッツランパーク・ソウルは、南東にある清渓山(チョンゲサン)、北にある冠岳山(クァナクサン)の間にあり、ソウル大公園やソウルランドの北端に接する国際規格に準じた競馬場です。
レッツランパーク・ソウルは韓国馬事会(KRA)が1984年5月工事に着手し、1988年7月完工しました。
1986年の第10回アジア競技大会、1988年の第24回ソウルオリンピック大会では馬術競技の会場となり、1989年9月に正式に競馬場としてオープンしました。
主な施設には、地下1階・地上6階建ての観戦スタンドやダートコースの主競技場、そしてパドックなどがあります。
スタンドは地下1階・地上6階建ての規模を誇り、全長210m、奥行き50mの建物となっています。
各階には馬券販売場や飲食店、売店など各種施設があります。