コリアハウス(한국의집) - エリア情報 - 韓国旅行情報

コリアハウス(한국의집)

コリアハウス(한국의집)

0m    82444     2019-03-19

ソウル特別市 中区 退渓路36キル10

コリアハウス(韓国の家)は朝鮮時代の宮中に設置された学問の研究機関・集賢殿の学者であった朴彭年(パク・ペンニョン)の私邸であったところで、国家無形文化財の大木匠・申鷹洙(シン・ウンス)氏が景福宮の慈慶殿(チャギョンジョン)を手本にし1980年に建築、翌1981年にオープンしました。

重要施設としては本館の海隣館や別館となっている聞香楼、緑吟亭、聴雨亭があります。

コリアハウスは外国の方々に韓国の伝統生活や文化を紹介する目的で設立・運営されており、韓国の伝統家屋や生活空間、宮中料理、秀でた手工芸品、民俗音楽、伝統舞踊、伝統婚礼など韓国の美しさを一箇所で楽しめる複合文化空間です。

コリアハウス サランカフェ&アートショップ(한국의집 사랑 카페앤아트샵)

コリアハウス サランカフェ&アートショップ(한국의집 사랑 카페앤아트샵)

0m    1181     2017-11-28

ソウル特別市 中区 退渓路36キル10
+82-2-2270-1190

韓国文化財財団は商品の開発を通じた伝統工芸の伝承保存および伝統文化の国内外への情報発信を行うのと同時に、韓国文化をグローバルに商品化する主導的役割を果たしています。
韓国文化財財団で開発した伝統文化商品は、伝統的なデザインをもとに韓国的な造形美を活かし伝統的な工芸技法に忠実に作り上げたもので、韓国固有の文化のイメージを余すところなく取り入れています。


コリアハウスカフェ&アートショップは伝統文化商品の販売やカフェ、伝統婚礼に関する相談ができる複合文化空間です。.
文化商品としては陶磁器、螺鈿漆器、牛の角を薄く削ったものを張り合わせた華角工芸品、韓紙工芸品、繊維工芸品、翡翠工芸品、漆器および木工工芸品、金属工芸品などがあります。コリアハウスサランカフェ&アートショップで世界的な名品に引けをとらない高品質の韓国工芸品をご覧ください。

南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)

南山コル韓屋村(남산골 한옥마을)

126m    119108     2019-01-18

ソウル特別市 中区 退渓路34キル28
+82-2-2261-0500

1998年4月18日に開館した「南山コル韓屋村(ナムサンゴルハノクマウル)」は、総面積79,934平方メートル(24,180坪)の敷地内に、伝統韓屋5棟、伝統工芸展示館、泉雨閣、伝統庭園、タイムカプセル広場などがあります。1994年にソウル定都600周年記念事業の一環として作られたタイムカプセル広場と南山コルの趣を考慮して作られた伝統庭園、またソウルのあちこちに散っていた伝統家屋5棟を移転、復元した韓屋村から成っており、これは南山コルの本来の姿を蘇らせる事業の一環として作られたものです。
南山コル韓屋村の一番奥に位置するタイムカプセル広場には、ソウル市民の生活の様子を垣間見ることができる600個の品々がタイムカプセルに入れられて、地下15mに埋められています。このタイムカプセルは400年後の2394年に開けらる予定です。タイムカプセル広場に沿って下りてきた所に広がる伝統庭園は、南山の地形を活かし緩やかな丘陵地と渓谷を作り、松などが植えられ、楼閣と遠くに広がるソウル市内の景色を通してソウルの過去と現在の姿を感じることができます。
韓屋村にある韓屋は、民俗資料として指定されたソウル市内にある23の伝統家屋のうち、アレンジなどが加えられていない純粋な韓屋から、鍾路区三清洞の「五衛将・金春栄の旧屋」、鍾路区寛勲洞の「駙馬都尉・朴泳孝旧屋」、鍾路区玉仁洞の「純貞孝皇后尹氏の実家」、東大門区祭基洞の「海豊府院君・尹澤栄の斎室」、中区三角洞の「都辺首・李承業の旧屋」の5棟の韓屋を移転、復元したものです。これらのうち、建物の移転が困難なほど老朽化が進んでいた純貞孝皇后尹氏の実家のみ新しい資材を使用して復元をし、他の4棟は全て建物をひとつずつ分解して移転。また再利用が不可能な木材は雪嶽山の松の木で代替しました。
「純貞孝皇后尹氏の実家」では、韓国式礼儀作法の講習や工芸、「海豊府院君・尹澤栄の斎室」では書道や漢詩、絵画などの伝統文化の講義が行われます。「駙馬都・朴泳孝旧屋」では、韓国の舞踊やパンソリなどの伝統音楽の公演が行われ、「五衛将・金春栄の旧屋」では、伝統工芸や芸能の技術を伝承と普及を目的とした無形文化財の試演や公演が行われます。また、「都辺首・李承業の旧屋」は伝統茶屋として使用されています。また、工芸展示館では、民画、刺繍、螺鈿漆器などの作り方を再現し、各種工芸品も展示、販売されています。


伝統家屋

1)五衛将・金春栄の旧屋
朝鮮時代末期、五衛将の官職にあった金春栄が1890年代に建てたもので、鍾路区三清洞から移転しました。重の軒に仕上げるなど、全体的に庶民住宅の様式を示していますが、内房(アンパン、母屋の主になる部屋)の外壁と、外の通りに面している部分の壁に煉瓦を積んで防火壁を組んでいるところが特徴です。

2)都辺首・李承業の旧屋
興宣大院君によって景福宮が改築された際、都辺首(大工の頭)を勤めた李承業が1860年代に建てた建物で、中区三角洞にあったものを移転しました。今は母屋(アンチェ)と舍廊房(サランチェ、サランチェ(客間)がある棟)だけが残っています。母屋は「丁」の字の形をしており、舍廊房は「ㄴ」の字の形をしています。前後の面の屋根の形が異なる形で作られているのが特徴的です。

3)海豊府院君・尹澤栄の斎室
朝鮮第27代王の純宗の義父である海豊府院君・尹澤栄が、娘の尹妃が東宮継妃になり、昌徳宮に入る時に建てたものです。東大門区祭基洞にあったものを移転し、全体の雰囲気は住宅用というよりは祭祀用にふさわしい造りになっています。

4)寛勲洞 閔氏家屋
ソウルの八大家のひとつに挙げられているこの家屋は、 朝鮮第25代王哲宗の後宮・淑儀范氏の娘・永恵翁主の夫である朴泳孝が住んだ家で、鍾路区寛勲洞にあったものを移転しました。開城(ケソン)を中心とする地方独自の作りをしており、ソウルでは珍しい形の住宅です。長台石を使用した基壇(建物の基礎となる壇)に7列の架構、6間の台所などから、当時の大家の面影を感じることができます。

筆洞麺屋(필동면옥)

筆洞麺屋(필동면옥)

211m    2085     2017-03-30

ソウル特別市 中区 西厓路26
+82-2-2266-2611

「筆洞麺屋(ピルドンミョノク)」の冷麺は平壌冷麺で、コクがありすっきりとしたスープに歯ごたえのある麺がよく合います。冷麺の他、平壌式マンドゥ(餃子)もお店の代表的なメニューとなっています。

南山コルテコンドー常設公演(남산골 태권도 상설공연)

南山コルテコンドー常設公演(남산골 태권도 상설공연)

213m    602     2019-05-02

ソウル特別市 中区 退渓路34キル28
(株)セサンキロク+82-2-6674-4303

世界の人々から愛されている大韓民国を代表する文化スポーツ・テコンドーの愉快な変化が始まります。

ソウルを訪問する観光客のために南山コル韓屋村で「テコンドー常設公演」が2019年4月19日から10月31日まで(ただし6月3日から8月29日は休館)毎週金・土・日曜日午後1時・3時から南山コル韓屋村で開催されます。
伝統テコンドーが持つ強靭さと内に秘めた節制に基づくテコンドー精神、そして熟練した技術を兼ね備えるテコンドー選手の華麗なアクションやパフォーマンスを無料で鑑賞できます。

ソウル南山国楽堂(서울남산국악당)

ソウル南山国楽堂(서울남산국악당)

213m    9791     2019-11-11

ソウル特別市 中区 退渓路34キル28
+82-2-2261-0500

南山コル韓屋村にある「ソウル南山国楽堂(ソウルナムサングガクダン)」は、2007年11月に開館した伝統家屋で国楽を楽しめる国楽専用公演場です。
ソウル南山国楽堂は、330席の規模で音響や照明、舞台設備など国楽公演に適した最適の施設を持ち、電気音響を使用しないで伝統国楽の自然音響を鑑賞できる韓国唯一の会場として他と差別化を図っています。
また国楽器や伝統芸術講座、青少年文化特別活動など多様な体験プログラムを運営し、ソウル市民がいつでも国楽に触れて楽しめる場を提供しています。

南山コル韓屋村 正月テボルム特別行事(남산골 한옥마을 세시맞이 정월대보름)

南山コル韓屋村 正月テボルム特別行事(남산골 한옥마을 세시맞이 정월대보름)

213m    541     2019-09-02

ソウル特別市 中区 退渓路34キル28
南山コル韓屋村 +82-2-2261-0517

南山コル韓屋村で「タルビッノリ(月明かり遊び)正月テボルム」イベントが行われます。 正月テボルムに分け合って食べると今年1年の運が良くなると信じられている「五穀飯」や、今年1年間良い知らせだけを聞きながら過ごせるように飲む「クィバルギ酒(耳明酒)」を無料で味わえる他、今年1年間皮膚疾患にかかることなく健康に過ごせるように「プロム」と呼ばれるピーナッツやクルミ、松の実、栗、銀杏などの硬い木の実を食べる「プロム噛み」体験もできます。
また、夕方5時からは楽団クァンチルや演戲集団Theクァンデの公演の他、藁や薪を積み重ねたものを燃やし、厄を払い福を招く「タルジプ焼き」が行われます。

忠武路チュクミプルコギ(충무로 쭈꾸미 불고기)

忠武路チュクミプルコギ(충무로 쭈꾸미 불고기)

271m    2098     2017-03-30

ソウル特別市 中区 退渓路31キル 11
+82-2-2279-0803

40年の伝統を誇る、炭焼きのイイダコプルコギ店です。味付けされたイイダコは辛さの中に深い味わいがあります。

珍古介(진고개)

珍古介(진고개)

349m    3244     2016-10-26

ソウル特別市 中区忠武路19-1
+82-2-2267-0955

1963年からの長い歴史を誇る「珍古介(チンゴゲ)食堂」は味が自慢で、特にポッサムキムチはおかずとしてだけでなく、お土産としても人気です。その他、カルビの蒸し煮やケジャン(カニの醤油漬け)定食もおいしいことで有名です。

コリアハウス(한국의 집)

0m    10176     2019-02-14

ソウル特別市 中区 退溪路36キル10
+82-2-2266-9101

ソウルの中心にある「コリアハウス(ハングゲジプ)」は、宮廷料理だけでなく、伝統芸術公演・伝統文化体験・伝統婚礼など、韓国の美を感じ、楽しむことのできる複合文化空間として、内外の観光客に人気のスポットです。
「コリアハウス」の宮廷料理は、朝鮮王朝宮廷料理技能保有者である韓福麗先生の監修を受けており、各種料理コンテストで輝かしい受賞歴を誇るコリアハウス調理チームが最高の味を再現しています。

泉標ヘリテージスペース&知味園(샘표 헤리티지스페이스 & 지미원)

180m    235     2018-07-20

ソウル特別市 中区 忠武路 2

泉標とともに醤の味をそのまま生かす
泉標(セムピョ)ヘリテージスペースは韓国の食文化の変遷とともに歩んできた泉標食品の歴史を知ることができる展示スペース。併設の知味園(ジミウォン)は醤類を素材にしたレシピ開発、食材料研究、新製品及びテストなどさまざまな食品研究を行なっています。
料理をはじめて間もない主婦の方、家族、子ども、シニアの方、独身の方、多文化家族など対象に合わせたプログラムを実施しており、絵画大会など料理に関連したイベントも数多く開催しています。

Tmarkホテル明洞(티마크호텔 명동)

319m    3384     2019-08-21

ソウル特別市 中区 忠武路15
+82-2-2098-2000

Tmarkホテル明洞(ミョンドン)は手頃な宿泊料金と最高のサービスを提供するビジネスホテルです。ソウル地下鉄3・4号線「忠武路(チュンムロ)駅」6番出口より徒歩3分のところにあり、明洞、南山ソウルタワー、南山コル韓屋村、東大門、仁寺洞など、周辺に様々な名所があり、観光に便利です。