大典寺(대전사) - エリア情報 - 韓国旅行情報

大典寺(대전사)

大典寺(대전사)

481m    3921     2021-11-01

慶尚北道 青松郡 周王山面 公園キル226

大典寺(テジョンサ)は、新羅の文武王12年(672年)に義湘大師により建てられたと伝えられています。その後、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の際に火災に遭い、朝鮮顕宗13年(1672年)に再建され、現在まで使用されています。1976年に普光殿を補修する際には、1662年に作成された上梁文が発見されました。内部には毘盧子那仏が祀られています。

青松韓屋民芸村[韓国観光品質認証](청송 한옥민예촌 [한국관광품질인증/Korea Quality])

青松韓屋民芸村[韓国観光品質認証](청송 한옥민예촌 [한국관광품질인증/Korea Quality])

3.3 Km    2741     2020-12-11

慶尚北道 青松郡 府東面 周王山路 494
+82-54-874-9098

青松民芸村

韓屋体験と工房、展示館などを兼ねた伝統文化観光団地
青松(チョンソン)民芸村は青松文化観光財団が管理・運営する青松観光地内にある韓屋村です。
青松観光団地内には宿泊可能な民芸村のほか、陶芸村、展示館、博物館、そしてさまざまな食堂や便宜施設などがあります。
陶芸村は青松の文化遺産である青松白磁を自ら作る体験が可能で、割栗石や土で壁を作り穴蔵造りの工房もあり、この地方の雰囲気を醸し出しています。
展示館は青松白磁展示館や沈寿官陶芸展示館があります。
博物館は青松の歳時風俗を垣間見ることができる民俗博物館や青松で産出する花石(ファソク)(花紋石)を展示した花石博物館があります。
花石は自然に花模様が刻まれた石のことで、この地域で取れる珍しい石です。この他、さまざまな食堂などの飲食店やセミナー室、スポーツ施設、散策路などもご利用いただけます。

昔の姿を余すところなく再現した韓屋
民芸村にはすべてで7つの韓屋があります。7棟すべてにそれぞれ名称がつけられ、大監宅、令監宅、政丞宅、訓長宅、参奉宅、教授宅、生員宅からなります。名前の通り昔の身分や地位に見合った当時の古宅をありのままに再現しました。そのため大監宅、令監宅、政丞宅は中庭や板の間が広く部屋の数も多くなっています。生員宅や参奉宅は平面が一文字の素朴な藁葺屋根となっています。韓屋の規模や形、内部構造などはそれぞれ異なりますが、室内を彩る古家具や布団などはすべて品格あるものを使用、古家具は匠の手仕事によって作られているものばかりです。
牛小屋、納屋、かまどなどは今では使わない空間ですが、すべて昔の姿そのままに再現しています。かまどは観覧用で、実際の炊事はできません。各韓屋にはトイレがあり、外にも共用トイレとシャワー室も設置しています。トイレは最新式で作られ洗面道具やヘアドライヤーなどもあります。

周王山国立公園の美しい自然
青松民芸村を訪れる人々はさまざまですが、周王山(チュワンサン)を目当てでやって来る観光客が一番多くなっています。民芸村から遠くに見える美しい稜線が周王山の稜線です。周王山は韓国の12番目の国立公園で、美しい岩山の山頂や渓谷が多く、韓国の三大名山にも数えられています。
特におすすめしたい絶景は注山池(チュサンジ)。周王池は朝鮮時代に造られた農業用の溜め池で、溜め池の中に柳の木が自生している景観が大変神秘k的で美しく、観光客がひっきりなしにやって来るところです。
また周王山周辺にある薬水の水源である達基薬水湯(タルギヤクスタン)は水が冬になっても凍らずサイダーのような風合いで胃腸の病気や神経痛などに効果があると有名なところで、おすすめの観光スポットです。

青松民俗博物館(청송민속박물관)

青松民俗博物館(청송민속박물관)

5.2 Km    6168     2021-12-21

慶尚北道 青松郡 青松邑 周王山路222

慶尚北道青松郡周王山国立公園入口に位置する「青松(チョンソン)民俗博物館」は、1999年に青松地域の文化や歴史、伝統を広く知らせる目的でオープンしました。博物館は地下1階、地上2階建て規模で、内部展示室と野外展示室、資料室、収蔵庫などから成っています。内部展示室では、様々な農家に関する民俗資料や、青松の歳時風俗の様子を見ることができます。また、青松白磁をはじめとする青松の庶民たちの日用品なども展示されており、青松の祖先たちの暮らしぶりをうかがい知ることができます。
野外展示室には、酒幕や水車、畑の番小屋、造山(災いや争いを避け、福が出て行くのを防ぐ山)、立石(石を積み上げる信仰のひとつ)など伝統的な村の姿が再現されており、昔の農業生活も体験することができます。博物館の周辺には、達基瀑布や清雲河川、松生里学生キャンプ場などがあります。

注山池(青松国家地質公園)(주산지(청송 국가지질공원))

注山池(青松国家地質公園)(주산지(청송 국가지질공원))

5.5 Km    15037     2021-02-25

慶尚北道 青松郡 周王山面 注山池里
+82-54-870-6111

「注山池(チュサンジ)」は1720年(景宗元年)8月に着工、その翌年の10月に完工した貯水池です。長さ200メートル、平均水深約8メートルとそれほど大きくはありませんが、どんなに日照りが続いても今まで水が干上がることはなかったといいます。
注山池には熱い火山灰がからみ合ってつくられた溶結凝灰岩という緻密で硬い岩石が下にあり、その上に非溶結凝灰岩と堆積岩が重なり全体的に大きな器のような地形を成しています。雨が降れば非溶結凝灰岩と堆積岩層でスポンジのように水を含んでおき少しずつ水を流すため、このように豊かな水量を維持することができたということです。
その他、注山池にはマルバヤナギが自生しており、その風景の美しさから多くの観光客がここを訪れます。岩石、水、木が調和し、四季折々の景色を演出する注山池は2013年に国家指定文化財名勝105号に指定されるほど非常に価値が高い自然遺産です。

達基湧水(青松国家地質公園)(달기약수탕(청송 국가지질공원))

達基湧水(青松国家地質公園)(달기약수탕(청송 국가지질공원))

7.2 Km    3625     2021-06-14

慶尚北道 青松郡 青松邑 薬水キル 16

達基湧水(達基薬水湯/タルギヤクスタン)は今から遡ることおよそ130年前、水路工事を行っている最中に発見された湧き水です。シュワシュワと弾ける炭酸をはじめさまざまなミネラル成分を含んでおり、昔から胃腸病、婦人病、目の病などの疾病治療に効果があると伝えられてきました。
達基湧水のルーツは雨水から始まります。雨水が地表にしみ込み地下水となり、地下深いところにあるマグマから噴出する二酸化炭素と地下水が反応し、炭酸水に姿を変えます。炭酸水は地下の岩石に含まれるミネラル成分を溶かし、花崗岩や堆積岩の隙間を通って地上に湧き出し、現在の達基湧水の炭酸水として湧き出しています。

出典: 青松国家地質公園

周王山温泉観光ホテル(주왕산온천관광호텔)

周王山温泉観光ホテル(주왕산온천관광호텔)

8.4 Km    9369     2021-06-23

慶尚北道 青松郡 青松邑 中央路 315
+82-54-874-7000

周王山(チュワンサン)国立公園から約15分のところにある周王山温泉観光ホテルは、小規模ながら客室は清潔に保たれており、韓食堂、宴会場も備わっています。特にここの温泉は、全国でも最高水質を誇る炭酸ナトリウム成分が含まれており、現代人の酸性化した体質を中性化してくれると共に、皮膚に弾力を与え、アンチエイジングにも効果があるとされています。

[文化観光祭り] 青松リンゴ祭り([문화관광축제] 청송사과축제)

[文化観光祭り] 青松リンゴ祭り([문화관광축제] 청송사과축제)

8.8 Km    4026     2021-10-12

慶尚北道 青松郡 青松邑 金月路 269
+82-54-873-3686

文化体育観光部によって韓国を代表する2020~2021年度文化観光祭りに選ばれた「青松(チョンソン)リンゴ祭り」は、青松地域で生産された青松リンゴを広めるため、毎年10月~11月頃に開催されています。祭りでは観光客が参加できるプログラムや文化芸術公演なども行われます。

青松オルムコル(青松国家地質公園)(청송 얼음골(청송 국가지질공원))

青松オルムコル(青松国家地質公園)(청송 얼음골(청송 국가지질공원))

11.2 Km    4411     2021-03-04

慶尚北道 青松郡 周王山面 内龍里
+82-54-870-6111

冬には暖かな風が吹き出し、夏には冷気が吹き出してくる季節に逆行するかのような摩訶不思議な現象が起こるオルムコル(風穴・氷穴)。韓国のオルムコルは慶尚南道(キョンサンナムド)密陽(ミリャン)、慶尚北道(キョンサンプクド)義城(ウィソン)などおよそ20の地域にありますが、慶尚北道青松(チョンソン)にある青松オルムコルは凝灰岩の岩が絶壁の下に堆積した場所にあります。このような絶壁の直下や山の斜面に岩石が堆積した地形を崖錐といいます。比較的厚く堆積している大小さまざまな岩の隙間へ入り込んだ空気は、地下の温度が低く湿気が高い環境の影響を受け、穴の下の方へと下っていきます。崖錐地形の地面の下へと入った空気は冷たく湿気の多い空気となり、その後再び岩の隙間を通り外へと抜けます。暖かく乾燥した外気とぶつかると、崖錐地形から外へ吹き出した冷たい空気の中に含まれる湿気が気化することにより、周りの外気の温度を下げ、オルムコル、つまり氷穴現象が起こり冷たさを感じるようになります。また、オルムコルの傾斜面が北向きとなっているため、陽差しがあまり差し込まないこともオルムコルが形づくられる重要な要素のひとつとなっています。
一方、青松オルムコルには素晴らしい水質の、健康にもよいと評判の湧き水が湧き出る場所もあるほか、宕巾峰(タンコンボン)の人工滝もあり、夏のシーズンの避暑地としても人気の場所となっています。

出典:青松国家地質公園

チョンウォン古宅[韓国観光品質認証](청원고택[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

チョンウォン古宅[韓国観光品質認証](청원고택[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

11.2 Km    3009     2018-12-26

慶尚北道 青松郡 巴川面 松韶古宅キル 3
+82-10-3530-6119

ここチョンウォン古宅は韓国の伝統茶道と古宅体験ができる施設で、韓国茶人連合会ヨンウン文化院が併設されています。チョンウォン古宅は緩やかな時の流れのすばらしさや伝統を大切にする原風景に出会える場所で、そんな古の家屋で緩やかに進む憩いのひとときを過ごし、浪漫を実感することができます。
チョンウォン古宅はお客様が宿泊できる建物が離れとなっており、1日1組のみ予約が可能です。離れとなっているため大変静かでゆっくりとお休み頂けます。
またヨンウン文化院も併設されており、文化院にある茶室ではご宿泊のお客様向けに伝統茶道体験プログラムも行っています。茶道体験プログラムを通じて韓国の伝統茶道の美しさを感じとることができます。
古宅の風情ある雰囲気はふるさとに来たような気持ちにさせ、また見た目もすばらしい朝食は季節の豊かさも味わえ大変好評です。


周王山国立公園(주왕산국립공원)

0m    16788     2020-12-04

慶尚北道 青松郡 周王山面 公園キル169-7

周王山(チュワンサン、720.6メートル)は、数多くの岩峰や深く秀麗な渓谷が美しい景観を織り成している韓国の3大岩山のうちのひとつです。
1972年5月30日に観光地に指定されて以降、1976年3月30日には12番目の国立公園に指定されました。公園の総面積は105.582平方キロメートルで、行政区域上では慶尚北道 青松郡と盈徳郡の2つの郡および5つの面に渡っており、北には雪岳山や五台山、南には慶州、西には俗離山や徳裕山などの国立公園が広がっています。
数百メートルにもなる大きな石がまるで屏風のようにそびえ立っていることから、新羅の時代には石屏山と呼ばれていましたが、統一新羅末からは周王山と呼ばれるようになりました。周王山には4つの瀑布の他に洞窟、大典寺およびその付属の庵が散在しており、天恵の観光資源が豊富です。

達基薬水湯(タルギヤクスタン)
青松邑から東に3キロメートル程のところにある達基薬水湯には、下湯、中湯、上湯、新湯をはじめとする約10ヶ所の薬水が湧き出るスポットが整備されています。薬水の味は糖分を抜いた炭酸飲料のような味で、胃腸の病気や神経痛、貧血に効果があるとされており、多くの人がここの薬水を求めてやって来ます。

達基瀑布(タルギポッポ)
達基薬水湯から約3キロメートル上って行ったところに高さ11メートルの立派な瀑布があります。周王山第1瀑布を女性的であると例えるならば、この達基瀑布は男性的であるといえます。

周王山瀑布(チュワンサンポッポ)
周王山の鶴巣台のすぐ上にある3つの瀑布で、第1瀑布は四方が屏風のような岩に囲まれており、その中を清らかな水が上から下へと打ち付けています。第1瀑布の上部に特に景観が美しい第2瀑布があり、その左500メートルのところには2段構造になっている第3瀑布があります。

チョルゴル渓谷
周王山の南東部にある内周王渓谷付近にある静かな場所で、清らかな水が流れているだけでなく、そびえ立つ奇岩怪石と青々とした木々に囲まれていることからまるで別天地のような雰囲気が漂っています。

チョルゴル(寺谷)峡谷(青松国家地質公園)(절골협곡(청송 국가지질공원))

5.4 Km    593     2021-02-15

慶尚北道 青松郡 周王山面 注山池里 山124
+82-54-870-6111

チョルゴル(寺谷)峡谷は周王山(チュワンサン)からカメ峰、王居岩(ワンゴアム)に至る稜線の南東側にあるチョルゴル探訪支援センターからテムンタリまでのおよそ5キロメートルの区間(直線距離約3キロメートル)にあり、大変風光明媚な場所です。 チョルゴル峡谷は凝灰岩からできている地質の場所です。ここにある凝灰岩は高温で噴出し堆積した火山灰流凝灰岩で、高温となった火山灰や軽石がお互いくっつき形作られた溶結凝灰岩となっています。
溶結作用を経た凝灰岩は冷やされとともに体積が小さくなり垂直方向に割れ目が多く発達し、この割れ目に沿って岩石が崩壊し垂直絶壁となり、屏風のように長く広がる長い峡谷を形成するに至りました。チョルゴル峡谷では溶結レンズ(フィアメ)構造が発達していることから、火山の噴出場所を推定できる重要な証拠となっています。チョルゴル峡谷は人工の施設物を最小限にとどめた環境にやさしい探訪路で、早瀬にそってある飛び石の橋を利用して峡谷をトレッキングすることもできます。昔から雲水庵(ウンスアム)という寺があり、韓国語の固有語で寺を表す「チョル」と谷を表す「コル」を結びつけてチョルゴルという名称になりました。

出典:青松国家地質公園

青松市外バスターミナル(청송시외버스터미널)

9.4 Km    5411     2015-12-03

慶尚北道 青松郡 中央路 184
+82-54-873-2036