李仲燮美術館(이중섭 미술관)

  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)
  • 李仲燮美術館(이중섭 미술관)

説明

野獣派的な強いタッチで頭をもたげる『黄牛』、強い骨格を露にし尻尾を振る『白牛』を描いた李仲燮は、韓国戦争真っ只中の1951年、約1年余りを西帰浦で過ごしました。一坪半程の部屋で日本人の妻と二人の子どもともに暮らし、現在まで彼の代表作に数えられるほとんどの絵がここで描かれました。
戦争避難民としての一時的な滞在でしたが、つらく不遇な彼の人生において最も安定した時期であったとされています。西帰浦市は、彼の暮らしていた家を買い取って復元し、李仲燮記念館を建てました。そして、彼が朝晩散歩していた家の前の通りを「李仲燮通り」に指定しました。
李仲燮通りに立つと、避難生活として暮らしていた家が原型そのままに復元されており、家の裏には生前に描いた絵が展示されている「李仲燮美術館」があります。李仲燮画家の作品はカナアートセンター代表のイ・ホジェ氏が西帰浦市に寄贈したもので、李仲燮の8点の原画作品と韓国を代表する52点の近現代画家の作品など、全部で60点の作品が所蔵されています。


ホームページ

http://culture.seogwipo.go.kr/jslee/(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : +82-64-760-3567

駐車場施設 : あり

休みの日 : 月曜日、1月 1日、秋夕(旧暦8月15日)、ソルラル(旧暦1月1日)

利用料金 : 大人1,500ウォン

利用時間 : 9:00~18:00(7月~9月9:00~20:00)
※最終入場は観覧終了時間の30分前まで


位置

済州特別自治道 西帰浦市 李仲燮路 27-3 (西帰洞)