国立光州博物館(국립광주박물관)

  • 国立光州博物館(국립광주박물관)
  • 国立光州博物館(국립광주박물관)
  • 国立光州博物館(국립광주박물관)
  • 国立光州博物館(국립광주박물관)
  • 国立光州博物館(국립광주박물관)
  • 国立光州博物館(국립광주박물관)
  • 国立光州博物館(국립광주박물관)
  • 国立光州博物館(국립광주박물관)
  • 国立光州博物館(국립광주박물관)

説明

国立光州(クァンジュ)博物館は1976年、水中文化財の発掘が始まった新安(シンアン)海底文化遺産をはじめ、湖南(ホナム)地域(全羅道=チョルラド)の文化遺産を収集・所蔵し、地元の歴史や文化を紹介する目的で1978年12月6日に開館しました。湖南地域初の博物館であり、1945年の植民地支配が解放された光服以降、韓国人の手によって建てられた地方初の国立博物館です。国宝・宝物などの指定文化財を含むおよそ13万点の所蔵品を保存・管理しており、さまざまなテーマの常設展示や特別展示を通じてご来館の皆様に悠久の文化をご観覧いただけるよう努めています。国立光州博物館では展示をはじめ受講する団体・グループに合わせた多彩な教育・体験プログラムや文化行事も実施しており、博物館がより身近な存在で楽しい文化スペースとなるよう日夜努力しています。


ホームページ

国立光州博物館 http://gwangju.museum.go.kr(日本語・韓国語・英語・中国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 代表電話 +82-62-570-7000
展示館 +82-62-570-7050

駐車場施設 : 大型車(47台)、小型車(232台)駐車可能

駐車料金 : 無料

休みの日 : 1月1日、ソルラル(旧暦1月1日)・秋夕(旧暦8月15日)

利用料金 : 無料(無料観覧券を受け取って入館)
※対象:常設展示館、子ども博物館、無料の企画展示(但し有料特別企画展示を除く)

利用時間 : 平日10:00~18:00
土日・祝日10:00~19:00
夜間開場10:00~21:00 (3月~10月の土曜日・最終水曜日)
※入場締め切りは閉館30分前

規模 : 敷地83,381平方メートル
展示棟(地上2階・地下4階)7,055.84平方メートル
事務棟(地上2階・地下1階)2,751.9平方メートル
研究棟(地上3階・地価1階)847,67平方メートル
チケット売場 135,87平方メートル
高麗青磁焼窯跡 75平方メートル

観覧時間 : 約1時間


詳細情報

所蔵品現況
所蔵品総計99,333点(2018年6月8日現在)
国宝ー第103号中興山城双獅子石灯、第143号和順大谷里出土青銅遺物
宝物ー宝物第1233号玄字銃筒、第1874号順天梅谷洞石塔青銅仏龕及び金銅阿弥陀如来三尊座像(仏龕1点、仏像3体、発願文8枚)

事業内容
1、文化財保存および科学的管理、文化財発掘・研究・特別展示、報告書発刊 など
2、子ども文化財美術実技大会、お母さんといっしょに楽しい博物館教室、古跡踏査、家族映画鑑賞会 など
3、その他伝統遊び文化広場、「博物館の夜」秋の音楽会公演 など

体験プログラム
[子ども体験館]
・発掘体験、文化財パズル、感覚を感じる部屋、七巧遊び(7つの三角の図形を組み合わせて遊ぶ韓国伝統の遊び)、 舞錐体験、塗絵体験室、土器工房(材料購入費1000ウォン)

予約関連事項
電話予約(+82-62-570-7050)

貸館案内
大講堂、視聴覚室、セミナー室、展示館中央ホール
※問合せ先 +82-62-570-7024

位置

光州広域市 北区 河西路 110 (梅谷洞)