敦義門博物館村(돈의문박물관마을)

  • 敦義門博物館村(돈의문박물관마을)
  • 敦義門博物館村(돈의문박물관마을)
  • 敦義門博物館村(돈의문박물관마을)
  • 敦義門博物館村(돈의문박물관마을)
  • 敦義門博物館村(돈의문박물관마을)
  • 敦義門博物館村(돈의문박물관마을)
  • 敦義門博物館村(돈의문박물관마을)
  • 敦義門博物館村(돈의문박물관마을)
  • 敦義門博物館村(돈의문박물관마을)

説明

敦義門博物館村(マウル)は、漢陽(現在のソウル)を取り囲むように築城された城郭・漢陽都城(ハニャントソン)の西側にあった城門・敦義門(トニムン/トンイムン)城内のすぐそばにある町に作られた、町全体が博物館のようになっているエリアです。
敦義門博物館村は、その歴史的価値や近代から現代にかけてのソウルの暮らしぶりや痕跡を余すところなく今に残すエリアで、ソウル市主導の都市再生により、町全体を新たな都会の中の歴史・文化スペースとして生まれ変わらせました。
 敦義門博物館村がある場所は、隣接する鐘路区(チョンノグ)橋南洞(キョナムドン)一帯とともに2003年「敦義門ニュータウン」再開発地域に指定され、再開発地域内にあるすべての建物を取り壊し、博物館村のあるエリアには近隣公園を整備する計画でした。
しかし、ソウル市は漢陽都城の西側の城門・敦義門のすぐそばの町、ここセムンアンの持つ歴史的価値を多くの人に知ってもらい、人々の暮らしぶりや痕跡がいまだなお残るこの小さな町そのものを博物館として後世に残し、ソウル市民の歴史・文化の財産として新たに造成することに決しました。
町に残る建物は最大限生かした上でリモデリングをし、一部の住宅については取り壊し、その跡地には広々とした広場を設けました。近代から現代にかけて造られた建造物や韓屋、100年の歴史を誇る路地など情にあふれる町の姿は同じ場所にそのまま残し、多くの人々が楽しみ体験できる新しい文化の場として再生しました。
現在、敦義門博物館村は「近現代100年、記憶の保管所」というコンセプトで装いも新たに数多くの人々を温かく迎えています。
40軒ほどの既存の建物はそのままに、元々の造成の趣旨である「生きている博物館」というアイデンティティを生かすべく、一年を通じて、展示、体験、公演、マーケットなど「参加型」スペースとして数多くのコンテンツを実施、大々的な再整備を行ったのがここ敦義門博物館村の大きな特徴です。


ホームページ

http://dmvillage.info/(韓国語)


ご利用案内

収容人数 : 同時におよそ1000人収容可能

お問い合わせおよびご案内 : +82-2-739-6994

休みの日 : 月曜日、1月1日(但し、月曜日が公休日の場合は通常通りオープンします)

利用料金 : 無料(但し、体験プログラムをご希望の場合は材料費の徴収があります)

利用時間 : 10:00~19:00


詳細情報

体験プログラム
*体験教育館:各伝統芸術分野の名人、専門家が集まり、展示及び体験教育プログラムを実施(韓紙工芸、書芸、刺繍工芸、楮紙工芸など八つのテーマ/空間別1日5回プログラム実施/毎月プログラムが変わりますので、体験時間及び費用など詳しいことは公式ホームページでご確認ください)

*マウル創作所:公募を通じて選ばれたアーティストが実施する展示、教育、ワークショップなどを楽しめる場所(韓屋体験、ブランドと文化体験、木工授業など九つのテーマ/毎月プログラムが変わりますので、体験時間及び費用など詳しいことは公式ホームページでご確認ください)



韓国語案内サービス
「プレイドーセント1日2回(14:00・16:00)
※ 雨天・暴炎注意報が発令された場合は中止となります。
※ 展示館内部が狭いため、観覧人数が20人以上の場合、ツアー実施ができない場合があります(団体の場合は事前に電話にてお申込み下さい)

外国語案内サービス
なし(英語リーフレットあり)

予約関連事項
電話/ホームページ/訪問予約可能
※ 1か月前より予約受付

外国人予約案内
電話/ホームページ/訪問予約可能
※ 1か月前より予約受付 ※ 通訳同伴の場合のみドーセント(展示案内)可能

位置

ソウル特別市 鐘路区 松月キル 14-3 (新門路2街)