東鶴寺(동학사) - エリア情報 - 韓国旅行情報

東鶴寺(동학사)

東鶴寺(동학사)

0m    7971     2019-08-22

忠清南道 公州市 反浦面 東鶴寺1路462
+82-42-825-2570

鶏龍山の代表山寺、東鶴寺
東鶴寺(トンハクサ)は公州(コンジュ)からおよそ25km,、大田(テジョン)から8km離れた忠清南道(チュンチョンナムド)公州市(コンジュシ)反浦面(パンポミョン)鶴峰里(ハクポンニ)にあります。
鶏龍山東側の谷に囲まれた千年の古刹「東鶴寺」は韓国で最も古い最初の比丘尼講院(別名・僧伽大学)として、約150人の尼僧が仏様の一代時教及び修行と布教に必要な諸般の教育を受け、精進している由緒ある道場です。
東鶴寺の背後には風光明媚な文筆峰の頂があり、また経論を講義する大講伯が多く輩出されたところとしても有名で、東鶴寺から聞こえる尼僧のお経を読む声はきれいな渓谷を流れる水の音と一体となり、静かな山寺にその清らかさを加えています。
周辺には数多くの景勝地があり、交通の便もよく、鶏龍山周辺にある観光地のなかでも東鶴寺は数多くの人々が訪れる場所となっています。特に朴亭子(パクチョンジャ)三叉路から東鶴寺に至るおよそ3Kmの道は桜並木となっており、春になると桜並木のトンネルが素晴らしい景観となります。1993年から毎年、東鶴寺春花祭りが開催されています。

甲寺テンプルステイ(갑사 산사체험)

甲寺テンプルステイ(갑사 산사체험)

3.2 Km    5263     2016-09-04

忠清南道 公州市 鶏龍面 甲寺路 567-3

甲寺は2002年韓日ワールドカップの時から、多くの外国人を対象にテンプルステイプログラムを運営してきました。韓国のどこからでも訪れやすい位置にあるため、いろいろな地域や職業、年齢の人がテンプルステイに参加するお寺です。
甲寺の1泊2日のプログラムはお寺の日常を体験する基本プログラムで、その中でも鶏龍山で森林浴をしたり、仏教武術を習ったり、体を健康にするプログラムが人気です。陶芸作りプログラムに参加したい人は、事前に申し込みをすればテンプルステイと一緒に、陶芸体験もすることができます。また、甲寺の自慢の品「月印釋譜板木(宝物第582号)」を拓本して、記念品を自分で作ったりする貴重な体験もできます。
甲寺では決められたプログラム以外にも僧侶たちがお寺の中で掃除をする姿や、修行をする姿、大仏殿で朝の祈りをする姿などをみることができます。
このように甲寺のテンプルステイでは僧侶の修行や、お寺の日常を体験することができ、事前に申し込みをすればいつでも参加することができます。また、土・日に家族で予約をすれば、テンプルステイ専用の宿所も利用できます。

鶏龍 世界軍文化祭り(계룡세계軍문화축제)

鶏龍 世界軍文化祭り(계룡세계軍문화축제)

5.4 Km    4663     2019-10-08

忠清南道 鶏龍市 鶏龍大路304
+82-42-840-2631

陸・海・空3軍の本部がある国防都市鶏龍市では民と軍がひとつとなり、平和と和合のメッセージを伝えるため2007年から毎年「軍文化祭り」を開催しています。

国立大田顕忠院(국립대전현충원)

国立大田顕忠院(국립대전현충원)

7.0 Km    1507     2019-08-14

大田広域市 儒城区 顕忠院路 251

* 殉国烈士を称える場所、国立大田顕忠院 *

国立大田顕忠院は大田(テジョン)広域市儒城区(ユソング)甲洞(カプトン)にあり、敷地面積は322万2001平方メートルを誇ります。
韓国の伝統美と現代美を調和させ、自然の景観は最大限活かし、これまでの国立墓地に不足していた部分を補い、護国公園化することを基本方針に造成された施設です。祖国守護と国家繁栄のため尊い命を国に捧げた殉国烈士や護国英霊が眠る民族の聖地として、1979年に着工、1985年に竣工しました。
300万平方メートルを超える広々とした敷地に造られた墓域には愛国志士、国家功労者、将軍、将校、警察官および一般墓域があります。
主な施設としては、参拝を行なう顕忠塔や顕忠門があるほか、告別式や護国映画上映に利用される顕忠館、さまざまな護国写真と遺物を展示する護国館、そして戦闘装備などが展示してある野外展示場があります。
この他にも護国噴水塔、宮殿・陵などの前に建てられる赤い木で作られたホンサル門、天馬雄飛像、護国警句碑などの造形物、自然石で韓半島の形を形作った人工池・顕忠池、亭子、各墓域近くにある休憩室など各種施設が美しい自然の中にあります。

* 国立大田顕忠院ができた理由 *

ソウル特別市銅雀区(トンジャクク)銅雀洞(トンジャクドン)にある国立顕忠院の埋葬スペースが限界を迎えたことから、1979年4月1日大田に第2の顕忠院を建設すべく着工、同年8月29日に国立墓地管理所大田分所として正式に発足しました。1985年の竣工後、1991年には国立墓地大田管理所に昇格、1996年6月1日には現在の国立大田顕忠院という名称になりました。

儒城ユースホステル(유성 유스호스텔)

儒城ユースホステル(유성 유스호스텔)

7.1 Km    1232     2019-07-12

大田広域市 儒城区 鶴下中央路 68
+82-42-822-9591

鶏龍山(ケリョンサン)国立公園のストンコル(谷)の素晴らしい自然の中にある儒城(ユソン)ユースホステル。2012年にリモデリング工事を終え、快適でより安全な施設になりました。百済歴史遺跡、鶏龍山国立公園、尖端科学研究団地、エキスポ科学公園、国立中央科学館、市民展望台、儒城温泉観光特区が近くにあり、清く正しい青少年教育や文化に貢献するさまざまなプログラムを準備、優秀な指導者もおり、青少年の育成に最善を尽くすユースホステルです。

ヨナ食堂(연화식당)

ヨナ食堂(연화식당)

8.1 Km    2143     2017-03-24

忠清南道 鶏龍市 奄寺面 ヨナドンキル27
+82-42-841-2677

「ヨナ食堂(ヨナシッタン/ヨンファシッタン)」の鶏肉の水炊き(ペクスク)の最大の特徴は、なんといっても桑の葉の漬け物と、果物を使って漬けた白キムチ(ペッキムチ)を融合させたという点です。気力を強めるキバナオギの根と気力を落ち着かせる桑の葉の漬け物を混ぜ合わせ、食欲をそそるちょっぴりすっぱい白キムチと鶏肉を一緒に食べると相性抜群です。

大田ワールドカップ競技場(대전월드컵경기장)

大田ワールドカップ競技場(대전월드컵경기장)

9.1 Km    5459     2018-03-02

大田広域市 儒城区 ワールドカップ大路32
+82-42-610-2900

約42,000人の観客を収容できる「大田ワールドカップ競技場(テジョンウォルドゥコプギョンギジャン)」は、2002年に行われた日韓ワールドカップ大会の際にオープンしたサッカー専用のスタジアムで、この年のワールドカップで韓国がベスト8位進出を決めた場所でもあります。
韓国伝統家屋の持つ居心地のよい住居空間をイメージできるようデザインされている他、韓国初の半開閉式で作られた屋根はチョガチプと言われる緩やかなカーブを描く屋根が客席の95%を覆えるように設計されています。

錦江自然休養林(錦江樹木園、山林博物館)(금강자연휴양림(금강수목원,산림박물관))

錦江自然休養林(錦江樹木園、山林博物館)(금강자연휴양림(금강수목원,산림박물관))

9.2 Km    1801     2018-06-27

世宗特別自治市 錦南面 山林博物館キル110
+82-41-635-7400

1994年、忠清南道環境研究所がこの場所に移転し、しっかりと保存されていた周辺の森を錦江自然休養林に指定し、1997年10月には山林博物館もオープンしました。錦江自然休養林や山林博物館の他に、樹木園、熱帯温室、動物村、野生花園、展望台などがあり、自然について学ぶ教育の場として遜色がないほどの施設を備えています。
錦江自然休養林(237ヘクタール)と山林博物館(1,173平方メートル)には、1年で約25万人の観光客が訪れます。登山道(7.6キロメートル)、散歩コース、森の中の家などがあるため、こどもと一緒に学習したり、休養地として訪れるのにもおすすめです。

忠清南道山林博物館(충청남도 산림박물관)

忠清南道山林博物館(충청남도 산림박물관)

9.3 Km    42     2019-03-19

世宗特別自治市 錦南面 山林博物館キル 110

* 自然との出会いがある場所、山林博物館 *
公州にある岩の絶壁・蒼壁(チャンベク)に阻まれ渡し舟に乗って行き来しなければならなかった僻地の村であったこの場所に、1994年忠清南道山林環境研究所が移転、周辺にある保存状態のよい鬱蒼と茂った森を錦江(クムガン)自然休養林に指定、1997年10月山林博物館が開館しました。

ここの見どころは山林博物館、樹木園、温室、野生動物園、野生花園、池、八角亭などで、韓国中部地域最大の全天候自然学習教育場として遜色のない施設を兼ね備えています。

特に山林博物館の勇壮な建物は百済(ペクチェ)の伝統様式を活かし建設られ、「自然との出会い、山林の歴史、山林の恩恵と利用、苦痛をうける山林、山林制作と未来の山林」をテーマに、山林に関するさまざまな展示をする山林文化スペースで、錦山(クムサン)のイチョウの木、公州のケヤキの木、安眠島の松の木なども実際の大きさと形そのままに再現し置かれています。

ガラスのドームでできている大型温室には熱帯・亜熱帯植物を展示・栽培しており、野生動物園にはツキノワグマ、イノシシなど10種の動物やオシドリ・クジャクなど31種の鳥類を飼育しており、29へクタールの樹木園は一般の観覧客向けの山林学習教育の場となっています。

クロフネツツジ園、梅林などの専門樹木園やショウブ・ノコギリソウ・ノギクなどの野生花を観察できる野生花園、噴水、滝、虹の橋などがある伝統池もあります。


* 山林博物館の現況及び意義 *
敷地面積は5331ヘクタール、施設全28棟の建築面積11,305平方メートルとなっています。現在、管理課(庶務・施設管理)、林業試験課(山林資源研究、環境林業、林業生産研究、栗研究)、山林博物館(管理・自然学習)に編制され業務を遂行しており、錦江自然休養林、錦江樹木園、山林博物館、熱帯温室などの様々な施設を兼ね備えています。
忠清南道の名山・鶏龍山(ケリョンサン)系の国賜峰(クッサボン)の麓で渡し舟でしか行き来できなかった僻地の保存状態のよい山林に休養林及び附属施設を作り、現在では韓国中部地域最大の山林休養文化空間及び自然学習場としての役割を果たしています。
 

大田先史博物館(대전선사박물관)

大田先史博物館(대전선사박물관)

9.5 Km    13     2019-03-19

大田広域市 儒城区 老隠洞路 126

大田先史博物館は 当地唯一の先史時代専門博物館で、大田広域市初の市立博物館です。1997年に発掘された老隠洞(ノウンドン)遺跡地(記念物第38号)内にある大田先史博物館には「老隠先史文化館」をはじめ大田市のあらゆる先史文化を垣間見ることができる旧石器時代から鉄器時代に至るまでのすべてで5つの展示室があります。また野外体験場や体験資料室もあり、児童・生徒のための学習スペースとしてもおすすめの場所です。行政、科学、そして観光都市として暮らしやすい大田は先史時代から先祖がその生活の基盤として暮らしてきた歴史と文化の都市でもあります。

鶏龍山国立公園(계룡산국립공원)

1.2 Km    18238     2017-09-21

忠清南道 公州市 反浦面
+82-42-825-3002~3

「鶏龍山国立公園(ケリョンサングンニプゴンウォン)」は、大田市、公州市、論山市にまたがっている忠清南道一の名山です。1968年に国立公園に指定された鶏龍山は、海抜845.1メートルで雄壮で山並みが美しい山です。鷄龍山という名は稜線が鶏のとさかを頭にかぶった龍の姿に似ているということから付けられた名前です。風水地理の面では地理的によいとされているところで、巫俗信仰の面では神秘的な伝説のある山です。
鶏龍山は主峰の天皇峰(845.1 メートル)をはじめ、三仏峰、神仙峰、観音峰など14~15の峰々があります。奇岩怪石と西側の龍門滝、東の隠仙滝、南側の雌龍滝、雄龍滝を合わせ、名所の多い山として有名です。また春は東鶴寺の進入路の桜のトンネルが、夏は東鶴寺渓谷の新緑が美しいので多くの人が訪れます。秋は甲寺と龍門滝の周りの紅葉が調和をなし、冬は三仏峰と自然の雪景色が壮観です。
鶏龍山には美しい滝や珍しい動植物など、太古の神秘の中に伝説と遺跡があふれています。東側の東鶴寺、北西側の甲寺、南西側の新元寺、南東側の龍華寺があります。渓谷ごとに池と滝が絶景を織り成しています。

慈光寺(大田)(자광사(대전))

8.3 Km    1059     2018-10-26

大田広域市 儒城区 鶴下東路63番キル 50-8
+82-42-822-9220

* 神仙の住むお寺「慈光寺」*
鶴下洞は鶴が降りてくる村、神仙が舞い降り住む場所という由来から名づけられたとされています。慈光寺に入ると尤庵・宋時烈が植えた樹齢300年の大木が現れます。左側には星田影堂地碑石があり、星田は「星の田」、つまり星を観察できる場所という意味で、この一帯を星田または聖殿と呼んだとされています。この場所に宋時烈による書堂が建てられたことを記念し、碑石が建てられました。その横にはコイが悠々と泳ぎ回る蓮池があり、右側には法堂があり、正面には竹の敷居の中に井戸やトイレが置かれています。蓮池のコイに餌をやり、石の階段を上がると、仏教用楽器の法鼓・雲版・木魚・法鐘が順番に置かれています。