慶州徐羅伐韓屋館[韓国観光品質認証](경주 서라벌 한옥관[한국관광 품질인증/Korea Quality]) - エリア情報 - 韓国旅行情報

慶州徐羅伐韓屋館[韓国観光品質認証](경주 서라벌 한옥관[한국관광 품질인증/Korea Quality])

慶州徐羅伐韓屋館[韓国観光品質認証](경주 서라벌 한옥관[한국관광 품질인증/Korea Quality])

0m    75     2019-05-20

慶尚北道 慶州市 太宗路700番キル 7-2
+82-54-742-3412

徐羅伐(ソラボル)韓屋館は、慶州(キョンジュ)高速バスターミナルのすぐ前にあるアクセス便利な宿泊施設です。皇理団キルや大陵苑(天馬塚)、 瞻星台などが徒歩5分圏内、国立慶州博物館、東宮と月池、月城(半月城)、皇龍寺址、芬皇寺址などが徒歩10分~20分圏内にあり、観光スポットをめぐるのに便利な位置にあります。宿泊施設周辺にはハナロマート、マクドナルド、中央市場、夜市場などがあります。伝統韓屋の美しさを味わえる徐羅伐韓屋館は、各部屋にトイレ・シャワー施設、オンドル、エアコンが設置されており、無料Wi-Fiも利用できます。客室は8室あり、それぞれ16~20平方メートル(約5~6坪)のワンルーム型の部屋となっており、4、5人で休めるスペースが十分にあります。共用キッチンや休憩室には調理道具や電子レンジ、炊飯器などが揃っているため、簡単な料理を作ることができます。コーヒーなどの飲み物は無料で、朝食にはトーストなどの軽食が提供されます。

慶州高速バスターミナル(경주고속버스터미널)

慶州高速バスターミナル(경주고속버스터미널)

180m    13215     2020-06-22

慶尚北道 慶州市 太宗路685番キル2

1972年にオープンした慶州高速バスターミナルは慶尚北道の慶州市、路西洞に位置しています。

慶州スホジョン [韓国観光品質認証] (경주수호정 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

慶州スホジョン [韓国観光品質認証] (경주수호정 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

400m    51     2019-11-28

慶尚北道 慶州市 鮑石路1068番キル15-15
+82-10-2379-7248

慶州(キョンジュ)大陵苑(テルンウォン)の手前にある慶州スホジョンは、L字型の韓屋ゲストハウスです。伝統韓屋の建築様式で、松の木や黄土、藁など天然の建材を用いて2015年に建てられました。環境にやさしい材料が使われており、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。門の垣に沿って、イワシデ、エノキ、カエデ、ハルニレが並ぶ姿は風情があります。5月になると垣の上に咲き誇るつるバラは、この宿の自慢のひとつです。岩のテーブルがある広々とした庭は、いつしか宿泊者同士で語らい合う空間になりました。客室は計7室で、休憩室兼ダイニングがあります。トイレ兼浴室が付いている客室は、伝統的な美しさを損なわずに現代的な設備を設けてあります。

慶州駅と慶州市街バスターミナルまでは徒歩5分で、公共交通機関を利用してのアクセスが便利です。皇理団(ファンリダン)キルのすぐそばにあり、慶州のグルメやファッションの人気スポットはもちろん、大陵苑や瞻星台(チョムソンデ)、半月城(パノォルソン)、雁鴨池(アナプチ)、校村(キョチョン)村などの有名観光地も近くなっています。

笑談亭[韓国観光品質認証](소담정[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

笑談亭[韓国観光品質認証](소담정[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

444m    80     2019-08-07

慶尚北道 慶州市 瞻星路49番キル 17
+82-10-3540-7171

慶尚北道慶州(キョンジュ)市内の中心街にある笑談亭(タンソジョン)は風雅な韓屋の趣を感じされる韓屋の宿泊施設です。
住宅街にあり、静寂な宿をお望みの方におすすめです。
入口の大門を入ると、韓国の古の姿をとどめるすばらしい庭園が目に入ります。季節ごとに咲くさまざまな色の花が外壁に沿って植えられ、土で造られた小さなオブジェがあちこちに置かれ、目の保養になります。
冷暖房完備の6部屋があり、簡単な食事も取ることができる共用キッチンもあります。慶州駅や慶州高速バスターミナルからほど近く、至近距離に瞻星台、大陵苑、国立慶州博物館などがあります。自転車のレンタルも可能で、自転車ツアーも可能で、朝食には軽食も提供されます。

大陵苑(天馬塚)(대릉원(천마총))

大陵苑(天馬塚)(대릉원(천마총))

497m    50159     2020-04-06

慶尚北道 慶州市 鶏林路 9
+82-54-750-8650

1973年に発掘された第155号古墳・天馬塚は新羅独特の積石木槨墳です。
高さ12.7メートル、直径50メートルの陵で、土で覆われた古墳の内部には河原の石を積み上げた積石塚があり、さらにその積石塚の内部には長さ6.5m、幅4.2メートル、高さ2.1メートルの木で囲まれた空間があります。
その中央に木棺を配置し遺体を安置しています。
出土した遺物は11,526点に上り、その中でも天馬図は韓国の古墳から初めて出土した貴重な絵画となっています。

慶州大陵苑一帯(경주 대릉원 일원)

慶州大陵苑一帯(경주 대릉원 일원)

528m    248     2020-04-22

慶尚北道 慶州市 鶏林路 9

※2019~20 韓国観光100選※

* 慶州 路東里古墳群 *

慶州(キョンジュ)中心部・路東里(ノドンリ)一帯にある古新羅時代の古墳群で、 鳳凰台(ポンファンデ)/飾履塚(シンニチョン)/金鈴塚(クムニョンチョン)などがあります。鳳凰台は高さ22m、直径82mで、皇南大塚(ファンナムテチョン)に次いで大規模な墓です。 鳳凰台の南にある飾履塚は、盛り土をした封墳の高さが6.5m、直径30mで、1924年の調査では、棺を置く槨(クァク・トッノル)を設けた積石木槨墳であることが明らかになりました。内部からは耳飾り、硝子製の玉で出来た胸飾り、銀製の帯、銀製の腕輪、環頭大刀、双龍環頭大刀、馬具、漆塗りの器などが出土しました。特に金冠や金銅冠の代わりに金銅製の履物が出土し、模様も独特で大変すばらしいものであったことから、この墓の名称も飾履塚と名付けられました。 鳳凰台の南側にある金鈴塚もやはり1924年に調査した墓で、長方形のくぼみを掘った後、底に河原の石や砂利を敷き詰めた高さ4mから5m、直径およそ18mから20mの積石木槨墳です。金冠、金製の耳飾り、金の腕輪、金製の帯、銅製の履物、鉄製の釜、漆塗りの器、硝子製の器、土器など数多くの遺物が出土しました。土器の中で、船の形をした土器や騎馬人物像の土器が異彩を放っています。この墓は規模が小さく、金冠や装身具の大きさが小さく、 殉葬された形跡があることから、新羅時代の王子の墓とみられています。飾履塚と金鈴塚は同じような規模・構造で、鳳凰台とともに深い関係がある墓とみられます。
(面積 - 16,902平方メートル)


* 慶州 路西里古墳群*

慶州市の北西・路西洞(ノソドン)一帯にある新羅の古墳群で、現在およそ10基の大小さまざまな墓が残っています。 その中でも北側にある第130号墳は路東里古墳群の鳳凰台と対をなし、西鳳凰台と呼ばれています。路西里古墳群の内部構造は積石木槨墳と横穴式石室墳の二つに大きく分かれます。金冠塚(クムグァンチョン)/瑞鳳塚(ソボンチョン)/壺杅塚(ホウチョン)/銀鈴塚/第138号墳は新羅時代のもので、長方形のくぼみを掘った後、棺を置く槨を設け、河原の石や砂利を敷き詰めた積石木槨墳です。双床墳(サンサンフン)・馬塚(マチョン)・牛塚(ウチョン)などは墓の内部に割石で四角形の石室を造り、古墳の入口から石室までの間に羨道(ヨンド/ノルギル)を設ける横穴式石室墳で、新羅時代の様式となっています。 金冠塚は1921年に調査が行われましたが、金冠や金製の帯をはじめとしたさまざまな豪華な金工芸品が数多く出土しました。 西鳳塚は瓢の形をした双円墳の北側の墓で、鳳凰の装飾が付いた金冠が出土しました。また年代が刻まれた銀製の蓋がある器(銀盒=ウナプ)が出土し、5世紀前後に作られたものとみられます。 銀鈴塚と双円墳を形作る壺杅塚は日本の植民地支配から解放された1945年の光復以降初めての遺跡発掘で、高句麗第19代の王・広開土大王(クァンゲトテワン) を記念し、 乙卯(451)年に作られたという文字が書かれている銅製の器・銅盒(トンハプ)が出土しました。双床墳・馬塚・牛塚などは統一新羅時代初期の横穴式石室墳で、大部分盗掘され、詳しいことは分かっていませんが、双床塚からは統一新羅時代の土器の破片、馬塚からは馬の骨や鞍の一部などが出土しました。 路西里古墳群は路東里古墳群と似た性格の積石木槨墳と前期石室墳が混在し、墓の形態が移りゆく過程を示しており、これは慶州地域の墓の変遷を知ることができる、重要な史料と高く評価されています。
(面積 - 44,200平方メートル)


* 慶州皇南里古墳群 *

慶州市庁舎南の反対側一帯にある古墳群で、味鄒王陵(ミチュワンヌン)をはじめ、およそ250基の古墳があり、古墳公園となっています。 1973年には天馬塚の発掘調査を実施し、金冠及び天馬が彩色付きで描かれた白樺樹皮障泥(馬の鞍についている泥よけ)が出土、この泥よけに描かれた馬は新羅時代の絵画としては唯一最古のものとして広く知られています。現在は古墳内部に入り見学できるように復元し、一般に公開されています。また古墳のうち、最も規模が大きい皇南大塚98号墳は1973年から75年にかけて発掘され復元されたものですが、この古墳の発掘により統一新羅以前に積石木槨墳や小型石槨墳が混在していたことが明らかになりました。


* 沿革 *

慶州市内の皇南洞一帯に分布している新羅時代初期の墓で、一部はは大陵苑区域の中にあります。日帝強占期(1910~45年)につけられた通し番号90~114、151~151号である円形に土を盛り上げた30基の墓です。大きな墓は積石木槨墳で、周囲には封墳がなくなった小さな墓があります。大陵苑の中には伝・味鄒王陵をはじめ、天馬塚や皇南大塚などがあります。1973年に発掘調査された天馬塚は直径47m、高さ12.7mで、金冠をはじめ多くの遺物が出土しました。 当時天馬塚が描かれた馬の鞍についた泥よけ・障泥(チャンニ)が出土したため、「天馬塚」と呼ばれ、現在ではっその内部が一般に公開されています。また、1973年から75年にかけて発掘調査された皇南大塚は南北の長さが120m、東西の幅が80m、高さ23mの巨大な双円墳で、南側の墓からは金銅冠や男性の骨の一部、そして多くの遺物が出土しました。 北側の墓からも金冠や夫人帯という文字が刻まれた銀製の帯など多くの遺品が出土しました。南側の墓に埋葬された人物は男性、北側の墓に埋葬された人物は女性で、夫婦の墓をくっつける形で造ったものとみられます。

金冠塚(금관총)

金冠塚(금관총)

556m    12373     2020-03-17

慶尚北道 慶州市 路西洞
+82-54-779-6100

新羅の金冠が出土品したことから「金冠塚(クムグァンチョン)」と名付けられました。
金冠塚は、1921年9月、家屋の工事中に偶然発見されたもので、既に破壊された古墳であったことと、正式に発掘調査が行われたものではなかったため、墓の構造や遺物の正確な情報は明らかにされませんでした。この墓の出土品は、金冠、装身具、武器、土器などで、特に玉の種類だけで3万個を超えていました。
金冠塚の原型は、幅約50メートル、高さ約13メートル、新羅時代の積石塚として知られており、その内部には、木槨と漆塗りの木棺があったと推測されています。このような構造と、仏教の影響がある点から見て、統一新羅以前の智證王前後の6世紀に造られた王陵であると推測されます。

慶州市外バスターミナル(경주시외버스터미널)

307m    14347     2017-03-31

慶尚北道 慶州市 江辺路184
+82-54-743-5599

リバーテインホテル慶州[韓国観光品質認証](리버틴호텔 경주[한국관광 품질인증/Korea Quality])

344m    136     2020-04-23

慶尚北道慶州市テジョンロ685ボンギル23
+82-54-620-8988

リバーテインホテル慶州は、便利なアクセスと快適で実用的な施設が魅力的なビジネスホテルである。慶州市外バスターミナルから徒歩5分、ファンリダンキルと大陵苑までは歩いて約10分しかかからない。瞻星台、東宮と月池、慶州世界文化エキスポ公園までは車で約20分かかる。スタンダード、ツイン、トリプル、スイート、スイートテラス、バリアフリー客室など、多様なタイプの客室はグレーとブラウントーンでまとめられ、温かい印象を与える。宿泊者が快適な環境でリラックスできるように全室に高級マットレスとグースダウンの羽毛布団、衣類リフレッシュ機を用意した。また、業務用デスクだけでなく、ティーテーブルとソファ-も配置し、ビジネスマンだけでなく、一般旅行者にも配慮した。特にリバーテインホテル慶州はバリアフリーツアーをサポートするために障害者専用トイレのあるバリアフリー客室も用意した。サービス施設としはレストランとカフェがあり、カフェではコーヒーを30%割引してくれる。丁寧に作った朝食はリバーテインホテル慶州の自慢で、各種おかずが提供されるおいしい韓食、パン、ヨーグルト、果物、シリアルなど多様な料理を無料で味わうことができる。

慶州皇理団キル(경주 황리단길)

448m    92     2020-08-14

慶尚北道 慶州市 鮑石路 1080

慶州(キョンジュ)皇理団(ファンニダン)キルは、慶尚北道(キョンサンプクド)慶州市皇南洞(ファンナムドン)鮑石路(ポソンノ)一帯の「皇南クンキル(大通り)」と呼ばれる通りです。伝統韓屋のカフェや食堂、写真館などが数多く軒を連ね、常に若者たちであふれています。
皇理団という名称は、ソウル・梨泰院(イテウォン)にある若者に人気の通り・経理団(キョンニダン)キルにあやかってつけられたものです。
皇理団キルには1960年代から70年代に建てられたレトロな建物などがそのまま残されており、ひと昔前の韓国の雰囲気を感じることができます。
近くには瞻星台(チョムソンデ)、大陵苑(テルンウォン)など史跡も多く、慶州の観光名所のひとつとして脚光を浴びている場所です。

<出典:慶州文化観光>

新羅ブティックホテルプレミアム[韓国観光品質認証] (신라부티크호텔 프리미엄[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

513m    554     2018-12-23

慶尚北道 慶州市 川辺路 200
+82-54-745-3500, +82-54-624-3366

新羅ブティックホテルプレミアムは、お子様連れのご家族のため子ども専用客室がある家族特化型ホテルです。
お子さんとご一緒に宿泊できるプレミアムキッズデラックス、プレミアムキッズスイートの客室にはベッドからの転落を防ぐため低床型のベッドを配置しています。
全31室の客室はホワイトとウッドトーンの洗練されたインテリアが特長で、お二人でご利用いただけるプレミアムダブルベッドルームから6人が同時に宿泊可能なプレミアムコーナースイート6人室までさまざまなタイプの客室があります。
ご宿泊のお客様はホテル内にあるプレミアムスパ・スパラックスでのご入浴及びサウナのご利用が可能で、1階には24時間営業のコンビニがありさまざまな日用品がご購入いただけます。
バスターミナルまでは徒歩で5分の距離と近く、KTX新慶州駅からもバスで20分、慶州市内の大部分の観光地には自転車で20分圏内とアクセスも自慢のひとつです。


鳳凰台(慶州)(봉황대(경주))

625m    7665     2019-01-07

慶尚北道 慶州市 路東洞
+82-42-481-4650

鳳凰台(ポンファンデ)は、路東洞古墳群内にある新羅の時代の古墳です。古墳はその地域の名前や出土した遺物に関する名称で呼ばれるのが一般的ですが、鳳凰台は墓という意味を表す「陵」などの名称もつかず、鳳凰台と呼ばれている点が珍しいです。
墓の直径は82m、高さは22mで墓というよりは裏山のような雰囲気があります。墓の規模から見ると王の墓であると推測されますが、明らかなことは未だ明らかになっておらず、正確な事実は分かりません。