広蔵市場(광장시장)

  • 広蔵市場(광장시장)
  • 広蔵市場(광장시장)
  • 広蔵市場(광장시장)

説明

朝鮮時代末期から大韓帝国時代に至る時期の韓国は、国内の情勢が混迷を極め、日本・中国など列強勢力がしのぎを削る場となり、韓国の運命は風前の灯でした。
そんな中、1905年・高宗42年の乙巳(ウルサ)条約(第二次韓日協約)締結により、実質的な韓国の国権は日本に掌握され、これを契機に日本は経済における侵略政策を企てたました。
その一例として、南大門市場の経営権掌握があり、更なる新しい経済的な突破口を開いたのが、鍾路(チョンノ)にある広蔵市場(クァンジャンシジャン)でした。広蔵市場は乙巳条約が締結された同じ年・1905年に韓国初の常設市場として誕生しました。
元々、広蔵市場は、広橋(クァンギョ)と長橋(チャンギョ)の間の清渓川(チョンゲチョン)を暗渠化し市場を作ろうと計画され、その橋の名前の一文字ずつを取って広長市場と名付けられましたが、結局、市場はペオゲ(梨峴=イヒョン)と呼ばれた現在の位置に開設されることとなり、当初計画時の市場の名称の韓国語発音をそのままに漢字表記のみを変え、「広く集め蔵に入れておく」という広蔵市場という名称に落ち着きました。 
市場開設当時、主な取扱品は農産物、薪炭などで、ソウル郊外の加平(カピョン)、トゥクソム、利川(イチョン)、鉄原(チョロン)などから牛馬に引かれ運ばれる品物を売る小規模な何も変哲のない一介の市場でしかありませんでした。
しかし、市場開設以来100年を優に超えた現在、取り扱われる商品は多岐に渡り、絹織物、韓服やスーツ、洋服などの生地、女性ファッション、カーテン生地、寝具、手芸品、螺鈿漆器、厨房用品、輸入品、青果、鮮魚、精肉、乾物、祭祀用品など、多くの品物が取引される総合市場に成長しました。
広蔵市場で最も人の往来が激しく賑わっているエリアは東門、北2門、南1門が交わるグルメ市場・モッコリチャントです。広蔵市場のグルメ市場は、生まれたばかりの赤ちゃんをおんぶした主婦の方から、学生、中高年の方々、ご高齢の方に至るまで年齢を問わずおすすめのグルメスポットです。
現在では世界の人々が訪れる観光コースに成長、外国人観光客に人気の観光スポットとして有名な市場となりました。


お問い合わせ

+82-2-2267-0291


ホームページ

広蔵市場(観光案内) http://www.kwangjangmarket.co.kr(日本語あり)
鍾路広蔵伝統市場(商人会)http://jkm.or.kr/home/home/sijang(韓国語)


ご利用案内

お問い合わせおよびご案内 : 広蔵株式会社 +82-2-2267-0291
商人総連合会 +82-2-2272-0967

営業時間 : 9:00~18:00
古着市場:10:00~19:00
うまいもん通り:9:00~23:00

駐車場施設 : 鍾路4街宗廟駐車場

休みの日 : 日曜日(うまいもん通りは年中無休)

販売品目 : 絹織物、衣装布、衣料、農水産物、寝具、手芸、螺鈿漆器など


位置

ソウル特別市 鍾路区 昌慶宮路 88