寿硯山房(수연산방)

  • 寿硯山房(수연산방)
  • 寿硯山房(수연산방)

説明

城北洞の伝統カフェ「寿硯山房(スヨンサンバン)」は、小説家李泰俊が執筆活動を行なった場所です。現在は、彼の家族がカフェを運営しています。
寿硯山房は、山の麓に位置しているお茶の美味しい店として有名で、日本のNHKやイギリスのBBC、フランスのテレビや日本の雑誌でも多く取り上げられました。また、夏には韓屋の情緒と冷たいパッピンス(カキ氷)を味わおうと訪れる人々の足が絶えることはありません。


ご利用案内

代表メニュー : カボチャのカキ氷、ナツメ茶

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-764-1736

開業日 : 1998年11月3日

営業時間 : 平日 11:00~22:30、週末 11:00~22:00

予約案内 : 電話予約可(+82-2-764-1736/4人から可)

休みの日 : ソルラル(旧暦1月1日)・秋夕(旧暦8月15日)の当日とその前日

座席数 : 春~秋:19 テーブル、冬:12 テーブル

処理メニュー : 緑茶(녹차)
蓬抹茶(쑥말차)
五味子茶(오미자 차)
クコの実菊花茶(구기자 국화차)
12穀ミスカル(12곡 미숫가루)
サンファ茶(쌍화차)
柚子生姜茶(유자 생강차)
梅茶(매실차)
生姜茶(생강차)
ナツメ茶(대추차)
レモンジンジャーエイド(레몬 생강에이드)
人参山芋茶(인삼마차)
カボチャのおしるこ(순 단호박범벅)
カボチャのカキ氷(단호박빙수)
ベリーとマッコリのカキ氷(베리와 막걸리빙수)


詳細情報

トイレ
店内にあり

位置

ソウル特別市 城北区 城北路26キル 8 (城北洞)