太白石炭博物館(태백석탄박물관)

  • 太白石炭博物館(태백석탄박물관)
  • 太白石炭博物館(태백석탄박물관)

説明

国家機関産業の原動力になっていた石炭は韓国が唯一所有しているエネルギー源として国民生活の燃料供給と国家経済発展に大きく寄与してきました。しかしながら、現在の物質文明の発達と清浄エネルギーの一般化で需要が減少し政府の石炭産業の合理化政策によって炭鉱縮小化され、その重要性がだんだんと低くなってきています。太白石炭博物館はこれまでの石炭産業の変遷史と地下資源の開発史をひとつに集めて、体系的で一目でわかるように展示しました。忘れかけられている石炭の歴史的な教育の場として活用するために1997年5月27日に開館しました。


お問い合わせ

+82-33-552-7730, +82-33-550-2743


ホームページ

coalmuseum.or.kr(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-33-552-7730(代表)
+82-33-550-2743(観覧案内)

休みの日 : 年中無休

利用料金 : 大人2,000ウォン
※ 太白山国立公園の入場券で太白石炭博物館が観覧可能

利用時間 : 9:00~18:00
※入場は閉館の1時間前まで

規模 : 敷地面積 23,811平方メートル/地上3階、地下1階

観覧時間 : 100 ~ 130分


詳細情報

体験プログラム


予約関連事項


位置

江原道 太白市 天祭壇ギル 195 (所道洞)