竹緑苑(죽녹원) - エリア情報 - 韓国旅行情報

竹緑苑(죽녹원)

竹緑苑(죽녹원)

0m    45567     2019-08-08

全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 竹緑苑路 119

* 生い茂る竹林の竹林浴場、竹緑苑 *
竹緑苑(チュンノグォン)は、官防堤林(クァンバンジェリム)や栄山江(ヨンサンガン)の源流である潭陽川(タミャンチョン)のほとりにある郷校を過ぎて少し進むと左手に見えてくる竹林です。
およそ16万平方メートルの敷地に所狭しと生える竹林で、潭陽郡(タミャングン)が聖人山(ソンインサン)一帯を造成し、2003年5月開苑しました。
竹緑苑の入口から石段を一段ずつ上っていくと、日ごろの疲れで凝り固まった体がリラックスでき、竹林の中を吹きぬける風が爽やかで日常の疲れを身も心も同時に癒してくれます。
また竹の葉が風にたなびいてサワサワと揺れる音を聴きながら森々と生い茂る竹林の道を歩くと、青い竹の葉越しに差し込む日差しを全身で浴びて、気分もまた爽快になれます。
苑内には竹の葉から滴り落ちる露で育つというチャノキ・竹露茶が自生しており、竹林浴を楽しんだ後は、この竹露茶を一杯飲みながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

* 竹緑苑で竹林浴を楽しむ *
竹緑苑には竹林浴を楽しめる全長2.2kmの散策路があります。
運数大通(幸運大吉)の道、竹馬の友の道、哲学者の道などすべてで8つのテーマの散策路があり、竹緑苑展望台からそれぞれ散策路が枝分かれしています。
展望台では潭陽川(タミャンチョン)をはじめ樹齢300年を超える古木からなる潭陽・官防堤林や潭陽の名所・メタセコイアカロスキル(街路樹の道)などが一望できます。
生態展示館、人工瀑布、生態池、野外公演場などもあり、夜も散策できるよう竹林には照明も設置しています。

[最優秀祭り] 潭陽竹祭り([최우수축제] 담양대나무축제)

[最優秀祭り] 潭陽竹祭り([최우수축제] 담양대나무축제)

317m    12843     2019-01-18

全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 竹緑苑路119
潭陽郡観光レジャー課+82-61-380-3150~3152

「潭陽竹祭り(タミャンデナムチュッチェ)」は、韓国に自生する天然の資源である「竹」をテーマに、その効用性や価値を広めるために開催されています。地域文化に根ざしたプログラム構成により「環境にやさしいグリーン祝祭」として高く評価されています。また、竹の伝統や芸術を継承、発展させるため、地元住民が揃って参加する「参加型祭り」として韓国を代表するお祭りに数えられています。竹産業の活性化はもちろんのこと、農産品や特産品、周辺の観光資源と連携した多様なマーケティングで「産業型祭り」として地域経済の活性化にも貢献しています。

官防堤林(관방제림)

官防堤林(관방제림)

425m    2772     2017-10-20

全羅南道 潭陽郡
+82-61-380-3150~3

全羅南道潭陽にある官防堤林は天然記念物第366号で、潭陽邑を漂って流れる潭陽川北側堤防に造成されています。南山里の東亭村から水北面、黄金里を経て大田面、講義里までその長さは2kmに達します。 官防堤林 は潭陽川が氾濫することを防ぐために作った人工の森で、樹齢200~300年あまりと推定されるムクノキ、ケヤキ、エノキ、桜などの木が植えられています。

特に2004年には山林庁が主催した『美しい森全国大会』で大賞を受賞したほど、その景色は立派で美しく四季を通し観光客の足が絶えることはありません。この他にも官防堤林には彫刻公園をはじめ竹庭園である竹録苑、メタセコイア並木道が隣接するなど見どころがたくさんあります。

トッカルビ本家(떡갈비본가)

トッカルビ本家(떡갈비본가)

780m    3920     2017-03-31

全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 中央路 91
+82-61-383-6692

全羅南道潭陽は、竹の名産地であると共にトッカルビでも有名です。
トッカルビ本家は、独特な香ばしさが特徴的な絶品トッカルビで有名な店です。まるでインジョルミ(引切餠、もち米をふやかした後、蒸して適当な大きさで切って餅にまぶし粉をつけた餠)を連想させる精巧な模様と口の中で自然にとけるような柔らかい食感、トッカルビの魅力的な深い味に魅了された観光客が、遠く日本からも尋ねて来るほどです。
トッカルビと言う名前は、カルビの模様が餠のように見えることからこのように呼ばれるようになったと言います。トッカルビは、とろけるように柔らかい食感で食べやすいうえ、肉の食感も十分に楽しむことができます。また、香ばしくもちもちとした食感は、子供や女性たちにも人気です。
トッカルビ本家では、メインメニューである韓牛トッカルビ以外にも、豚カルビ、プルコギ、カルビタンなどを味わうことができ、韓定食のように沢山のおかずとデザートもついてきます。週末の夕方には、行列ができるほど人気の店です。

ホテル竹物語 [韓国観光品質認証] (대나무이야기 호텔 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

ホテル竹物語 [韓国観光品質認証] (대나무이야기 호텔 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

916m    710     2019-11-07

全羅南道潭陽郡潭陽邑チュソンロ1346
+82-61-382-1335

竹の地域として有名な潭陽にある竹の物語ホテルは、潭陽郡庁、潭陽市外バスターミナルの近くにある家族旅行向け宿泊施設である。清潔で泊まり心地の良い客室は独特で多彩なテーマで飾られている。客室はカプセルルーム、一般室(小・大)、ローヤル室、ローヤルツイン、特室ベッド、特室オンドル、家族室(小・大)など多様なタイプで運営され、宿泊者の構成やベッドの有無によって選択できる。全室に羽毛布団(グースダウン)と簡単な朝食(トースト&コーヒー)が提供される。

竹の物語ホテルは樹齢数百年の椋の木、エノキなどが並んでいる官防堤林、竹の森の美しさに魅了される竹緑苑、気軽に食べられる素麺屋が集まっている潭陽素麺屋通りなど、潭陽の主要観光地まで徒歩で行ける。また、潭陽最高の観光地である潭陽メタセコイア並木道と潭陽メタプロヴァンスまでは車で5分ぐらいしかかからない。ほかに観光コースに入れたい金城山城のチケット売り場まで約15分、潭陽昌平スローシティまで約25分、瀟灑園・息影亭・環碧堂まで約30分かかる。

潭陽メタセコイアキル(담양 메타세쿼이아길)

潭陽メタセコイアキル(담양 메타세쿼이아길)

1.7 Km    32116     2019-08-07

全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 メタセコイア路 19

* 夢のドライブコース、メタセコイア・カロスキル *

映画『ワニ&ジュナ』でワニ(キム・ヒソン)が父親とともに車に乗って通り過ぎるシーンを撮影したのが、ここ淳昌(スンチャン)から潭陽(タミャン)へ続くメタセコイアのカロスキル(街路樹の道)です。
元々、国道24号線でしたが、この国道の横に新たに国道が開通し、この道は散策する人々や自転車が通る道として生まれ変わりました。
メタセコイアの道の総延長はおよそ8.5kmで、道の両側には高さ10mから20mほどのメタセコイアの木が植えられています。この道が作られたのは1970年代初頭で、全国的に街路樹造成事業が行われた際に潭陽郡が樹齢3年から4年ほどのメタセコイアの苗木を植えました。現在では鬱蒼と生い茂る街路樹のトンネルの道に変身しています。

* 異国情緒あふれる風景で韓国の美しい道に選ばれたメタセコイアキル*

この道を歩いていると異国情緒あふれる風景に酔いしれ、知らぬ間に全羅南道の街並みにはまってしまいます。緑のトンネルを走り抜けてみると、何故ここが「夢のドライブコース」と呼ばれるのかその所以を実感できます。
このように美しい風景が広がるこのメタセコイアキルは、山林庁と「生命の森作り運動本部」などが主管する「2002美しい道の森」の大賞を受賞し、続いて2006年には建設交通部が選定する「韓国の美しい道100選」の最優秀賞にも選ばれました。

博物館前の店(박물관앞집)

博物館前の店(박물관앞집)

2.0 Km    2191     2016-10-27

全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 竹郷文化路22
+82-61-381-1990, +82-61-382-1990

健康食のひとつである竹筒ご飯とトッカルビ(粗挽きカルビ焼き)で有名な「博物館前の店(パンムルグァナプチプ)」は、雰囲気・味・価格にいたるまで高い評価を得ているお店です。
トッカルビは、粗挽き肉、ネギ、ニンニク、タマネギなどを味付けし、ゴマ油をまぜてふっくらと焼くのが特徴です。必須脂肪酸が豊富なゴマ油は、味だけでなく栄養面においても牛肉と抜群の相性を誇ります。
竹筒の中に研いだ米、粟、豆、ナツメ、ナッツ類などの13種類の穀類を入れて炊けば、ほのかに竹の香りのするヘルシーな竹筒ご飯の完成です。これに加え、10種類を超えるおかずや食後には竹の葉茶も楽しめます。

韓国竹博物館(한국대나무박물관)

韓国竹博物館(한국대나무박물관)

2.2 Km    13335     2019-03-20

全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 竹郷文化路35

潭陽(タミャン)は竹の里として有名なところです。韓国で唯一の伝統的な竹民芸品の地としても知られており、「韓国竹博物館(ハングクテナムパンムルグァン)」では、竹の全てを展示し、販売、竹細工体験教室などを行っています。
竹細工の伝統文化の継承や工芸振興をはかるために建てられたこの博物館は、以前は潭陽郡潭州里にありましたが、1998年3月12日に潭陽郡川辺里へ移転しました。ここでは竹製品を展示するだけでなく、生産技術情報の交換の場ともなっています。毎年5月に行われる竹祭りでは全国の竹製品を競いあう大会が催されています。

俛仰亭(면앙정)

俛仰亭(면앙정)

5.2 Km    837     2019-07-29

全羅南道 潭陽郡 鳳山面 俛仰亭路 382-11
+82-61-380-2811

全羅南道記念物第6号に指定されたあずまや「俛仰亭」は全羅南道潭陽郡、鳳山面斎月里斎峯山のふもとに位置しています。1533年に宗純(1493~1583)が建てたもので、李滉(イファン)(1501~1570)をはじめ多くの学者や文人が学問について討論した場所とも言われています。丘の上に建てられており、木造の瓦屋根で側面と左右に床が敷かれ、中央には部屋が配置されています。もとは糊や葦で屋根が作られ、雨風をやっと防ぐ程度のものでしたが、現在の姿は何度か補修されたものとなっています。俛仰亭の後ろには遠くまで続く山脈を望むことができ、丘の下に広がる広い垣がひと目で見渡せます。宋純はこの場を詩文活動の産室として造り、中には当時の有名な学者や詩人たちの詩編が刻まれたものが掛けられています。

潭陽リゾート観光ホテル(담양리조트관광호텔)

潭陽リゾート観光ホテル(담양리조트관광호텔)

5.4 Km    2634     2018-01-18

全羅南道 潭陽郡 金城面 金城山城キル202
+82-61-381-5000

自然と人との出会いをテーマに作られた潭陽リゾートは光州から20分、潭陽ICから約10分の距離にあり、165,000平方メートルの広い大地に、各種イベントを行える野外広場と、72,600平方メートルの樹木園や湖、イベント広場、約300台同時駐車が可能な駐車場も確保しています。
潭陽リゾートでは高級な木製家具、環境に配慮したエネルギー活用、超高速インターネットサービス、最先端の音響設備、明るく清潔な浴室など、細かな部分まで配慮した施設作りをしています。広い客室は秋月山、潭陽湖などの美しい自然と調和し、家にいるかのようなくつろぎの空間を提供してくれます。
また、 地下1階、地上3階に42の客室を備え、その他にも250名以上収容可能な大宴会場と80名以上収容可能なセミナー場、韓国式食堂及び郷土料理店、バー、売店、ゲームセンター、クラブなどの付帯施設があります。

潭陽公用バスターミナル(담양공용버스터미널)

1.4 Km    4892     2017-07-31

全羅南道 潭陽郡 潭陽邑 中央路24-1

「潭陽(タミャン)公用バスターミナル」は、全羅南道潭陽郡潭陽邑にある市外・高速バスターミナルです。

ハンサングン・テトンパプチプ(한상근대통밥집)

2.0 Km    718     2017-04-06

全羅南道 潭陽郡 月山面 潭長路路113
+82-61-382-1999

「ハンサングンテトンパプチプ」は、初めて竹筒の中にお米を入れて炊いた炊き込みご飯を商品化したハン・サングン氏が運営するお店です。
店内は、天井・壁・床はもちろん、扉や照明まで竹が使用されています。これらは全てハン・サングン氏によって作られた作品です。
竹筒ご飯(テトンパプ)は、竹筒の中に白米・黒米・銀杏・マツの実・ナツメ・栗などを入れ、その上に韓紙をかぶせて炊くご飯です。熱を加えると、竹筒の中の薄い膜と竹からにじみ出る汁がご飯にしみ込みます。薄い膜と竹からにじみ出る汁は体に良いものであると『東医宝監』にも記されるています。しかし、一度使用した竹筒からは薄い膜と汁が出てこないため、毎回新しい竹筒が使用されます。
お店で一番有名なメニューは竹筒ご飯ですが、それ以外にも竹を使用した自慢のメニューがあります。料理に最も多く使用されるのは筍。美味しいと有名な潭陽の筍の中でも美味しい部分だけを厳選し、キューリ・セリ・青唐辛子などの様々な野菜とタニシを甘酸っぱいコチュジャンに和えた筍の和え物はこの店の人気メニューです。唐辛子・タマネギ・サンチュなどの野菜は自家栽培したものなので筍だけではなく、野菜も新鮮です。