レジャー - 韓国旅行情報

[江華ナドゥルキル第8コース]渡り鳥の道([강화 나들길 제8코스] 철새 보러 가는 길)

[江華ナドゥルキル第8コース]渡り鳥の道([강화 나들길 제8코스] 철새 보러 가는 길)

1281     2019-11-22

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24
+82-32-934-1906

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第8コース
「渡り鳥の道」は草芝鎮~分五里墩台(17.2キロメートル)の区間で、美しい江華島南端の海岸コースです。草芝鎮から黄山島魚市場を過ぎ、黄山島を回る散策路と、すがすがしい風の吹く堤防の道、そして干潟の渓谷と広々とした干潟があります。夏には爽やかな風景、冬には渡り鳥の渡来地である東検島周辺でマナヅルを見ることができます。

[江華ナドゥルキル第6コース]華南生家への道([강화 나들길 제6코스] 화남생가 가는 길)

[江華ナドゥルキル第6コース]華南生家への道([강화 나들길 제6코스] 화남생가 가는 길)

1249     2019-11-22

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24
+82-32-934-1906

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第6コース
「江華生家への道」は、江華バスターミナルから広城堡を結ぶ区間です。全18.8キロメートルで、ターミナルを出るとすぐに広々とした田んぼ道に出ます。風で揺れる稲穂の道を抜けてトガム山に登っていくと、ツツジや生姜の花がたくさん咲いています。木の合間から見える青々とした田んぼは、自然が生み出した芸術作品のように美しい景色です。高在亨の故郷であるドゥドゥミ村は静かでのんびりとした農村です。

[江華ナドゥルキル第5コース]コビ峠の道([강화 나들길 제5코스] 고비고개길)

[江華ナドゥルキル第5コース]コビ峠の道([강화 나들길 제5코스] 고비고개길)

1192     2019-11-22

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24
+82-32-934-1906

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第5コース
「コビ峠の道」は江華バスターミナルから外浦旅客ターミナルまで20.2キロメートルを結ぶ区間で、昔の人たちが江華市場に行く道を復元したものです。この区間では森林浴も同時に楽しめます。
江華島を東西に結ぶこの道は、古川里から木こり達が重い荷物を背負ってコビ峠を越え江華市場へと歩いた道と、2つの貯水池の風景、運が良ければ素朴な田舎の市場を見ることもできます。徳山森林浴場と外浦市場は徒歩旅行の醍醐味が感じられるでしょう。

[江華ナドゥルキル第3コース]高麗王陵への道([강화 나들길 제3코스] 고려왕릉 가는 길)

[江華ナドゥルキル第3コース]高麗王陵への道([강화 나들길 제3코스] 고려왕릉 가는 길)

925     2019-11-22

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24
+82-32-934-1906

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第3コース
「高麗王陵への道」は温水公営駐車場から嘉陵までの16.2キロメートルを結ぶ区間で、高麗王陵を見ることができます。伝燈寺の東門を出発し、伝燈寺境内から、三郎城の北門へと抜け、散策路を過ぎ、温水聖公会から吉亭貯水池へと向かいます。高麗最高の書き手である李奎報の墓を過ぎ3基の高麗王陵を見て回るコースです。王陵の間にある森の散策路がおすすめです。

[江華ナドゥルキル第2コース]護国墩台の道([강화 나들길 제2코스] 호국돈대길)

[江華ナドゥルキル第2コース]護国墩台の道([강화 나들길 제2코스] 호국돈대길)

823     2019-11-22

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24
+82-32-934-1906

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第2コース
護国墩台の道は甲串墩台を出発して草芝鎮までの約17キロメートルを結ぶ区間で、開港前後の列強との戦いを感じることができる点が魅力です。江華歴史博物館を出発し海岸に沿って歩くコースで、春、秋には美しい景色が楽しめます。コースの途中にある墩台には多くの歴史があります。引き潮のときには海岸の岩の道を歩くことができ、コースの途中にはフォトスポットもたくさんあります。

加平四季ソリゲレンデ(가평사계절썰매장)

加平四季ソリゲレンデ(가평사계절썰매장)

5460     2019-11-21

京畿道 加平郡 上面 キッテボンキル5-20
+82-31-8078-8048

「加平四季ソリゲレンデ(カピョンサゲジョルソルメジャン)」は、近くを流れる朝宗川と渓谷が美しい、自然と調和をなしたところで、夏は水ソリ、冬は雪ソリを楽しむことができる、ファミリーのためのレジャー体験空間を提供しています。9,780平方メートルの広い敷地には初級用・中級用のスロープとムービングウォーカーをはじめとし、売店、食堂、休憩施設、更衣室・シャワー室、子ども・一般屋外プール、テント4棟などの施設が備わっています。

ジップライン聞慶(짚라인 문경)

ジップライン聞慶(짚라인 문경)

3861     2019-11-15

慶尚北道 聞慶市 仏井キル174
+82-1588-5219

ジップコリア(株)は、数年にわたり海外現地調査を行い、専門エンジニアの徹底した監修と設計のもと、慶尚北道聞慶市仏井自然休養林にジップラインコースを設置しました。ジップラインは、四季を通して家族みんなで楽しめ、都市生活でのストレスも解消できる新しい概念のエコアドベンチャープログラムです。

仁川アシアード主競技場(인천아시아드주경기장)

仁川アシアード主競技場(인천아시아드주경기장)

204     2019-11-07

仁川広域市 西区 烽燧台路 806
+82-32-456-2099

2014年9月に開幕した第17回仁川アジア競技大会の期間中、メイン競技場として使われた仁川アシアード主競技場は2011年6月に着工、2014年6月1日竣工しました。敷地総面積は63万1,975平方メートル、主競技場の延べ面積は11万3,620平方メートルで、地下1階から地上4階までの5層構造で構成され、完成当時は6万人超の収容人数を誇りました。主競技場には各種陸上競技を行うことが出来るトラックや国際規格に合わせて造られた芝のサッカー場があり、主競技場に付属する形で補助競技場や延べ面積1,415平方メートルを誇る連喜(ヨンヒ)クリケット競技場などもあります。
なお、仁川アジア大会後一部座席が撤去され、現在メインスタジアムの客席数は約3万席となっています。

仁川文鶴競技場(仁川ワールドカップ競技場)(인천문학경기장(인천월드컵경기장))

仁川文鶴競技場(仁川ワールドカップ競技場)(인천문학경기장(인천월드컵경기장))

13187     2019-10-30

仁川広域市 弥鄒忽区 買召忽路 618
+82-32-455-2677

文鶴(ムナク)競技場は、2002年に韓日ワールドカップサッカー大会が行われたスタジアムで、仁川(インチョン)広域市南区(ナムグ)にある総合競技場です。
全国体育大会を開催するため建設されていましたが、その最中に韓日ワールドカップ開催が決定、急遽、設計変更を行い完成したスタジアムです。

*敷地面積432,034.60平方メートル(133,690坪)
*延面積251,937.02平方メートル(76,222坪)
*工事期間:1994年7月~2002年2月(総工期7年7ヶ月)

水営湾ヨット競技場(수영만 요트경기장)

水営湾ヨット競技場(수영만 요트경기장)

8897     2019-10-29

釜山広域市 海雲台区 海雲台海辺路84
+82-51-741-6440

「水営湾(スヨンマン)ヨット競技場」は1986年に国際規模の競技場として設けられ、1986年アジア競技大会、1988年ソウルオリンピックが開催されたところです。448隻のヨットを係留できる他、ヨットに乗るのに最適な自然環境を有しており、毎年、各種の国内・国際ヨット大会が開かれるなど海洋スポーツのメッカとして多くの人々が訪れています。

[江華ナドゥルキル第7コース]落照の道([강화 나들길 제7코스] 낙조보러 가는 길)

[江華ナドゥルキル第7コース]落照の道([강화 나들길 제7코스] 낙조보러 가는 길)

867     2019-10-11

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24
+82-32-934-1906

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第7コース
「落照の道」は、ファド公営駐車場~干潟センター~ファド公営駐車場(20.8キロメートル)区間でファド公営駐車場を抜けると人の背丈ほど高く伸びた小麦畑があります。そこを過ぎ、上峰山のイルマンポキル(1万歩の道)に入ると、空を遮るほど生い茂った木の葉のトンネルに出会います。誰も足を踏み入れなかったかのようなこのトンネルの下にはテンナンショウ、ヒメザゼンソウなどが野生の花がたくさん生息しています。このトンネルを抜けると広大な干潟がパノラマのように広がっています。冬になると世界5大干潟と干潟センターで天然記念物のクロツラヘラサギなどの渡り鳥も見られます。

[江華ナドゥルキル第4コース]日暮れの村の道([강화 나들길 제4코스] 해가 지는 마을 길)

[江華ナドゥルキル第4コース]日暮れの村の道([강화 나들길 제4코스] 해가 지는 마을 길)

1007     2019-10-08

仁川広域市 江華郡 江華邑 清川東キル 24
+82-32-934-1906

江華ナドゥルキルとは海岸沿いに1.3キロメートルごとにある墩台と江華山城を結ぶ道、そして高麗王陵を張り巡らすように造られた道のことで、山や野原、海、文化財を楽しみながら歩くことができます。
江華島は島の全体が博物館といえるほど多くの遺跡があります。支石墓や、青銅器、モンゴルの侵略に対抗するために江華島に首都を移したときの高麗の痕跡である高麗宮址や高麗王陵が残っています。また、江華山城と海岸に設置された朝鮮時代の遺跡もたくさん残っています。そして、西海岸の美しい夕日や干潟、摩尼山、高麗山、のどかな農村の風景などを各コースで楽しめるようになっています。
江華ナドゥルキルの背景には、江華島の地域の由来と風景、人物などを歌にした江華島のソンビ(学者)である高在亨(1846-1916)が記した『沁都紀行(シムドキヘン)』という詩集があります。沁都紀行は1906年、桃の花が咲き乱れる春の日に高在亨が故郷のドゥドゥミ村(現 仏恩面 斗雲里)を出発し、江華島全域の約100の村を旅行しながら書き記した紀行詩が綴られた詩集です。高在亨は大韓帝国の暗鬱の時代に急速に消えていく風俗を嘆き、自分が生まれ育った故郷を歩きました。約100年過ぎた今、その道を江華郡が生態文化探訪路として新しく誕生させたのが「江華ナドゥルキル」です。江華ナドゥルキルは高在亨が故郷を思い詠った詩の道であり、歴史と文化の跡が残っている道です。

• 江華ナドゥルキル第4コース
「日暮れの村の道」は、嘉陵から望洋墩台まで11.5キロメートルを結ぶ区間です。外浦里のエビの塩辛の市場と望洋墩台の夕焼けを楽しめることから恋人同士にも人気のコースです。嘉陵を出発しヌンネリと霞逸里を通過する平坦な農村の道ですが、自分だけの楽しみを見つけるのも歩いて回る旅行の妙味です。乾坪ナルに入ると、埠頭の風景とカモメの饗宴と夕焼け、引き潮の際の水が渦を巻く様子も見どころです。