ヌリマルAPECハウス(누리마루 APEC하우스)

  • ヌリマルAPECハウス(누리마루 APEC하우스)
  • ヌリマルAPECハウス(누리마루 APEC하우스)
  • ヌリマルAPECハウス(누리마루 APEC하우스)
  • ヌリマルAPECハウス(누리마루 APEC하우스)
  • ヌリマルAPECハウス(누리마루 APEC하우스)
  • ヌリマルAPECハウス(누리마루 APEC하우스)

説明

ヌリマルAPECハウスは、2005年11月18・19日両日開催された第13回APEC(アジア太平洋経済協力)首脳会談の会場となったところで、釜山広域市海雲台区(ヘウンデグ)中洞(チュンドン)の冬柏島(トンベクソム)に建てられた建物です。ヌリマルAPECハウスの名称は、韓国の固有語・ヌリ(世の中、世界)、マル(頂上、先端)とAPECの会談場を意味するAPECハウスを掛け合わせて名づけられたもので、世界各国の首脳が一堂に会しAPEC首脳会議を行う建物という意味を込めて付けられました。建物はツバキや松の木が鬱蒼と生い茂る自然の美しい冬柏島にあり、APEC終了後は記念館やハイレベルな国際会議の会場として使われています。
ヌリマルAPECハウスは3階建ての建物となっており、建物の外観は韓国伝統の建築・亭子(チョンジャ=東屋)を現代的にアレンジし表現、屋根は冬柏島の尾根をモチーフにしています。また建物内部の装飾は、韓国の創造的な伝統文化を視覚的に表現しています。韓屋の母屋にある部屋と部屋の間に設けられた板の間・テチョンマルをコンセプトに作られたテラスからは、五六島(オリュクト)、広安大橋(クァンアンテギョ)、タルマジの丘などが見え、海雲台海水浴場にも近く、海雲台の素晴らしい風景も眺められます。 ヌリマルAPECハウスは、自然の美しさ、そして現代の美しさを兼ね備えた品格高い国際会議場となっています。
ヌリマルAPECハウスの全体の建物の構造は韓国の伝統建築の亭子(東屋)を現代的にアレンジし表現したもので、屋根は冬柏島の尾根をデザインしました。12本ある外側の柱は釜山の躍動する姿を、内側の装飾は韓国の伝統文化を視覚的に表現したものです。このほか、韓国の伝統建築で見られる原色鮮やかな丹青(タンチョン)を施した大梁をデザインしたロビーの天井や、韓屋の母屋にある部屋と部屋の間に設けられた板の間・テチョンマルの雰囲気漂うロビーのフロア、 慶州(キョンジュ)にある石窟庵(ソックラム)の天井をモチーフにした首脳会議場、雲を模った午餐会場など、建物のここかしこに韓国の伝統様式が生かされています。


ホームページ

ヌリマルAPECハウス http://www.busan.go.kr/nurimaru(日本語あり)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-51-743-1974~5

駐車場施設 : あり

休みの日 : 第1月曜日

利用料金 : 無料

利用時間 : 9:00~18:00 (最終入場17:00)


詳細情報

体験プログラム


予約関連事項


位置

釜山広域市 海雲台区 冬柏路 116 (佑洞)