クァンナル安全体験館(광나루안전체험관)

  • クァンナル安全体験館(광나루안전체험관)
  • クァンナル安全体験館(광나루안전체험관)
  • クァンナル安全体験館(광나루안전체험관)
  • クァンナル安全体験館(광나루안전체험관)
  • クァンナル安全体験館(광나루안전체험관)
  • クァンナル安全体験館(광나루안전체험관)

説明

ライダー映像館、地震体験、風水害体験、煙避難体験、消火器体験、応急救助体験など
体験時間:1回当たり40~50名ずつ 消防員が引率し、2時間所有
条件:12歳以下は成人の方同伴のこと。 (20名以下:成人1名、20名超過時に25名ずつ1名ずつ追加同伴)


お問い合わせ

クァンナル安全体験館(旧ソウル市民安全体験館)


ホームページ

クァンナル安全体験館 safe119.seoul.go.kr/gwangnaru(日本語)


ご利用案内

収容人数 : 平日:1回当たり200人まで可能
週末:1回当たり150人まで可能

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-2049-4061

休みの日 : 月曜日

利用時間 : *開館時間 - 平日 9:30~17:30(水曜日 21:00まで夜間運営)
*体験時間
第1回 10:00~12:00
第2回 13:00~15:00
第2回 15:00~17:00
水曜日夜間 19:00~21:00

規模 : 延面積 6,142㎡ (地下1階、地上3階)

観覧時間 : 1回当たり1時間40分


詳細情報

体験プログラム
1999年に発生した華城市の「シーランド」火災以降、仁川広域市 仁峴洞での飲み屋火災惨事により、子どもや青少年など大きな人身事故が発生しました。各種災難や災害から、不特定多数への災難対策能力を伸ばし、安全意識を培っていけるようにとバーチャル災害体験施設の必要性を定義し、ソウル市民安全体験館の建設が推進されました。
ソウル市民安全体験館は、地下1階、地上3階、延面積5,444.5㎡の規模で、地上1階は自然災害体験スペースとして、オリエンテーション、風水害体験、地震体験、防災クイズなどで構成されます。地上2階は、人為災害体験スペースとして、煙気避難、消火器体験、応急救助体験(心肺蘇生術)、119呼び出し実習などで構成されます。地上3階は、応急救助体験スペースとして応急救助体験、映像館、専門体験、ソウル市5大災難事例や、地下1階のライド映像館など、全部で約20種類の体験コーナーを設置し、市民がバーチャル災難体験を直接体験し、各種事故の危険性を事前に予防および対処する方法を、楽しく着月に体験できる場所です。
各種体験施設を通じて係員(消防員など)による説明とともに、直接体験をしてみようとする子どもや青少年および市民が、実生活で危機に直面した場合でも最適に対処できる手段を会得し、災難や災害に対して、自らが対処できる能力を助長しています。
*利用案内教育:すべての観光客は、体験前に1階オリエンテーション室にて、安全教育および注意事項などに対しての教育を実施。

予約関連事項
インターネット予約
当日予約は先着順

位置

ソウル特別市 広津区 陵洞路 238 (陵洞)