独島博物館(독도박물관)

  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)
  • 独島博物館(독도박물관)

説明

「独島博物館(トクトパンムルグァン)」は1995年に光復50周年を記念して、鬱陵島郡が提供した土地に三星文化財団が建物を建築しました。そして李鍾学初代館長が30年余りの間、国内外から収集、寄贈された資料を基に故・洪淳七隊長の遺品及び、独島義勇守備隊の同志会と青い独島を守る会などの資料を添え、1997年8月8日に国内唯一の領土博物館としてオープンしました。
三峯島をモチーフにした博物館の建物は敷地8,068平方メートル(2,441坪)、延べ面積1,600平方メートル(484坪)の地下1階と地上2階建てです。1階の3つの展示室(第1、2常設展示室、企画展示室)中央ホール、2階の展示室(第3常設展示室)自然生態映像室・独島展望ロビーなどにより構成されています。
1998年8月8日「博物館開館1周年及び李舜臣将軍殉国400周年」を記念して序幕された「独島博物館標石」をはじめとし、野外独島博物苑が設けられました。
独島は西暦512年(新羅・智證王13)以来、鬱陵島と共に于山国の領土として韓国の歴史と文化圏に編入されて以降、現在まで韓国固有の領土です。
過去、独島は海に浮かぶ小さな離島のひとつに過ぎず、それほど関心が向けられることはありませんでした。しかし、海洋依存度が徐々にと高まるにつれ、今では政治・経済・軍事・学術など多方面から重要視されるようになりました。そのため、現在、日本とその領有権を争って、民族の自尊心をかけた激しい対立が続いています。独島博物館は、独島および朝鮮海(東海)をとりまく関連資料を発掘・収集・研究し、その結果を元に展示・管理・教育・広報することにより、日本の独島領有権主張に反論する資料と理論の土台を構築し、国民の領土意識と民俗意識を鼓舞させることが建立の目的です。


ホームページ

www.dokdomuseum.go.kr(日本語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-54-790-6432

駐車場施設 : あり

休みの日 : 年中無休
※事情により休館となる場合もあります

利用料金 : 無料

利用時間 : 9:00~18:00(入場締め切り17:30)


詳細情報

体験プログラム


外国語案内サービス


韓国語案内サービス
※常設展示展示解説プログラム
火曜日~日曜日10:10、11:10、14:10、15:10

位置

慶尚北道 鬱陵郡 鬱陵邑 ヤクストキル90-17