文化 - 韓国旅行情報

YOON'S COLOR(윤스칼라)

YOON'S COLOR(윤스칼라)

1105     2020-06-25

ソウル特別市 麻浦区 臥牛山路14キル12

YOON'S COLOR(ユンスカラー/旧FOUR SEASONS HOUSE)には、純粋な愛を美しい映像で表現した韓流ドラマの代表的な作品ユン・ソクホ監督の四季シリーズ『冬のソナタ』『秋の童話』『夏の香り』『春のワルツ』で使用された小道具や撮影現場の写真、ドラマのセットなどが展示されています。 四季シリーズの他、ドラマ『雪の女王』などの展示館が地下1階にある他、屋外では夏の香りのプロポーズ部屋と冬のソナタ・春のワルツのベンチ、ピンクのトラックを見ることができます。

ロッテワールド民俗博物館(롯데월드 민속박물관)

ロッテワールド民俗博物館(롯데월드 민속박물관)

16168     2020-06-25

ソウル特別市 松坡区 オリンピック路240

「ロッテワールド民俗博物館(ミンソクパンムルグァン)」は韓国の歴史と伝統文化について知ることのできる博物館です。実際の遺物とともにジオラマ演出、縮小模型などさまざまな展示技法を導入し、韓国人はもちろん外国人観光客も気軽に楽しみながら理解できるよう工夫されています。

オープン日
1989年1月14日

海南恐竜博物館(해남공룡박물관)

海南恐竜博物館(해남공룡박물관)

2729     2020-06-25

全羅南道 海南郡 黄山面 恐竜博物館キル234

海南牛項里は1992年に韓国資源研究所の地質学件調査中、恐竜の足跡が発見され、その後、海南郡によって1996年に基礎調査、1997~1998年に総合学術調査が行われ、現在の姿となりました。また、学術調査の内容を土台に、世界的な恐竜の足跡(化石)の権威をアメリカ、イギリス、カナダなどから招待し、恐竜・翼竜足跡について、その価値を認められました。このような資料をもとに、2回にわたって国際学術シンポジウムを開催したことは、この地域の化石の重要性をさらに高める機会となりました。天然記念物第394号・海南牛項里恐竜翼竜鳥の足跡化石産地は、単純な化石発見地としての価値だけでなく、地質史の多くのカギとなる重要な自然遺産といえます。

全爀林美術館(전혁림 미술관)

全爀林美術館(전혁림 미술관)

1696     2020-06-25

慶尚南道 統営市 ポンス1キル 10

全爀林美術館は統営の弥勒島にある龍華寺に行く道沿いにあり、全爀林画伯が1975年から30年近く生活をしていた家を取り壊して新しく建てた空間で、2003年5月11日に開館しました。建物の外壁は全爀林画伯の絵と息子の作品を20×20cmのセラミックタイル約7,500枚で制作し、統営のイメージと画伯の芸術的なイメージを表現しました。3階の壁全面は画伯の1992年の作品をタイルで再構成したものです。

宝石博物館(보석박물관)

宝石博物館(보석박물관)

3     2020-06-23

全羅北道 益山市 王宮面 湖畔路 8

百済文化遺跡や宝石の生産で有名な全羅北道(チョルラプクド)益山市(イクサンシ)を広く知っていただくために設立された宝石博物館は、王宮(ワングン)宝石テーマ観光地内にある世界レベルの宝石博物館です。
 近くには化石展示館や貴金属展示販売場「ジュエルパレス」があり、数多くのジュエリーに出会えます。

古版画博物館(고판화박물관)

古版画博物館(고판화박물관)

7     2020-06-23

江原道 原州市 神林面 ムランキル 62

* 韓国国内唯一の木版画展示館、古版画博物館 *

江原道(カンウォンド)原州市(ウォンジュシ)神林面(シンリムミョン)黄屯里(ファンドゥンニ)にある韓国でひとつしかない、全世界の古の時代の木版画を展示する専門博物館・古版画博物館。
2004年にオープンした古版画博物館は、韓国・中国・日本・チベット・モンゴル・インド・ネパールなど版画が発展した東洋各国の古版画関連資料を収集・所蔵・展示し、研究・教育を行っています。
所蔵品には木版原板1800点をはじめ、版画で刷られた木版画作品およそ300点、木版で刷られた書籍およそ200点、木版関連資料およそ200点など、すべてでおよそ3500点の所蔵品があります。
また古版画博物館では常設版画体験館を設置、目で見るだけでは物足りない方向けの芸術体験教育を行う場所としてもご利用頂けます。
このような試みが評価され、2005年からは文化観光部で実施している社会芸術教育プログラム実施機関に選定されました。

国会訪問者センター憲政記念館(국회 방문자센터 헌정기념관)

国会訪問者センター憲政記念館(국회 방문자센터 헌정기념관)

10     2020-06-23

ソウル特別市 永登浦区 議事堂大路 1

憲政記念館は1998年5月29日、国会開院50周年記念事業の一環で開設された記念館で、韓国国民をはじめ一般の方に公開されています。

巨済シーワールド(거제씨월드)

巨済シーワールド(거제씨월드)

7     2020-06-22

慶尚南道 巨済市 一運面 知世浦海岸路 15

慶尚南道(キョンサンナムド)巨済市(コジェシ)知世浦(チセポ)の造船海洋文化館前にある韓国最大のイルカ体験パーク・巨済シーワールドは、1万1400トンの体験水槽6つや生態説明会場などの設備を兼ね備える、既存の観覧型水族館とは一味違う巨済市を代表する体験観光スポットです。 イルカと共にする韓国唯一の水中散歩プログラム「シーレック」、イルカと一緒に泳ぐ「ドルフィンスイム」、水の中に入りベルーガ、イルカと戯れる「エンカウンター」など各種体験プログラムがあるほか、様々な融・複合海洋教育が可能な施設が整っています。

ソウルアートセンター公平ギャラリー(서울아트센터 공평갤러리)

ソウルアートセンター公平ギャラリー(서울아트센터 공평갤러리)

4885     2020-06-16

ソウル特別市 鍾路区 仁寺洞キル24
+82-70-4214-0070

「ソウルアートセンター公平(コンピョン)ギャラリー」は、1、2階約1,486平方メートルの展示空間と付帯施設で構成されています。
韓国で注目されているさまざまな形式・ジャンルの作家が参加する企画・招待展や世界各国の文化を紹介する展示を通じて美術愛好家だけでなく、一般の人々にも愛される空間を目指しています。
韓国の文化遺産を保存するとともに民俗のアイデンティティを発展させることに貢献し、世界とコミュニケーションできる文化の場としての役割を担うべく努力しています。

済州ガラス博物館(제주유리박물관)

1105     2020-06-25

済州特別自治道 西帰浦市 中山間西路1403

「済州ガラス博物館(チェジュユリバンムルグァン)」は金浦ガラス博物館とソンフィガラスハウスが母体となり、過去十数年間ガラスの研究や開発を行ってきた場所で、韓国のガラス美術の発展に大きく貢献してきました。
ガラス展示室、釜作業室、ブローイング室、ガラス加工室、会議室などを完備しており、こうした施設は世界的なレベルを誇っています。3,500坪の敷地や芝生展示コーナーなどもあり、ガラスを楽しく勉強したり、理解するのに最適な場所だといえるでしょう。
これまで多くの人がガラスへの興味や好奇心、ガラスを作ってみたいという希望を持っていましたが、なかなか機会が与えられていませんでした。こうした問題点に気づき、ガラスをより身近な物にし、たくさんの人にガラスに触れられる機会を与えることを目的に各種プログラムを実施しています。

江陵端午祭伝授教育館(강릉단오제전수교육관)

1759     2020-06-25

江原道 江陵市 端午場キル1
+82-33-660-3940

「江陵端午祭伝授教育館(カンヌンダノジェジョンスギョユククァン)」は、国家無形文化財第13号に指定・保存されている江陵端午祭が、2000年にユネスコ世界無形遺産暫定リストに選定された後、江陵端午祭の広報を目的として2004年にオープンしました。江陵端午祭の伝承活動とともに、一般の人々がいつでも江陵端午祭を観覧できる機会をつくるなど、江陵端午祭を中心に伝統文化教室を運営しており、市民のための文化空間となっています。
また、江陵端午祭は、その文化的独創性と優れた芸術性が認められ、2005年11月25日、ユネスコの人類口承及び無形遺産傑作に選ばれています。

o'sullocティーミュージアム(오설록 티뮤지엄)

15     2020-06-24

済州特別自治道 西帰浦市 安徳面 神話歴史路 15

済州(チェジュ)o'sulloc(オソルロク)西広(ソグァン)茶畑のすぐそばにあるo'sullocティーミュージアムは、化粧品大手・アモーレパシフィックがお茶と韓国の伝統茶文化を紹介・普及する目的で2001年オープンした韓国初の茶博物館です。
東洋と西洋、伝統と現代が調和をなす文化スペース・o'sullocティーミュージアムには、茶遺物館、自然にやさしい憩いのスペース、お茶を使ったおいしい多彩なメニューを楽しめるカフェスペースなどがあります。