富川弓博物館(부천활박물관)

説明

韓国の人々は、古代から弓を作り、弓の扱いに非常に長けていたとされています。古代から近代に至るまで繰り返されてきた数多くの戦争で、弓は重要な武器として重宝されてきました。「富川弓博物館(プチョンファルバンムルグァン)」は、弓に込められた先祖の魂と知恵を未来に伝えることを目的に建設されました。
文化財としての価値と重要性が認められ、1971年国家無形文化財第47号に指定、弓師匠として保護されてきた国弓は、今日まで富川市素砂区深谷本洞を中心に5代にかけて160年以上その伝統が脈々と受け継がれてきました。
展示館には弓や弓矢、火車など国弓に関する各種品物や遺物が展示されており、韓国特有の弓に込められた先祖の魂と知恵を伺い知ることができます。


お問い合わせ

+82-32-614-2678


ホームページ

http://www.bcmuseum.or.kr (韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-32-614-2678

駐車場施設 : あり

休みの日 : 1月1日、ソルラル(旧暦1月1日)・秋夕(旧暦8月15日)の連休、月曜日、祝日の翌日

利用料金 : 大人1,000ウォン

利用時間 : 9:00~18:00(入場締め切り17:30))

規模 : 531平方メートル(展示室343平方メートル、映像室76平方メートル、体験コーナー36平方メートル、キム・ジャンファン寄贈展示室23平方メートル、収蔵庫18平方メートル)


詳細情報

体験プログラム


予約関連事項


位置

京畿道 富川市 素砂路482 (春衣洞)