ファソンシクユ食堂 ( 화성식육식당 ) - エリア情報 - 韓国旅行情報

ファソンシクユ食堂 ( 화성식육식당 )

ファソンシクユ食堂 ( 화성식육식당 )

0m    86     2021-03-31

全羅南道 和順郡 和順邑 七忠路 162
+82-61-374-2806

新鮮な生肉が味わえる料理店です。 おすすめは牛肉です。全羅南道のファスン郡に位置した韓食専門店です。

無等パークホテル(무등파크호텔)

無等パークホテル(무등파크호텔)

10.1 Km    2779     2021-01-14

光州広域市 東区 智鎬路164番キル14-10
+82-62-226-0011

「無等(ムドゥン)パークホテル(HOTEL MUDEUNG PARK)」は、周りに自然が多く森林浴などもできる一流ホテルです。
光州市内を一望できる展望台や各種付帯施設が揃っています。

南平駅(羅州)(남평역(나주))

10.1 Km    25070     2021-03-09

全羅南道 羅州市 南平邑 東村路 313
+82-61-339-8615

南平(ナムピョン)駅は1930年12月に簡易駅として営業開始、1948年5月に普通駅に昇格しました。1950年の順天反乱事件により駅は焼失してしまいましたが、1956年7月に新たに建て替えられ、新駅舎となりました。駅舎の外観は比較的シンプルな構造をしており、駅舎前には線路、後方には駅前広場があります。駅務室は線路側の方にせり出すような形で造られており、通常はこの屋根が切妻屋根となっているところがこの駅では寄棟屋根で造られており、他の駅舎とは一線を画した形となっています。待合室上部の切妻屋根、建物の正方形と交差するような形で造られた切妻、駅務室の前に突出した部分を覆う屋根、そして待合室からホーム側に出たところにある細長いひさしも昔ながらの姿で残っています。

和順 支石墓群遺跡[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](화순 고인돌군 유적 [유네스코 세계문화유산])

和順 支石墓群遺跡[ユネスコ世界遺産(文化遺産)](화순 고인돌군 유적 [유네스코 세계문화유산])

10.3 Km    18775     2021-07-31

全羅南道 和順郡 道谷面 コインドル1路

「和順支石墓群(ファスンコインドルグン)」は道谷面孝山里と春陽面大薪里を結ぶ峠の一帯に分布しています。道谷面孝山里一帯に分布した支石墓は、指標調査を通して980個余りの石材の中から135基が支石墓に推定されており、現在は上石の下部が埋没していたり倒壊している石材が100基以上残っています。孝山里の支石墓は支石墓と断定されるものや、支石墓を築造するために採石されて運ばれてきたものを含めると、少なくとも250基以上があると推定されます。春陽面大薪面一帯に分布した支石墓は、指標調査を通し3,309個の石材のうち124基が支石墓に推定されています。下部が埋まってしまっている石材や、上石の形態が表れているものが、少なくても200基以上あることから、元々支石墓であったり、上石として使用されるためのものが300基以上あったと考えられています。調査された石のうち、基盤式の支石墓は23基です。
和順支石墓群は、狭い地域の中に500基以上が密集して分布しています。そして特に重さ280トンを超える、韓国最大規模の支石墓も発見されました。ここは最も最近になって発見され保存状態が良いだけでなく、採石場もが発見され、支石墓を造る過程や当時の石の運搬方法などを知ることができるとして高い評価を受けています。
2000年11月29日に高敞支石墓、江華支石墓とともにユネスコ指定世界文化遺産に登録されました。

オーウェン記念閣(오웬기념각)

オーウェン記念閣(오웬기념각)

10.4 Km    10253     2022-09-21

クァンジュ広域市ナム区ペクソロ70ボンギル6

基督病院看護専門大学内にある「オーウェン記念閣」は、ペ・ユジ(E.Bell)牧師と共に全羅南道初の宣教師としてやって来て、光州で殉教したオーウェン宣教師を記念し、彼のアメリカの親戚らが送った基金4,200ドルをもとに1914年に建てられた延べ面積434平方メートルの洋式家屋です。建物の形態から、礼拝堂および集会室として使用されていたであろうと考えられますが、現在は基督病院看護専門大学の講堂として使用されています。
オーウェンは1900年代に光州へやって来た楊林洞西洋村の外国人のうちの1人で、看護師である婦人と共に宣教および医療奉仕活動に献身し、過労により1909年に亡くなりました。オーウェンは生前、彼の祖父を記念した病院を建てようとしましたが、その前に宣教活動を急ぐべきであると判断し、まず祖父の記念閣を建てる計画を立てました。しかし、その計画が推進される前に亡くなりました。そのためオーウェン記念閣には彼の祖父WILLIAM Lの名前も刻まれています。

ウィルソン宣教師私宅(우일선 선교사 사택)

ウィルソン宣教師私宅(우일선 선교사 사택)

10.6 Km    10238     2021-08-02

光州広域市 南区 済衆路47番キル20

「ウィルソン宣教師私宅」は、楊林山の麓に東向きに建てられた2階建ての建物で、光州に現存する様式住宅の中で最も古い建物です。アメリカ人宣教師ウィルソンにより1920年代に建てられたと伝えられているだけで、正確な建築年代は分かっていません。現在、内部は改装され、大韓キリスト教長老会の事務室として使用されており、韓国近代建築の流れを理解する上で貴重な資料となっています。1階にはリビング、台所、浴室などがあり、2階はプライベート空間で寝室などがあり、地下には倉庫とボイラー室がありました。また、東向きに建てられている理由は、韓国の伝統的な方位観を取り入れたものであると解釈されています。

アリネ[韓国観光品質認証](아리네 [한국관광품질인증/Korea Quality])

アリネ[韓国観光品質認証](아리네 [한국관광품질인증/Korea Quality])

10.7 Km    1068     2022-04-28

光州広域市 南区 川辺左路428番キル6
+82-10-2104-8899

光州市南区楊林洞にあるアリネゲストハウスは、文化複合プラットフォームとして、文化空間と合わせて観光客のための宿泊を提供する。リーズナブルな料金で泊れる「コスパ」の高い宿で、光州市内に位置するのでアクセス性が良い。近隣に地下鉄・南光州駅と文化殿堂駅などが位置する。 アリネゲストハウスは、地下1階から地上4階の建物を使用している。地下1階には楊林文化ホールが、1階にはラウンジカフェが、4階にはルーフトップパーティールームがある。2~3階のゲストハウスには全部で9室の客室がある。ダブルルーム2室、ツインルーム2室、オンドルルーム3室、男性ドミトリー、女性ドミトリーなどがある。ドミトリーには2段ベッド2つと共用のロッカーがある。ダブルルームとツインルームは2人用のカップルルームで、オンドルルームは2~3人室と3~5人室がある。ゲストハウスだが、各客室にバストイレがあるので便利だ。「お家ご飯」のような朝食サービスを無料で提供する。宿泊客が使用できる冷蔵庫と洗濯機、乾燥機なども備えられている。洗濯サービスは有料だ。 アリネゲストハウスが位置する楊林洞は近代文化歴史村で、100年前の近代文化と遺跡が多い。ハン・ヒウォン美術館をはじめ、ペンギン村、カラー村など見どころ満載だ。光州社稷公園の中にある社稷タワーからは、光州市内の夜景を観賞することができる。

李章雨家屋(이장우가옥)

李章雨家屋(이장우가옥)

10.7 Km    9283     2021-12-24

光州広域市 南区 良村キル21

大門間、庫間棟、行廊棟、別棟、母屋からなる瓦屋根の家です。母屋の上梁文に「光武三年乙亥二月十日丑時」と記録されていることから1899年に建築されたものであることが分かります。全般的に骨組みがしっかりとしており、原型のままよく保存されている韓国伝統家屋です。

※文化財情報
指定種目:市道民俗資料
指定年度:1989年3月20日
時代:大韓帝国
種類:家屋

思い出の光州忠壮ワールドフェスティバル(추억의 광주충장 월드페스티벌)

思い出の光州忠壮ワールドフェスティバル(추억의 광주충장 월드페스티벌)

10.7 Km    13704     2022-08-16

クァンジュ広域市トン区ソナムロ1
+82-62-608-4681~3

光州を代表する繁華街、忠壮路は長い歴史と急速な変化が共存する独特な街です。毎年10月、忠壮路の特徴を生かした思い出の忠壮祭りが開かれており、祭りの最大の見どころである「忠壮ワールドパレード」は光州の13洞(地域)で異なるテーマでパレードに参加し、軍警パレード、映画コンセプトパレード、アジア諸国パレードなど多様なパレードが行われます。また、70~80年代の忠壮路の様子をそのまま再現した思い出のテーマ通りも設けられます。昔ながらの喫茶店でお茶を飲んだり、白黒写真館で素敵な白黒写真を撮るなど、楽しいレトロ体験ができます。

イベント内容
BUSKERSワールドカップin光州
忠壮ワールドパレード
思い出のテーマ通り
世界の食文化ゾーン

楊林洞宣教師墓地(양림동 선교사 묘지)

楊林洞宣教師墓地(양림동 선교사 묘지)

10.7 Km    10749     2021-05-28

光州広域市 南区 済衆路77
+82-62-607-2333

「楊林洞(ヤンニムドン)宣教師墓地」は、光州に最初にキリスト教を伝え、文明開化の波と日本の統治下での護国運動の基礎を築いた23人の宣教師が眠っている場所です。光州広域市楊林洞は、全羅南道初の宣教師として光州で活動したペ・ユジ(E.Bell)牧師とクレメント・オーウェン(Clement C.Owen)の主な宣教地でした。
ペ・ユジ牧師は、宣教活動の一環としてスピア女子学校を設立し、オーウェン は看護師である婦人と共に宣教および医療奉仕活動に献身しました。現在、光州広域市にはペ・ユジ牧師を記念するための宣教記念碑、オーウェンとその祖父を記念するために建てられたオーウェン記念閣などの文化財があります。