北村文化センター(북촌문화센터)

  • 北村文化センター(북촌문화센터)
  • 北村文化センター(북촌문화센터)
  • 北村文化センター(북촌문화센터)
  • 北村文化センター(북촌문화센터)

説明

北村(プクチョン)文化センターはソウル特別市が開設した韓屋で、ソウル市民の文化共有を目的に創られた施設です。またセンターは住民文化スペースとしても開放されており、韓国の伝統文化を体験できるさまざまなプログラムも行なわれています。

朝鮮時代末期の有力者であった閔財務官宅の敷地に建てられた北村文化センターは、ソウル特別市が桂洞奥方宅としても知られているこの一帯を買い入れ、外観の改修・補修工事を行なった上で2002年10月29日オープンしました。

北村文化センターは、北村に住む地域住民ひとりひとりが韓屋村に誇りを持てるようさまざまな韓国の伝統文化を体験できる文化プログラムを企画・運営する施設でもあります。
書芸、茶道、漢文、パンソリなどの伝統文化講座、自然染色、黒竹工芸、閨房文化の伝統を繋ぐメドゥプ、小さな布を縫い合わせて作るチョガクポなどの工芸実技講座、韓屋に対する理解を高めることを目的に北村の韓屋を探訪する韓屋講座、映画上映、演奏会などの文化行事などのプログラムを実施しています。
このほかにも北村の歴史や価値を広報する広報展示館、韓屋リモデリングに関連する情報提供及び相談を行なう韓屋改補修相談室、住民サランバンなどの施設もあります。

ソウル特別市では韓屋密集地域である北村の景観を保存するため、韓屋の改修・補修費用を支援するなど北村作り事業を推進しています。この事業の一環として、伝統韓屋を買い入れ人々がいつでも訪問し韓屋の素晴らしさや北村文化を体験できるよう、北村文化センターを開設した経緯があります。

敷地697平方メートル、建築面積237平方メートルの規模に母屋と門の両脇に設けられた建物、そして離れからなる北村文化センター。北村文化や韓屋を紹介する広報館と伝統文化を体験できる住民文化センター、そして市民と外国人が休息できるサランバンと東屋があります。


[北村韓屋村]

北村地域は昔から景福宮と昌徳宮、宗廟の間に位置する地域で、ソウル600年の歴史とともに歩んできた韓国の伝統居住地域です。巨大な2つの王宮の間に挟まれる形で密集したこの地域には伝統韓屋群があり、数多く枝分かれした路地が昔のまま残され、600年に及ぶ悠久の歴史を持つ都市の風景を感じることができる場所です。現在は伝統文化体験館や韓屋料理などを通じて古の雰囲気を感じることができます。


お問い合わせ

+82-2-2133-1371~2


ホームページ

ソウル韓屋ポータル http://bukchon.seoul.go.kr(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 北村文化センター +82-2-2133-1371~2

利用時間 : 月曜日~金曜日9:00~18:00
土日10:00~17:00
(講座ごとに異なります)


詳細情報

体験プログラム
伝統文化講座
ソウル市では北村の韓屋生活と伝統文化を学べる伝統文化講座を開設・運営しています。既存の韓屋保存事業だけでなく、北村を伝統文化体験の名所として活性化し、固有の韓屋生活文化を知る文化拠点として構築すべく、伝統文化関連団体や職人が参加し、多彩な講義内容で構成されています。(外国人参加可)
また、こうした文化講座が毎日、文化センターの4つの部屋で行われおり、訪問時にはいつでも見学できます。

講座内容:茶道、メドゥプ工芸、韓紙工芸、七宝工芸、国楽、民画など


予約関連事項
体験:電話でお問い合わせ後、予約

位置

ソウル特別市 鍾路区 桂洞キル37 (桂洞)