聞慶 旧加恩駅(문경 구 가은역) - エリア情報 - 韓国旅行情報

聞慶 旧加恩駅(문경 구 가은역)

0m    28869     2020-02-29

慶尚北道 聞慶市 加恩邑 大也路2441
+82-54-550-6401

「加恩(カウン)駅」は慶尚北道聞慶市加恩邑旺陵里にある簡易駅です。2006年12月4日に登録文化財第304号に指定されました。

聞慶エコララ(문경에코랄라)

聞慶エコララ(문경에코랄라)

1.0 Km    30     2020-01-21

慶尚北道 聞慶市 加恩邑 旺陵キル114

生態と技術、そして文化コンテンツとの出会い

聞慶(ムンギョン)エコララ(eco Rala)は、これまであった聞慶石炭博物館や加恩(カウン)オープンセット場に、エコタウンや野外体験施設などの新たな施設、様々なコンテンツなどの要素をさらに加え、忠清(チュンチョン)地域南部最大のテーマパークとして新たに誕生した施設です。
韓半島の最高峰・白頭山(ペクトゥサン)から連なる山脈・白頭大幹(ペクトゥデガン)の自然をメインテーマとし、環境にやさしい環境文化の中心地・聞慶で、映像・文化コンテンツを融合した生態・自然エネルギー・環境をテーマに休養型文化スペースとして作られた聞慶エコララ。ここ聞慶エコララは、あらゆる世代の方々にお楽しみいただける文化コンテンツテーマパークとなっています。

聞慶儒教文化館(문경유교문화관)

聞慶儒教文化館(문경유교문화관)

10.4 Km    3877     2019-03-19

慶尙北道 聞慶市 聞慶邑 聞慶大路 2416
+82-54-550-6416

聞慶儒教文化館は、聞慶セジェ道立公園入口の聞慶陶磁器展示館のすぐ横にあり、儒教文化を一目で見られるように作られた展示館です。
聞慶儒教文化館は、地上2階の建物で総4つの展示室と儒教文化体験室、資料室で構成されています。
第1展示室にはソンビたちの生活空間として、詩・書・画の産室であるサランバンを通じてソンビ文化を垣間見ることができ、第2展示室では閨房文化の代表的なシンボルであり、韓国のむかしの上流女性の手並みを見ることができる刺繍を始めとした針仕事が、第3展示室には聞慶の儒教文化をテーマにした地域出身儒教学者の紹介や著書などを展示してあり、書壇を再現した模型物が設置されています。
ソンビたちの風流文化をテーマにした第4展示室は、聞慶の儒教文化と聞慶の歴史、舟巖亭と郷飮酒礼の模型もあります。
特に儒教文化館の儒教文化体験室には木板印刷と卓本体験ができ、観客にソンビの姿を垣間見ることができる経験ができるでしょう。 また展示館の近くには聞慶多目的オートキャンプ場、聞慶セジェ道立公園(ドラマ大王世宗撮影場)、聞慶セジェ博物館、石炭博物館、陶磁器展示館、聞慶温泉など多くの観光地があります。

聞慶陶磁器展示館(聞慶陶磁器博物館)(문경도자기전시관(문경도자기박물관))

聞慶陶磁器展示館(聞慶陶磁器博物館)(문경도자기전시관(문경도자기박물관))

10.4 Km    7346     2019-03-20

慶尙北道 聞慶市 聞慶邑 聞慶大路 2416
+82-54-550-6416

聞慶(ムンギョン)陶磁器の価値が年々注目を浴びてきています。それは陶芸家個人の技能ももちろんですが、その技能の底辺に聞慶陶磁器の特徴と言える歴史と伝統があるからです。聞慶には国家無形文化財「沙器匠(サギジャン)」と技能人最高の栄誉である陶芸部分の名匠がいます。聞慶は朝鮮王朝初期に粉青沙器という器の陶窯地として有名な場所でした。聞慶陶磁器にはいまだ昔の陶工たちの魂がそのままこもっており、民族の純朴な心が深く染みついていて色彩や形が自然で美しいと言われています。

聞慶陶芸村(문경도예촌)

10.6 Km    17232     2017-03-01

慶尚南道 聞慶市 聞慶邑

聞慶の陶磁器の生産は朝鮮時代初期から始まり、現在約10ヶ所の陶芸窯があります。ここでは青華白磁、粉青沙器、白磁、茶器セット、高麗茶碗などが伝統的な方式で生産されています。

 


聞慶セジェユースホステル(문경새재 유스호스텔)

聞慶セジェユースホステル(문경새재 유스호스텔)

12.4 Km    8064     2020-03-16

慶尙北道 聞慶市 聞慶邑 セジェ路 913-14
+82-54-571-5533

女性家族部主催による青少年修練施設総合評価の結果、最優秀等級施設と評価され、宿泊施設をはじめとし、セミナー室、会議場、公演場、視聴覚室、ジム、オールシーズンソリゲレンデ、フットサル場といった教育・休養・研修に必要な各種施設を揃えています。

STXリゾート(STX리조트)

STXリゾート(STX리조트)

12.5 Km    6892     2021-02-18

慶尚北道 聞慶市 籠岩面 青華路509

STXリゾートのコンセプトは森の中の憩いです。ヨーロピアンスタイルの建物は石材や小物にいたるまで品格があるだけでなく、都心を離れて自然の中でゆったりと過ごせるように設計されています。
研修施設としては大規模講義室、先端映像・音響システムなどを備えています。500人を収容できるパインホールは、最先端システムと映像設備や同時通訳システムを備えており、グループ研修、講義、国際会議などさまざまなイベントが可能です。特級ホテルの雰囲気を誇るグランドボールルームは多様なイベントのための高品質な映像システム、音響システム、舞台照明システムがあり、大規模イベント、宴会、カンファレンス、結婚式、講義をさらに意味深く品格の高いものにすることができます。
その他、食堂やカフェテリア、ワインバー、フィットネス、スパなどの施設を有し、周辺には聞慶セジェ、聞慶レールバイク、龍湫溪谷、ファルコンランド、俗離山など歴史と自然が息づく絶景と文化財や遺跡、レジャースポーツやドラマ撮影地など多様な観光名所があります。

聞慶観光ホテル(문경관광호텔)

聞慶観光ホテル(문경관광호텔)

12.5 Km    4036     2019-11-12

慶尚北道 聞慶市 聞慶邑 セジェ2キル32-11
+82-54-571-8001

「聞慶(ムンギョン)観光ホテル」は、聞慶セジェ道立公園内に位置し、主屹山などの優れた自然環境を前に、新鮮な空気と静かで快適な施設が備えられたホテルです。KBSドラマ『太祖王建』の撮影チームやタレントも利用した所です。

聞慶セジェ オープンセット場(문경새재 오픈세트장)

12.5 Km    2250     2019-04-03

慶尚北道 聞慶市 聞慶邑 セジェ路932

*朝鮮時代にタイムスリップ!*

聞慶(ムンギョン)セジェオープンセット場はKBS・韓国放送公社が高麗時代を背景に描いた時代劇大河ドラマを撮影するために建設した施設です。
ドラマ『太祖王建』(KBS1・2000~2年)、ドラマ『大祚栄』(KBS1・2006~7年)、ドラマ『成均館スキャンダル』(KBS2・2010年)、ドラマ『太陽を抱く月』(MBC・2012年)、映画『チョン・ウチ 時空道士(原題:チョン・ウチ)』(2009年)、映画『王になった男(原題:光海、王になった男)』(2012年)など時代劇ドラマや映画の撮影所として有名なところです。
2008年には高麗時代のセットを取り壊し、朝鮮時代のセットに衣替えしました。
時代背景や身分に合わせて、当時の家屋構造や暮らしぶりなどを反映したさまざまなセットがあり、また当時を再現した王宮や軍隊、官庁のセットなど見どころも数多くあります。

聞慶茶碗祭り(문경찻사발축제)

聞慶茶碗祭り(문경찻사발축제)

12.5 Km    38925     2022-04-11

慶尚北道 聞慶市 セジェ路 932
+82-54-571-7677~8677

900年にも及ぶ伝統を持つ陶磁器の故郷「聞慶(ムンギョン)」でチャッサバル(韓国の伝統茶碗)をテーマに開催されるお祭りです。表面は粗く素朴な作りですが、見れば見るほど美しさが際立つ韓国のチャッサバル。「聞慶茶碗祭り(ムンギョンチャッサバルチュッチェ)」では数々の伝統茶碗に出会える他、伝統茶道体験や聞慶生まれの陶芸家が実際に陶磁器を作ったりと多彩なプログラムが用意されています。

聞慶セジェ道立公園(문경새재도립공원)

聞慶セジェ道立公園(문경새재도립공원)

12.5 Km    33394     2021-12-10

慶尚北道 聞慶市 聞慶邑 セジェ路932

「聞慶(ムンギョン)セジェ道立公園」は「鳥も飛んで越えるのが難しい」といわれる険しい山にある公園で、この一帯は1981年に道立公園に指定されています。壬辰倭乱(文禄・慶長の役)後に主屹関(チュフルグァン)、鳥谷関(チョゴクグァン)、鳥嶺関(チョリョングァン)の3つの関門(史跡)が設けられました。第1関門である主屹関から第3関門の鳥嶺関まで往復で4時間ほどかかり、トレッキングコースとして人気があります。聞慶セジェ道立公園にある聞慶セジェオープンセット場も人気の観光スポットです。

イェッキル博物館(옛길박물관)

イェッキル博物館(옛길박물관)

12.7 Km    11457     2022-11-03

キョンサンブク道ムンギョン市ムンギョン邑セジェロ944

聞慶(ムンギョン)は韓国文化の宝庫で「道」の博物館といえます。朝鮮時代の歴史と文化の疎通路として朝鮮八道の峠道の代名詞といわれた「聞慶セジェ」(名勝)、韓国最古の峠道「ハヌルチェ」、昔の道の白眉であり韓国の茶馬古道と呼ばれる「トキビリ」(名勝)、嶺南大路上のハブ的役割をした幽谷駅があります。
このような昔の道に関連した文化遺跡は、名前が残っているだけでなく、今日にも生き続ける「道」として、多くの人々に愛されています。「イェッキル博物館」は、このような聞慶の歴史文化的アイデンティティを表すために建立された博物館で、オリジナルの郷土史を中心に聞慶セジェ博物館をリモデリングして2009年にリニューアルオープンしました。