韓国民俗村 朝鮮時代へようこそ(한국민속촌 웰컴투조선) - エリア情報 - 韓国旅行情報

韓国民俗村 朝鮮時代へようこそ(한국민속촌 웰컴투조선)

韓国民俗村 朝鮮時代へようこそ(한국민속촌 웰컴투조선)

0m    28189     2022-04-11

京畿道 龍仁市 器興区 民俗村路90
+82-31-288-0000

韓国最高の伝統文化テーマパーク韓国民俗村で「朝鮮時代へようこそ」が開催されます。これは個性的なキャラクターのいる朝鮮時代にタイムトリップするという韓国民俗村の代表的な春の恒例イベントで、オーディションによって選び抜かれた韓国民俗村のキャラクターが、村のあちこちで様々なパフォーマンスを見せてくれます。

烽墩(봉돈)

烽墩(봉돈)

10.0 Km    16     2020-08-14

京畿道 水原市 八達区 正祖路 910

1796年に完成した水原華城(スウォンファソン)の烽墩(ポンドン)は、夜には松明の灯りを、日中には狼煙を上げ、遠くにメッセージを伝える軍事信号体系のひとつです。
一般的な烽燧台(ポンスデ)は周囲をよく見渡せる山の頂にありますが、この烽墩は山頂にはなく築造方式が他とは異なっています。 城郭となっている水原華城の城壁から突出した形で造られ、花崗石を基礎に積み、上部は煉瓦を積み城壁より高く築城しています。
韓国の城郭様式としては稀な形式の水原華城の烽墩には、敵の攻撃に備え、城郭内から銃火器で攻撃できるよう砲穴(ポヒョル=砲眼)や銃眼(チョンアン)が開けられ、烽燧軍の兵士たちが使うオンドル部屋や倉庫などもあります。
狼煙の合図は五つある狼煙台から上がる煙や松明の明かりがいくつあるかでその伝える内容が異なり、平時には最も南側にある狼煙台から一つ昼夜を問わず上がり、敵が国境近くに現れれば狼煙が二つ、敵が国境までたどり着いたと確認すると狼煙が三つ、敵が国境を超えると狼煙が四つ、いざ戦闘開始となると五つすべての狼煙台に煙や松明が上がったといいます。

東北空心墩(동북공심돈)

東北空心墩(동북공심돈)

10.0 Km    20     2020-08-14

京畿道 水原市 八達区 正祖路 910

京畿道(キョンギド)水原市(スウォンシ)八達区(パルダルグ)梅香洞(メヒャンドン)にある蒼龍門(チャンニョンムン)のそばに建つ東北空心墩(トンブクコンシムドン)は、非常時に備え城郭周囲の敵の動きを監視するため造られた望楼で、水原華城の城郭で最初に登場した楼閣です。
1796(正祖20)年、高さ5.42m、周囲38mの規模で完成した東北空心墩でしたが、韓国戦争(1950~1953年・休戦)中に完全に破壊され、1975年になりようやく復元されました。
水原華城には東北空心墩以外にも西北空心墩、南空心墩という楼閣もあります。東北空心墩は軍事的な要衝地であるばかりでなく、水原華城にある建築物のうち、唯一円形をしており、希少価値が高いものとなっています。
巨大な丸い円の形で、内部には韓国語でソラ、日本語で言えばサザエの殻のような形となった螺旋状の煉瓦造りの階段があり最上部まで上がることができます。その形から別名・ソラ閣とも言われています。
最上階まで上がると水原華城全体が大変よく眺められます。

長安門(장안문)

長安門(장안문)

10.0 Km    15344     2021-08-09

京畿道 水原市 八達区 正祖路 910

長安門(チャンアンムン)は、水原華城(スウォンファソン)の北門であるとともに城郭の正門に当る門でもあります。名称の長安は首都という意味で、また別のソウルであることを包含した意味となっています。
長安門が正門であるというのには理由があり、その昔、王が首都・漢陽(ハニャン=現在のソウル)から水原に入城する際、この門を通っていたことに由来します。ソウルにある崇礼門(スンネムン=通称「南大門」)より規模が大きいのも特徴となっています。

[文化観光祭り] 水原華城文化祭り([문화관광축제] 수원화성문화제)

[文化観光祭り] 水原華城文化祭り([문화관광축제] 수원화성문화제)

10.1 Km    26074     2021-09-14

京畿道 水原市 八達区 正祖路 825
+82-31-228-1010

水原華城(スウォンファソン)文化祭りは毎年10月の水原市民の日に合わせて水原市全域で開催される水原を代表する文化祭りです。世界文化遺産「華城」を広く知ってもらうため、朝鮮王朝第22代の王・正祖(チョンジョ)の行幸を再現した正祖大王陵行次再現行事をはじめ、壮勇営(チャンヨンヨン)守衛儀式、市民パレード、伝統文化公演、体験行事など多彩な行事が繰り広げられます。これに合わせて飲食文化祭りも同時開催され、世界各国の伝統料理競演大会で作った料理を試食できるほか、各国の伝統公演も上演され、食べて、見て、聴いて楽しむ特色ある祭りとなっています。

華西門(화서문)

華西門(화서문)

10.3 Km    19149     2021-08-09

京畿道 水原市 八達区 長安洞334

華城の西門で宝物第403号です。石垣で出来た門の上に断層門楼が建てられており、八達門の甕城とは違って、半円形の片側が開かれた形になっています。水原市のマークはこの華西門(ファソムン)をモチーフにデザインされています。

東灘湖公園(동탄호수공원)

10.4 Km    581     2021-03-17

京畿道 華城市 東灘循環大路 67
+82-31-5189-2667

東灘(トンタン)湖公園は、山尺(サンチョク)貯水池の湖畔に広々とした芝生や大規模なピクニック場、フィトンチッドの森などがある都会の中のウェルビーイング空間です。
コンテナブリッジに沿って散策路があり、ベンチに座ってのんびり水辺の風景を楽しむこともできます。
運動施設、水遊び施設、駐輪場なども完備しており、多彩なアクティビティが可能で、特に華麗な大型噴水公演ルナショーは湖公園の人気プログラムとなっています。

<出典:華城市文化観光>

国連軍初戦記念碑(유엔군 초전기념비)

10.5 Km    29174     2018-09-04

京畿道 烏山市 京畿大路 742

[新 国連軍初戦記念碑]
6.25戦争(韓国戦争・1950-1953年)当時の国連軍と北韓軍が衝突した最初の戦闘で戦死したスミス特殊任務部隊員の魂を鎮魂するため建立された記念碑です。初戦碑は北韓軍と対峙し国連軍が防御した最初の塁壁を3重の高い塔身で表現しており、中央にスミス部隊員の戦闘の様子を描写しています。毎年7月5日には烏山・竹美嶺(チュンミリョン)戦闘の意義を称え戦没将兵を追慕するため追悼式を挙行しています。
・建立日:1982年4月6日
・建立者:交通部、京畿道


[旧 国連軍初戦記念碑]
元々米第24団将兵らにより建立され、1964年になり米第8軍、第24師団、陸軍同志会、在郷軍人会、韓国新聞編纂協会、国連軍自由守護参戦建立委員会により補修工事を実施、現在の姿となりました。当初、7月5日に追悼式がここで挙行されていましたが、新しい初戦碑建立により移管されました。
・建立日:1955年7月5日 ※改補修:1964年
・建立者:米第24師団、米第8軍、陸軍同志会、在郷軍人会

水原華城[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](수원 화성[유네스코 세계문화유산])

水原華城[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](수원 화성[유네스코 세계문화유산])

10.7 Km    74198     2022-06-13

京畿道 水原市 長安区 水城路 320

「水原華城(スウォンファソン)」は、朝鮮第22代王・正祖が父・思悼世子に対する孝心と経済力を備えた新都市を建設しようと計画し、1794年~1796年にかけて造られました。城壁の全長は5.7キロメートルで城壁の上には、体を隠して敵を監視・攻撃できるよう、いくつもの銃穴が空けられた女墻(胸壁)があります。また、東西南北四方向に城門(蒼龍門(東)・華西門(西)・八達門(南)・長安門(北))を設けるなど、他の城には見られない軍事施設を備えています。城内には小川が流れており、小川と城壁が交差する所に水門が設置されています。水門は7連のアーチ橋で構成され、その上には華虹門という楼閣があります。華城は実学者と呼ばれる柳馨遠(1622~1673)と丁若鏞(1762~1836)の意見を参考にし設計されたもので、韓国の城郭の中でも科学的に最も優れているとの評価を受けています。特に城郭の築城に石材と煉瓦を併用したことと、矢と槍を防御しつつ銃砲を撃つことができる構造は大変優れたものとされています。
これまで長い年月の間に城郭がかなり損傷を受け、韓国戦争(朝鮮戦争)の動乱により多くの施設が破損してしまったため1975年から補修・修復がなされ現在に至ります。また、水原華城は1963年1月に史跡に指定され、1997年12月には昌徳宮とともにユネスコ世界遺産に登録されています。

水原駅(수원역)

水原駅(수원역)

10.9 Km    12524     2016-07-19

京畿道 水原市 八達区 トギョン大路 924

水原駅は1905年1月1日一般汽車駅として開通し、1975年12月31日に鉄道駅舎に竣工されました。1996年1月1日水仁線の営業を中止し狭軌駅舎を閉鎖、2003年2月新たに民間資本の駅舎を竣工しました。現在水原駅にはソウルメトロ1号線と京釜線セマウル号、ムグンファ号、そして2010年11月1日から京釜線路で大田まで運行するKTXが停車しています。

青春酔い覚ましスープ ( 청춘해장국 )

青春酔い覚ましスープ ( 청춘해장국 )

11.3 Km    78     2021-04-01

京畿道 水原市 長安区 京水大路955ボンキル 6
+82-31-243-6417

水原市民がよく訪れる店です。 代表的なメニューはカムジャタンです。京畿道のスウォン市に位置した韓食専門店です。

龍珠寺(華城)(용주사(화성))

龍珠寺(華城)(용주사(화성))

11.5 Km    24501     2021-12-15

京畿道 華城市 龍珠路136

隆健陵を出ると1.7キロメートル地点に森に囲まれた「龍珠寺(ヨンジュサ)」があります。ここには元々新羅文聖王16年(854)に廉居和尚の創建した葛陽寺がありました。高麗光宗21年(970)には韓国で初めて水陸齋を開設するなど名の高い道場でした。丙子胡乱の際焼失し廃寺となりましたが、正祖が父・思悼世子の稜を華城に移し、寺を再び願堂としました。 落成式の夜に正祖が龍が如意珠をくわえて昇天する夢を見たことから龍珠寺と名づけたと伝えられています。正祖は龍珠寺を再建する際、父母恩重経を木版に刻み保存するよう命じ、当時最高の画家キム・ホンドに頼んで美しく飾るようにしました。50余りの木版とともに大雄殿横の芝には10に至る父母恩重経を刻んだ塔と石碑が高くそびえています。大雄殿の後仏幀画はキム・ホンドの指揮で描かれた傑作で、正祖大王が植えたという大雄殿前のチョウセンヒメツゲは樹齢200年を越す天然記念物です。また龍珠寺梵鐘は国宝に指定されています。

主要文化財

1.龍珠寺梵鐘(国宝)
2.チョウセンヒメツゲ(天然記念物)
3.金銅香炉(京畿道有形文化財)
4.青銅香炉(京畿道有形文化財)
5.龍珠寺上樑文(京畿道有形文化財)
6.典籍手写本(京畿道有形文化財)
7.龍珠寺屏風(京畿道有形文化財)
8.龍珠寺大雄殿後仏幀画(京畿道有形文化財)
9.仏設父母恩重経板(京畿道有形文化財)