井邑詞文化祭り(정읍사문화제) - エリア情報 - 韓国旅行情報

井邑詞文化祭り(정읍사문화제)

井邑詞文化祭り(정읍사문화제)

0m    730     2018-10-17

全羅北道 井邑市 井邑寺路541
+82-63-532-8880

井邑は、約1400年前、百済女性の崇高な愛と婦徳がこめられた現存する最高の歌謡「井邑詞」と歌辞文学の嚆矢「賞春曲」の発源地であるとともに、全羅右道農楽、東学農民運動の発祥地であり、また、自然に恵まれた紅葉の名所としても有名な内蔵山の自然と歴史が調和する都市です。そんな井邑で開かれる「井邑詞文化祭り」は、百済歌謡が表現する夫婦愛を内蔵山の紅葉に昇華させた祭りです。

井邑詞文化公園(정읍사문화공원)

井邑詞文化公園(정읍사문화공원)

0m    6342     2016-12-15

全羅北道 井邑市 井邑寺路541
+82-63-539-6776

「井邑詞文化公園(チョンウプサムナゴンウォン)」は全羅北道井邑市市其洞にある公園です。井邑詞は5つの百済歌謡中で唯一現存する最高の百済歌謡で、ハングルで記録され伝えられました。現在まで伝わる歌謡中、最も古いものとなっています。公園には、井邑詞の歌詞に登場する帰らぬ夫を待ちながら石になってしまった百済女性の「望夫石」がある他、井邑詞碑、祠堂、井邑詞芸術会館、井邑詞国楽院、市立図書館、野外公演場などがあります。公園内にある「望夫像」は高さ2.5メートルの花崗岩の石像で1986年12月に建てられました。望夫像は、少し長めのチョゴリを着ており、両手を合わせて立っている百済の女性を表現しています。祠堂には夫の帰りを待ちながら望夫石になってしまった女性を称え、毎年祭礼が執り行われます。

井邑桜祭り(정읍 벚꽃축제)

井邑桜祭り(정읍 벚꽃축제)

1.3 Km    72     2019-03-27

全羅北道 井邑市 ポッコッ路 401
+82-63-539-5233

J-Party House(旧ハヌルグァソナム)(제이파티하우스(구. 하늘과소나무))

J-Party House(旧ハヌルグァソナム)(제이파티하우스(구. 하늘과소나무))

2.1 Km    552     2016-08-16

全羅北道 井邑市 内蔵山路 145
+82-63-536-9030

「J-Party House(ジェイパーティーハウス)」は内蔵山入口にあり、周辺の美しい景観を一望できる静かな場所にたたずんでいます。各種集まりなどに最適です。平日と予約のない日曜日のビュッフェ利用が可能です。

井邑バスターミナル(정읍버스터미널)

井邑バスターミナル(정읍버스터미널)

2.8 Km    5617     2016-08-04

全羅北道 井邑市 蓮池1キル46-4

西来峰(서래봉)

西来峰(서래봉)

7.0 Km    4524     2016-09-04

全羅北道 井邑市 內蔵山路 936
+82-63-538-7875~6

内蔵山の北側を囲んでいる西来峰(ソレボン)は、 田や畑を耕したり、ならしたりする昔の農機具の一つ「馬鍬(ソレ)」に似ていることからこの名前が付けられました。約1kmに渡り峰の周辺を囲んでいる岩の絶壁が赤く染まった紅葉と調和を成し、内蔵山を代表する峰と言われています。一柱門から出発し、霹靂岩、西来峰、仏出峰、円寂庵、内蔵寺を通り再び一柱門に戻る登山コースを行くと西来峰へ訪れることが出来ます。所要時間は、約3時間です。

内蔵寺(井邑)(내장사(정읍))

内蔵寺(井邑)(내장사(정읍))

7.6 Km    15387     2018-11-08

全羅北道 井邑市 内蔵山路1253
+82-63-538-8741

「内蔵寺(ネジャンサ)」は全羅北道の名山である内蔵山国立公園に位置しています。内蔵寺は百済636年に 霊隠祖師が創建した寺で、本来の名前は霊隠寺でした。その後何回かの焼失と重建を経て、韓国戦争の時また焼失しました。現在の寺は1970年代に再建されたものです。
内蔵山まで行くには少し歩かなければなりません。商店街団地と切符売り場を通ると小さな渓谷である内蔵川があります。この道に沿って30分ほど歩くと左側に池が一つあり、池の中に羽化亭という亭子があります。羽化亭を過ぎて少し行くと左側にケーブルカー乗場があります。内蔵山燕子峰展望台(667メートル)まで上がるケーブルカーで、時間は5分くらいです。ケーブルカー乗場を通るとすぐ内蔵山探訪案内所があり、さらに行くと内蔵寺一柱門に出ます。この一柱門を過ぎると紅葉のトンネルが始まります。樹齢数十年から数百年に達する紅木が空を遮るトンネルになり、秋には真っ赤に染まります。紅葉トンネルが終る所に浮屠畑があります。十あまりの浮屠があり、浮屠畑の前の松の木も美しい所です。浮屠畑を通ると天王門があり、すぐに小さな池である定慧楼があります。朝鮮時代の世祖12年(1466年)に作られた建物で、現在の建物は1970年代に復元したものです。内蔵寺の建物の中でもっとも美しい建物です。定慧楼を過ぎると大雄殿、冥府殿などの建物があります。ほかにも自然学習探訪路があり、森林浴コースも開発されています。

内蔵山ケーブルカー(내장산 케이블카)

内蔵山ケーブルカー(내장산 케이블카)

8.2 Km    4457     2018-11-08

全羅北道 井邑市 内蔵山路936
+82-63-538-8120

「内蔵山(ネジャンサン)ケーブルカー」は、探訪案内所から燕子峰の中腹地点にある展望台まで運行しています。展望台は、ケイブルカーから下りて300メートル程の所にあります。ケーブルカーの乗車時間(約5分)は、紅葉や内蔵山全体を一目で見渡すことが出来ます。

羽化亭(内蔵山)(우화정(내장산))

羽化亭(内蔵山)(우화정(내장산))

8.3 Km    5214     2018-10-26

全羅北道 井邑市 内蔵山路936
+82-63-538-7876

「羽化亭(ウファジョン)」とは穏やかな湖と紅葉が調和して絶景をなす「あずまや」のことで、内蔵山チケット売り場の入り口(観光案内所一帯)に行く途中にあります。「あずまや」で羽が空に舞い上がって行ったという伝説があることから「羽化亭」と名づけられました。湖周辺の紅葉が美しいため、多くの写真作家が訪れます。

内蔵山国立公園(내장산국립공원)

内蔵山国立公園(내장산국립공원)

8.6 Km    28871     2018-11-08

全羅北道 淳昌郡 福興面 鳳徳キル
+82-63-538-7875~6, +82-61-392-7288

「山中に隠れたものが無尽蔵にある」、そんな意味を内蔵山(ネジャンサン)。
秋になるとあらゆるものが鮮やかな紅色に染まるここ内蔵山は、訪れる人々の心の奥底まで感動を与える「湖南の金剛」とも称される風光明媚なところです。

赤々と燃える紅葉トンネルや道徳瀑布、金仙瀑布などは紅葉の秘境とも言うべきところで、紅葉の代名詞と言っても過言ではありません。

毎年、紅葉一色となる秋の季節ばかりでなく、春にはクロフネツツジや桜が、夏には鬱蒼と生い茂る緑陰が、冬には岩の絶壁の絶景と美しい雪景色が、そして一年を通してさまざまな野生花が咲き乱れ、内蔵山を訪れる人々に感動を与えます。

内蔵山国立公園には「湖南の五大名山」である内蔵山をはじめ、南には白岩山、そして内蔵寺、白羊寺など由緒ある寺院、朝鮮時代末期東学農民運動の指導者・全琫準(チャン・ボンジュン)将軍が捕らえられるまでの間いた笠岩山城などさまざまな景勝地があり 、「春・白羊、秋・内蔵」という言葉がある通り、さまざまな秘境があります。

内蔵山連峰が屏風画のように取り囲み、大変美しい景色の中に位置する内蔵寺、大雄殿や極楽殿など朝鮮中期の建造物が多数残り雄大かつ古風な外観の白羊寺、そして厳寒の気候にもかかわらず寒さにも負けずその葉を輝かせるユズリハやカヤの老木が形づくる内蔵山の美しい森、その由緒ある古刹と素晴らしい自然環境が内蔵山の歴史の奥深さを感じさせます。

また周囲の山々は、内蔵寺を中心に内蔵山連峰の主峰である神仙峰(763m)をはじめ、将軍峰(696m)、西来峰(624m)、仏出峰(619m)、燕子峰(675m )、カチ峰(717m) など各峰々が馬の蹄のように囲む他にはない自然景観を形づくっています。

760種の自生植物や森林、そして天然記念物をはじめさまざまな野生動物が生息している内蔵山。その範囲は全羅北道井邑市や淳昌郡、そして全羅南道長城郡にまで広がっています。内蔵山は小白山脈から枝分かれした蘆嶺山脈の南西の端に近い位置にあり、その山並みは湖南平野の真ん中に至ります。
内蔵山国立公園の総面積は81.715平方キロメートルで、1971年11月17日白羊寺地区とともに国立公園に指定されました。

[西来峰(ソレボン)]
内蔵山の西側を囲む岩山で、内蔵山を代表する素晴らしい景観の峰です。岩の峰の形が農機具のソレ・馬鍬に似ていることからソレボンと呼ばれるようになった、達磨祖師が西方にあった中国の梁の国からやって来たことから由来し西来・ソレと言われるようになったと諸説ありますが、寺の山名にもなっているスリ峰という名前から由来したというのが有力です。西来峰に登り西側を臨むと内蔵貯水池や井邑市の一部が見えます。西来峰は幅およそ1kmの岩の絶壁がひとつの峰をなしており、その稀に見る岩の絶壁の裾にカエデの木が美しく覆うかのように自生し、その様子はまさに女性が美しいスカートを履いているかのようです。

井邑校洞安進士古宅[韓国観光品質認証](정읍교동안진사고택[한국관광 품질인증/Korea Quality])

3.1 Km    41     2019-05-21

全羅北道 井邑市 井邑寺路150-25
+82-63-535-9461

「井邑校洞安進士古宅(チョンウプギョドンアンジンサゴテク)」は、約200年の歴史を誇ります。オーナーの六代祖がはじめてこの地に根付き、子孫は代々ここで暮らしてきました。
安進士古宅は門口の棟、サランチェ(別棟)、アンチェ(母屋)、山亭(離れ)、蔵から成り、門口の棟とサランチェ、山亭に宿泊することができます。2007年から3年間かけた補修によって伝統の美しさを守りつつ、内部は宿泊施設として使いやすいようにリモデリングされており、浴室には浴槽もあります。
家の裏手にある丘には山亭の離れがあります。こぢんまりした縁側がある韓屋で、部屋2つと大庁があり、トイレも部屋についています。大庁からの風景は趣があり、宿泊客にも人気が高く、特に山と野原がきれいに染まる秋の風景は壮観です。山亭前にはちいさな池、後ろには松の山があり、松の間に浮かぶ月は美しく、これをみるためにまたここを訪れる人もいるといいます。山亭から母屋に向かう道の右側には散歩にちょうどいい竹林があります。さらに母屋の裏には、井邑市から保護樹に指定された樹齢200年ヤマナシが一本あり、春になると花が満開になります。
安進士古宅には蔵もあり、現在、この空間は、籠、生活小物、真鍮器、壺、かばん、食膳など先祖代々使われてきた品物を展示する展示室として使われています。また、母屋の裏には茶畑があり、茶道体験できるプログラムも運営しています。

金仙渓谷(금선계곡)

8.1 Km    9622     2018-11-08

全羅北道 井邑市 内蔵山路 1207
+82-63-538-7876

内蔵山国立公園内にある「金仙溪谷(クムソンゲゴク)」は、空が見えないほど森が深く、夏には暑さを凌ごうと多くの人が渓谷に訪れ、秋には紅葉を楽しもうと多くの観光客が訪れます。特に、紅葉の風景は絹に刺繍したかの如く美しく、金仙という名前で呼ばれたとされています。他の地域に比べ、紅葉期間が長く、色が濃いことでも有名です。
一柱門から内蔵寺の龍窟を通りすぎて金仙瀑布で戻ってくる登山コース(所要時間:約2時間20分)が人気です。