USBハウス[韓国観光品質認証](USB하우스[한국관광품질인증/Korea Quality]) - エリア情報 - 韓国旅行情報

USBハウス[韓国観光品質認証](USB하우스[한국관광품질인증/Korea Quality])

USBハウス[韓国観光品質認証](USB하우스[한국관광품질인증/Korea Quality])

0m    62     2019-01-08

ソウル特別市 中区 東湖路290-9
+82-2-2265-3317

ソウル特別市中区奨忠洞(チャンチュンドン)にある都心型ゲストハウスUSBハウスは、新羅免税店やDOOTA免税店、ショッピングモールDOOTAなどが近いゲストハウスです。このような立地条件からショッピングを主に楽しむ観光客が4日間前後宿泊するケースが多くなっています。中でも中国からの観光客が多いのがこのゲストハウスの特徴です。
3人部屋を除くすべての客室にはダブルベッドが1つある部屋で、お一人あるいはお二人でご宿泊するのに最適です。
各客室には暗証番号式あるいはカード式のロックがかかるようになっており、特にセキュリティ面に配慮したゲストハウスとなっています。すべての客室内にミニ冷蔵庫や簡易化粧台、椅子があり、快適なひとときをお過ごし頂けます。

奨忠洞豚足通り(장충동 족발 골목)

奨忠洞豚足通り(장충동 족발 골목)

202m    6174     2019-05-31

ソウル特別市 中区 奨忠壇路176
+82-2-2236-9135

約50年前、現在の「奨忠洞豚足通り(チャンチュンドンチョッパルコルモク)」から少し離れたところにマンジョンビルという建物があり、そこに2軒の豚足店がオープンしてから、奨忠洞豚足店の歴史は始まりました。その2軒の豚足店は現在も豚足通りで営業しています。最初にオープンした店では当初、豚足は出していませんでした。ピンデトク(緑豆チヂミ)と餃子をメインメニューとしていましたが、安くてお腹を満たすものが食べたいというお客の要望に応え、店の主人が子どものころを思い出しながら豚足を出すようになりました。このように始まった奨忠洞の豚足は、70年代後半と80年代初めにかけて人気を博し、現在の豚足通りに豚足店が続々できました。こうして形成されたのが奨忠洞豚足通りです。

元祖1号奨忠洞ハルモニチプ(원조1호 장충동할머니집)

元祖1号奨忠洞ハルモニチプ(원조1호 장충동할머니집)

214m    505     2019-01-02

ソウル特別市 中区 奨忠壇路 174
+82-2-2279-9979/+82-2-2275-1064

初代お婆ちゃんの後を継ぎ、今は息子がこのお店を運営しています。豚足通りができた当初から開業し、今に至っている老舗です。
他のお店に比べて、さっぱりした味がこの店の特徴です。お肉は脂身が少ない反面、脂肪部位はとろけるようにやわらかく、旨みがあります。豚足以外にも平壌風冷麺やトッマンドゥグク(餅入り餃子スープ)などがあります。
お店は、1、2階と団体客のための3階までひろびろとした店内となっています。

平安道チョッパルチプ(평안도족발집)

平安道チョッパルチプ(평안도족발집)

229m    346     2019-07-24

ソウル特別市 中区 奨忠壇路174-6
+82-2-2279-9759

50年以上の伝統を持つ奨忠洞豚足(チョッパル)通りにある元祖と名高い有名店「平安道(ピョンアンド)チョッパルチプ」。
豚足本来の淡泊な味が感じられ、おいしいお店と評判です。韓国の人気グルメマンガ『食客』では、「平安道チョッパルチプ」をチョッパルメニューの開発者として紹介しています。

奨忠壇公園(장충단공원)

奨忠壇公園(장충단공원)

336m    1397     2019-03-05

ソウル特別市 中区 東湖路261
+82-2-3396-5856

南山の北東側のふもとにある「奨忠壇公園(チャンチュンダンゴンウォン)」は、朝鮮王朝第21代王英祖の時に都城の南を守っていた南小営のあった場所です。高宗が1900年11月に奨忠壇という祠堂を建て、現在は新羅ホテル迎賓館のある場所となっています。祠堂は韓国戦争(朝鮮戦争)中に破壊されてしまいましたが1969年に奨忠壇に建てられた碑が現在の位置に移されました。奨忠壇が公園になったのは、1919年のことです。日帝強占期に民族の精神を抹殺するために博文寺という寺が建てられ、公園が造られますが光復後、日帝強占期に建てられた建物が撤去されました。
1984年9月22日に第374号として近隣公園になった奨忠壇公園は自然公園である南山公園の一部となりました。奨忠壇公園一帯は奨忠壇碑、水標橋、關聖廟、臥龍廟などの文化財をはじめ、3.1運動記念碑、韓国儒林独立運動パリ長書碑、満海韓龍雲詩碑とユ・グァンスン、李俊烈士、金龍煥の銅像があります。

奨忠体育館(장충체육관)

奨忠体育館(장충체육관)

409m    23950     2019-05-31

ソウル特別市 中区 東湖路241
+82-2-2128-2800

ソウル中区奨忠洞2街にある「奨忠体育館(チャンチュンチェユッカン)」は、韓国で初めて建てられたドーム室内総合競技場で、1963年2月1日に開館しました。体育館ではバスケットボールやバレーハンドボールなどの球技種目、ボクシングやレスリング、重量上げ、シルムなどの国内外のスポーツ競技の他にも、国際競技大会やコンサート、マダンノリなどの文化公演など、各種イベントが開催されています。
また、2015年1月17日リモデリングしました。

K-POPレジデンス東大門店((K-POP)케이팝레지던스 동대문점)

K-POPレジデンス東大門店((K-POP)케이팝레지던스 동대문점)

416m    402     2018-03-05

ソウル特別市 中区 退渓路60キル 11
+82-2-771-1515

ソウルメトロ2・4号線、ソウル都市鉄道5号線「東大門歴史文化公園駅」にあるK-POPレジデンス東大門店は観光客を考慮した最適な位置と合理的な価格で宿泊することができます。東大門市場とDDP付近にあるのでショッピングと文化を一度に楽しむことができます。

現代レジデンス[韓国観光品質認証](현대레지던스[한국관광품질인증/Korea Quality])

現代レジデンス[韓国観光品質認証](현대레지던스[한국관광품질인증/Korea Quality])

437m    564     2018-12-29

ソウル特別市 中区 マルンネ路12キル7-4
+82-10-5519-2740

「現代レジデンス(HYUNDAI RESIDENCE)」は韓国の文化、芸術、映画産業のメッカである忠武路にあり、明洞や南大門といった人気観光地へのアクセスも便利です。様々なタイプの客室があり、ビジネスや家族旅行に最適な環境作りを基盤とし、全室に洗濯機、冷蔵庫、超高速インターネットが設置されています。

五壮洞興南チプ(오장동흥남집)

五壮洞興南チプ(오장동흥남집)

494m    3478     2018-01-25

ソウル特別市 中区 マルンネ路114
+82-2-2266-0735

1953年に創業した歴史と伝統ある「五壮洞興南チプ(オジャンドンフンナムチプ)」は、北韓(北朝鮮)式のホンオフェ(ガンギエイ)を使った咸興冷麵を味わうことができるお店です。

五壮洞 咸興冷麵(오장동 함흥냉면)

五壮洞 咸興冷麵(오장동 함흥냉면)

521m    5642     2018-01-25

ソウル特別市 中区 マルンネ路108
+82-2-2267-9500

「五壮洞咸興冷麵(オジャンドンハムンネンミョン)」は、北韓(北朝鮮)の咸鏡道地方伝統の料理、咸興(ハムン)冷麵をメインに1953年から現在まで多くの人気を得てきた料理店です。ムルネンミョン(水冷麺)、ピビンネンミョン(混ぜ冷麺)など色々なメニューが楽しめます。
咸興冷麵は咸鏡道に昔から伝わる料理で、澱粉で作った冷たい麺をスープではなく、コチュジャンで味付けをしたホンオ(ガンギエイ)の刺身と合わせて食べる冷麺で、少々辛いのが特徴です。

グランドアンバサダーソウル(그랜드 앰배서더 서울)

125m    13847     2019-07-30

ソウル特別市 中区 東湖路287
+82-2-2275-1101

「グランドアンバサダーソウル(GRAND AMBASSADOR SEOUL)」は、1955年10月にオープンした最高級のビジネスホテルです。韓国ホテルの歴史の先頭に立ち、民間外交使節の役目を十分に果たし、1989年グローバルホテルチェーンであるフランスのAccorグループとの提携を通じて、世界化を目指しています。
地上19階、地下2階の建物に約400の客室を揃え、 見晴らしの良い15~18階を「グランドクラブフロア」と称し、より良い高品格なサービスを提供しています。また、7~9階の客室も14階とともに「アドバンテージフロアー」として新たに構成し、現代的な感覚のおしゃれで快適な客室環境づくりのために、より一層努力しています。

CJフードワールド(CJ 푸드월드)

363m    5418     2017-11-23

ソウル特別市 中区 東湖路 330
+82-1577-9622

食品業界最初のフラッグシップストアCJフードワールドはCJ外食ブランドがひとつの場所に集まって完成した食文化テーマパークです。60年の伝統を持つCJ食文化のノウハウが集約され、ソウルの都心農場と外食、料理、ショッピング、創業まで食文化のすべてのものをワンストップで楽しむことができます。稲と大豆が育つ室内農場、小麦粉と砂糖など基調食材からデザートまでCJの食品ラインの全製品と17つの外食ブランドが網羅されたCJフードワールドは、原材料から天然の味を活かした調理過程のデモンストレーションなどCJの自然主義精神の真髄を経験することができるようになっています。地下1階から1階ロビーまで全1200席規模の広さです。