北村生活史博物館(북촌생활사박물관)

  • 北村生活史博物館(북촌생활사박물관)
  • 北村生活史博物館(북촌생활사박물관)
  • 北村生活史博物館(북촌생활사박물관)
  • 北村生活史博物館(북촌생활사박물관)
  • 北村生活史博物館(북촌생활사박물관)
  • 北村生活史博物館(북촌생활사박물관)
  • 北村生活史博物館(북촌생활사박물관)

説明

「北村生活史博物館」ではソウル市の北村で収集された、昔の韓国の生活品が展示されています。2003年にオープンしたこの博物館は、何百・何十年前からずっと使われてきながらも、産業化によりその姿が見られなくなったものが置かれています。
例えば、「ひき臼」(豆や緑豆をひく道具)や「ジャンドク」(醤油やコチュジャンなどを入れる甕)、「器」、「尿瓶」(部屋の中に置かれた、用を足すための器)などです。これら生活品は家に見立てた展示館の中に、楽しく並べられています。展示されているものは、すべて実際に手にとって触ったり、体験したりすることができます。
三清洞から苑西洞までの地域を合わせた北村は、昔から韓国伝統家屋の保存地域でした。韓国伝統家屋の特徴である納屋や物置がある家の構造が、昔の生活品が今にまでたくさん残った理由と考えられます。現在、約20,000点の生活品が収集されており、博物館には約300~400点が展示されています。
また、10~15人以上で観覧を申し込めば、おもちゃ作りやヨモギ餅作りなどの体験も楽しめます。
北村生活史博物館の周辺には韓屋村、三清公園、ミミズク博物館、TOIKINO博物館、世界装身具博物館、古宮博物館、景福宮などの見どころいっぱいです。


お問い合わせ

+82-2-736-3957


ホームページ

北村生活史博物館 http://cafe.daum.net/namu3579(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 北村生活史博物館 +82-2-736-3957

駐車場施設 : 博物館には駐車場がない上、北村には駐車施設が少ないため、できる限り公共交通機関を利用してください。

休みの日 : 年中無休

利用料金 : 3,000ウォン

利用時間 : 3月~10月 10:00~18:00
11月~2月 11:00~17:00


詳細情報

所蔵品現況
韓国の昔の伝統生活品を約8千点所蔵
衣生活品 – 1930年代の男性用フロックコート他、計83種300余点
食生活品 – 朝鮮時代の陶器(うわぐすりを塗ったもの)他、計76種600余点
住生活品 – 朝鮮時代の夫婦瓦他、計70種200余点
文化芸術品 – 朝鮮時代の易経本『萬宝五吉方』他、計174種400余点
その他の生活品 – 朝鮮時代の木製将棋の駒他、計200種500余点

体験プログラム
北村の昔の生活品を使って体験できるコーナーでは「臼ひき」、「きぬた打ち」、「穀物ふるい」、「ザルこし」、「粉ひき」、「天秤・升はかり」の体験ができます。その他、二十四節期(太陽年を24等分して、その等分点を立春・雨水などと名づけたもの)に合わせた、民俗プログラムなども行われています。

予約関連事項
団体観覧は1週間前までに電話予約

位置

ソウル特別市 鐘路区 北村路5ナキル90 (三清洞)