レッツランパークソウル(렛츠런파크 서울)

  • レッツランパークソウル(렛츠런파크 서울)
  • レッツランパークソウル(렛츠런파크 서울)
  • レッツランパークソウル(렛츠런파크 서울)

説明

レッツランパーク・ソウルは、南東にある清渓山(チョンゲサン)、北にある冠岳山(クァナクサン)の間にあり、ソウル大公園やソウルランドの北端に接する国際規格に準じた競馬場です。
レッツランパーク・ソウルは韓国馬事会(KRA)が1984年5月工事に着手し、1988年7月完工しました。
1986年の第10回アジア競技大会、1988年の第24回ソウルオリンピック大会では馬術競技の会場となり、1989年9月に正式に競馬場としてオープンしました。
主な施設には、地下1階・地上6階建ての観戦スタンドやダートコースの主競技場、そしてパドックなどがあります。
スタンドは地下1階・地上6階建ての規模を誇り、全長210m、奥行き50mの建物となっています。
各階には馬券販売場や飲食店、売店など各種施設があります。


ホームページ

http://park.kra.co.kr/seoul_main.do (韓国語・英語)


ご利用案内

体験可能年齢 : 年齢制限なし

お問い合わせおよびご案内 : +82-1566-3333

駐車場施設 : 駐車可能

予約案内 : +82-1566-3333

休みの日 : 月・火曜日

規模 : 面積1.16平方キロメートル

利用時間 : 9:00~18:00
※ 競馬開催日:金・土・日曜日


詳細情報

利用料
* 競馬開催日以外:無料
* 競馬開催日:大人 2,000ウォン/未成年者 無料

主な施設
乗馬競技場、観戦スタンド、ポニーランド、ノルラウンジ、馬博物館、松林庭園、異色フォトゾーン

位置

京畿道 果川市 競馬公園大路 107