名品松茸豚足 ( 명품송이족발 ) - エリア情報 - 韓国旅行情報

名品松茸豚足 ( 명품송이족발 )

名品松茸豚足 ( 명품송이족발 )

0m    41     2021-04-05

ソウル特別市 銅雀区 サダンロ17ギル11
+82-2-535-0712

韓国産の肉を使って豚足を作っている店です。ソウル特別市のドンジャク区に位置した韓食専門店です。代表的なメニューは豚足です。

ISAE(이새)

ISAE(이새)

10.0 Km    4149     2021-04-07

ソウル特別市 鐘路区 仁寺洞キル30-1

「ISAE(イセ)」は化学成分が入っていない生地を使用した自然主義ブランドで、中高年層を対象としたエコ染色衣類を取り扱っています。天然素材、天然染色、韓服と洋装が調和をなした、ラクな着心地の服を主に販売しています。

ソウル国際図書展(서울국제도서전)

ソウル国際図書展(서울국제도서전)

10.0 Km    2223     2021-05-28

ソウル特別市 城東区 演武場15キル11
+82-2-733-8402

ソウル国際図書展は1954年に全国図書展示会としてスタート、1995年には国際出版連合(IPA)公認の国際図書展に格上げされ、韓国出版界の国際化、出版産業の競争力強化、読書が日常化する社会的雰囲気の定着、人々が文化を享有する機会を拡大することなどを旗印に世界の主要な図書展の一角として発展してきました。

トゥレ(두레)

10.0 Km    6299     2021-04-06

ソウル特別市 鐘路区 仁寺洞4キル 5-24

古の特権階級・両班(ヤンバン)の家屋を再現した伝統韓定食レストラン・トゥレ(doorei)。
韓国産大豆を発酵させ納豆状になったものを加えぐつぐつ煮込んだチョングクチャン(チョングッチャン)は、トゥレの人気メニュー。
ほかにも牛のあばら肉に椎茸を加え、昆布と朝鮮醤油で出汁を取ったしょうゆ味の牛肉クッパ・ソコギジャンクッパ、牛の背骨を煮詰め菜っ葉などの乾燥した野菜を入れ韓国の味噌で味付けしたスープ・サゴルウゴジタンがあります。
また毎日、その日に合ったおかずも大変おいしく好評です。

仁王山(인왕산)

仁王山(인왕산)

10.0 Km    23981     2021-04-07

ソウル特別市 鐘路区 仁王山路1キル29
+82-2-2148-2834

仁王山には太祖や無学大師の祈祷址や社稷トンネルから紫霞門までソウル外郭を囲む城郭が残されています。人気のコースは、社稷トンネルを出発し、城郭址や頂上を過ぎ、付岩洞方面に下りていくコースです。青瓦台への道に繋がっており、時間に余裕があれば、八判路や孝子路、景福宮まで歩いてみるのもいいでしょう。

城郭通りは景色を楽しみながらゆっくりとウォーキングを楽しむコースです。彰義門を過ぎ、城郭の内側の道を沿って歩いていくと石の階段があり、そこを通過すると城郭の外側に出ます。城郭の外側の道は200メートルほど続いており、太祖、世宗、粛宗の時代に建てられたとされる城石を見ることができます。城石に生えた緑色のコケがソウルの長い歴史を感じさせます。再度、城郭の内側の道に入り階段の道を登っていくと、視界が開け、山々の絶景が見渡せるようになります。

ヨジンゴブ(여진곱)

ヨジンゴブ(여진곱)

10.0 Km    1109     2021-09-01

ソウル特別市 鐘路区 三一大路 430
+82-2-762-5157

楽園商店街の近くに位置するホルモン専門店です。代表的なメニューはコプチャンの寄せ鍋です。この店はソウル特別市のチョンノに位置した韓食専門店です。

韓国工芸館(한국공예관)

韓国工芸館(한국공예관)

10.0 Km    5456     2021-06-11

ソウル特別市 鐘路区 仁寺洞キル33

「清州市韓国工芸館」は、地域工芸作家たちの作品を展示・販売するために仁寺洞サムジキルにて、直指(全世界に残っている金属活字で印刷された本の中で最も古いもの)文化商品を展示・販売しています。仁寺洞販売店では、100種にものぼる商品を展示・販売する他、直指と工芸ビエンナーレについての情報を提供しています。主に、直指をモチーフにしたネクタイや陶磁器セットなどと、韓国の伝統文様や直指書体をハイタッチ技法でデザインした作品や陶芸、繊維、貴金属など、工芸職人の作品を展示・販売しています。

大韓民国歴史博物館(대한민국역사박물관)

大韓民国歴史博物館(대한민국역사박물관)

10.0 Km    7071     2021-04-08

ソウル特別市 鐘路区 世宗大路198

「大韓民国歴史博物館」は、19世紀末の開港期から今日に至る韓国の歴史を総合的・体系的に知ることができる韓国初の国立近現代史博物館として、2012年12月26日に開館しました。苦難と逆境を乗り越え、発展した韓国の歴史を展示・教育・調査・研究・資料収集し、国民と共有するための施設といえます。
第1展示室「大韓民国の胎動」、第2展示室「大韓民国の基礎確立」、第3展示室「大韓民国の成長と発展」、第4展示室「大韓民国の先進化、世界への躍進」で構成されています。子ども博物館「大韓民国歴史夢の村」では様々な体験を通して近現代史を学ぶことができます。その他、博物館では教育プログラムや文化イベントも行われています。

仁寺洞チャッチプ(인사동찻집)

仁寺洞チャッチプ(인사동찻집)

10.0 Km    2731     2021-07-08

ソウル特別市 鐘路区 仁寺洞キル33-1

「仁寺洞チャッチプ」は、仁寺洞にある韓屋の茶房で、全ての伝統茶は手作りです。夏のメニューであるかき氷(ピンス)の小豆も手作りです。

独立館(독립관)

独立館(독립관)

10.0 Km    7543     2019-02-20

ソウル特別市 西大門区 統一路 251

独立館は元々1407(太宗7)年に中国の使臣を迎えるため建てられた迎賓館として、初期の名称は慕華楼(モファル)でしたが、1429(世宗11)年に拡張・改築し慕華館(モファグァン)と改称しました。

旧大韓帝国時代末期になると国際関係の変化により、元来の目的として使われなくなり放置されていた慕華館を徐載弼(ソ・ジェピル)が独立協会を設立し、この建物を独立館と改称、愛国討論会を開催し自主・民権・自強思想を鼓舞する独立運動の拠点として使われました。その後、この建物は日本帝国主義者により独立運動の弾圧の一環として撤去されてしまいました。

その後、西大門独立公園造成事業計画が策定され、専門家の考証・諮問により復元事業を実施、復元された独立館の建物の地上階は当初と同じく韓式木造で殉国先烈の位牌奉安や展示室として使われ、地下階は行事及び遺物所蔵のため1995年12月28日から1996年12月31日までの期間にソウル特別市が建設しました。なおもともとの独立館の建設当時の位置は現在の位置より東南方向に約350m離れたところにありました。