安東焼酎・伝統料理博物館(안동소주·전통음식 박물관)

  • 安東焼酎・伝統料理博物館(안동소주·전통음식 박물관)
  • 安東焼酎・伝統料理博物館(안동소주·전통음식 박물관)

説明

安東焼酎(慶尚北道無形文化財第12号・伝統食品名人20号)はアルコール度数45度の純穀蒸留酒で、その始まりは新羅時代とされています。1986年のアジア競技大会、1988年のソウルオリンピックの頃に政府が積極的に民俗酒の発掘に力を入れたため、安東焼酎が有名になりました。現在、チョ・オクファ氏が安東焼酎製造機能保有者に指定され、伝統を引き継いでいます。

安東焼酎・伝統料理博物館は、安東焼酎の歴史と文化を多くの人に伝えるために1995年に設立されました。博物館には安東焼酎の由来や製造過程、韓国の民俗酒の種類、酒の歴史、時代別の酒、酒杯などが展示されています。また、伝統料理博物館も併設されており、韓国固有の伝統料理や安東の郷土料理の模型が展示されています。


お問い合わせ

+82-54-858-4541


ホームページ

安東焼酎・伝統料理博物館 http://www.andongsoju.net(日本語あり)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 安東焼酎・伝統料理博物館 +82-54-858-4541

休みの日 : 年中無休

利用料金 : 無料

利用時間 : 9:00~17:00


詳細情報

所蔵品現況
所蔵品:660点余り

予約関連事項


位置

慶尚北道 安東市 江南路71-1 (水上洞)※民俗酒 安東焼酎製造所内