忠州世界武術祭り(충주세계무술축제) - エリア情報 - 韓国旅行情報

忠州世界武術祭り(충주세계무술축제)

忠州世界武術祭り(충주세계무술축제)

4.9 Km    6678     2020-08-10

忠清北道 忠州市 南漢江路 24 忠州世界武術公園
+82-43-852-7957

忠州世界武術公園で開催される忠州(チュンジュ)世界武術祭りは、国際武芸演武大会、eスポーツ武術大会、世界武術ストリートの武術体験、コンサートなど、武術と文化が融合した様々なプログラムで構成されています。祭りの開催期間中、武術オリンピックである世界武芸マスターシップが開催され、昼は武術競技の観覧、夜は会場で武術祭りを楽しむことができます。

忠州世界武術博物館(충주세계무술박물관)

忠州世界武術博物館(충주세계무술박물관)

4.9 Km    107     2019-03-25

忠清北道 忠州市 南漢江路 24

忠州世界武術博物館は忠州(チュンジュ)世界武術公園内にある博物館です。
忠州世界武術公園は1998年から忠州市で毎秋開催される忠州世界武術祭りの会場となっている公園です。
忠州世界武術祭りはテッキョンをはじめ韓国や世界各国の武術関係者が一堂に会し「世界の武術と文化の出会い」というテーマでさまざまな行事を開催しているお祭りです。
忠州世界武術博物館はこれまで開催された忠州世界武術祭りの成果を生かし、世界のさまざまな武術やその価値について知ることができる博物館です。
韓国伝統の武術であるテッキョンをはじめ、外国諸国の伝統武術について理解し、これらに関するさまざまな情報に接することができるのがこの博物館です。

ホテルフイルム37.2[韓国観光品質認証] (호텔 필림37.2[한국관광품질인증/Korea Quality])

ホテルフイルム37.2[韓国観光品質認証] (호텔 필림37.2[한국관광품질인증/Korea Quality])

6.6 Km    878     2018-12-29

忠清北道 忠州市 連原路17
+82-10-3719-6278

忠清北道忠州市にあるホテルフイルム37.2は、忠州市庁の近くに位置し交通アクセスがよい場所にあります。

客室は韓室、ヨーロッパ、日本式のスタイルで各フロアごとに異なるデザインとなっており、大変特長ある内装となっています。各フロアのインテリアに合わせて各国の小物まで置かれており繊細さが目をひくホテルです。
特にオンドルがある韓室は伝統的な韓屋の敷地への入口にあたる荘厳な木製の大門の形をした玄関の扉が特徴的で、韓紙による装飾や窓の桟の模様が伝統美を感じさせてくれるつくりとなっています。

各客室にはテレビ、冷蔵庫、エアコン、パソコンなど基本的なものはすべて完備しており、これ以外にも空気清浄機やコップ殺菌機などもあります。

忠州グランド観光ホテル(충주그랜드관광호텔)

忠州グランド観光ホテル(충주그랜드관광호텔)

6.9 Km    1650     2017-11-20

忠清北道 忠州市 中院大路3496
+82-43-848-5554

2002年にリニューアルオープンした「忠州グランド観光ホテル(チュンジュグレンドゥグァングァンホテル/GRANDO HOTEL CHUNG JU)」は、観光だけでなく、ビジネスにも最適なホテルです。
洋室・韓室(オンドル)の客室、用途に合わせて使える大・中・小宴会場、コーヒーショップ、サウナ、レストラン、カラオケなどを備えています。

THE BASE(더베이스)

THE BASE(더베이스)

8.6 Km    2171     2019-07-31

忠清北道 忠州市 虎岩大路 8
+82-43-848-9900

THE BASEの室内外ウエディングホールには、先端のウエディング演出装置があり、各宴会室別にビームプロジェクト, 超大型壁面スクリーン、音響システム, カラオケ機器、縮小型エッフェル塔を設置して、より風情のある美しい湖畔のロマンあふれるホテルです。

陵岩温泉ランド(능암온천랜드)

陵岩温泉ランド(능암온천랜드)

10.1 Km    4368     2020-05-14

忠清北道 忠州市 仰城面 セバジキル37

陵岩(ヌンアム)温泉は薬水(薬効があるといわれる泉)を飲みながら温泉浴を楽しめるのが特徴です。最初は少し冷たく感じますが、2分ほど経つと全身に炭酸の泡(遊離炭酸)がくっつき、肌の弱い部分がちくちくし始め、毛細血管を刺激して活性化させる反応が始まります。サウナの室内温度はいつも適正温度を保っていますが、炭酸泉の特徴として、炭酸泉から出てサウナに入るとあまり熱く感じないということがあります。炭酸泉の入浴は血液循環を活性化させるため(適正時間約50分)、動脈硬化、高血圧、糖尿病、各種成人病、婦人病に卓越した効能があります。
陵岩温泉ランドには温泉以外にも陵岩温泉汗蒸幕やUNスパ炭酸温泉などの黄土汗蒸幕があります。陵岩観光ホテルやホテルUNスパがあり、宿泊もできます。他にも様々な体験施設やゴルフ、レジャー・スポーツが楽しめる施設が備えられており、団体での利用に便利です。

仰城炭酸温泉(앙성탄산온천)

仰城炭酸温泉(앙성탄산온천)

10.3 Km    4396     2020-07-16

忠清北道 忠州市 仰城面 加谷路1457

仰城炭酸温泉(アンソンタンサンオンチョン)の温泉水は地下700メートルから湧出しており、高・低血圧、糖尿病、関節炎、神経痛、うつ病、成人病を予防し、運動不足の肥満症、肩こり、腰痛、冷え性、便秘、痔を予防するのに効果があります。また、炭酸温泉水は心身のストレスを解消し、新陳代謝促進および血のめぐりをよくし、過敏性皮膚、しみ、そばかす、水虫、湿疹、老人性色素斑などの治療にもよいとされています。
温泉水は水温が25~38度と低めなので、熱めの湯を張った浴槽も別に用意されています。健康増進はもちろん、精神的安定にも大きな効き目があるという炭酸水浴は、肌を滑らかにしてくれ、疲労回復に効果があります。また、仰城炭酸温泉はクヌギを燃料としたクヌギ薪ボイラーを使用してチムジルバンや水を温めています。

仰城炭酸温泉地区について

京畿道長湖院とつながっている忠州市仰城面敦山里と陵岩里一帯には、大規模な炭酸水温泉タウンが形成されています。仰城温泉には「忠温(チュンオン)温泉地区」「陵岩(ヌンアム)温泉地区」「敦山(トンサン)温泉地区」の3つの温泉地区があります。1989年に忠温温泉地区と陵岩温泉地区が観光地に指定され、1995年に敦山温泉地区が観光地に指定されました。

酒博物館Liquorium(술박물관 리쿼리움)

0m    962     2020-02-10

忠清北道 忠州市 中央塔面 タプチョンアンキル12
+82-43-855-7333

忠州市の中央塔公園にある世界初の総合酒博物館のLiquorium(リクアリウム)はLIQUOR(酒)とRIUM(展示館)をもとにした造語で酒博物館という意味です。世界の有名な酒の生産国家にはいくつもの酒博物館があります。フランスのワイン博物館、ドイツのビール博物館、スコットランドのウイスキー博物館などがありますが、すべてのお酒の歴史と文化を統合的に展示しているのはここだけです。酒に関連する世界各地の文化財を収集・研究しており、世界的な飲酒文化と教育プログラムが提供されており、文化空間として韓国の飲酒文化のために努力しています。博物館にはワイン館、ビール館、東洋酒館、蒸留酒館、飲酒文化館といった5つの展示室に加え、酒と健康に関する資料が集められた展示館、弾琴湖と周辺の景観を見ながらカクテルを作ったりテーブルマナーを実習することのできる文化体験館を運営しています。
ワイン館はレッドワイン、ホワイトワインをはじめ、酒精強化ワイン、スパークリングワインなど製造方法とワインの基本的な知識および歴史に関する資料を展示しています。また、ワインの宗主国であるフランスのボルドー地方など世界的に有名な生産地のワインを観覧することができ、伝播過程や所蔵容器、ブドウの収穫用の籠なども見ることができます。ワインのコルク栓とワインホルダーがテーブルマナーとどのように関連しているのかに関しても詳しく知ることができます。
ビール館ではビールの起源と発展過程に関する記録および様々な陶磁器のジョッキとガラスコップ、西洋式のパブで見ることのできる生ビール用のサーバーなどが展示されています。
東洋酒館では韓国・中国・日本の3ヶ国のお酒の歴史資料と酒器を展示しています。韓国酒器の展示室では忠州地域の民俗酒と忠州のリンゴ酒をはじめ、北韓(北朝鮮)のお酒や韓国各地の伝統酒および民俗酒を展示しています。
蒸留酒館では中東の錬金術師と十字軍戦争などの歴史的な事例、蒸留酒の歴史および製造過程に関する資料を展示しています。ウイスキー、ブランデー、ジン、ラム、ウォッカ、テキーラ、リキュールなど各種西洋の蒸留酒を展示しており、それに対する専門家の説明も聞くことができます。
飲酒文化館は憩いの場、試飲などの空間でお酒の知識を知り、お酒に関する文化体験をすることのできる場所です。酒展示館には3500年前のエジプトの壁画と2000年前のポンペイの壁画、地中海で拾われた酒のビン、中国の漢・元時代のとっくりや宗・明時代の酒釜、三国志に出てくる杯など貴重な遺物を展示しています。また、飲酒文化に関する書籍の発刊、健全な飲酒文化の普及、全国の大学と連携して学生の飲酒文化および体験学習プログラムの開発、運営を行っています。

中央塔公園(忠州)(중앙탑공원(충주))

258m    2062     2020-08-28

忠清北道 忠州市 中央塔面 中央塔キル 112-28
+82-43-842-0531

忠州塔坪里七層石塔のある市民公園、中央塔史跡公園
国宝第6号である忠州塔坪里七層石塔は、南漢江の美しい景観と調和した統一新羅時代の石塔で、その当時に建てられた石塔の中でもっとも規模が大きく、韓国の中央部に位置することから中央塔と呼ばれています。中央塔周辺に設けられた彫刻公園は忠清北道最大の野外彫刻公園で、「文化財と湖畔芸術の出会い」というテーマで韓国の彫刻家の作品26点が展示されています。

忠州市民の憩いの場、中央塔史跡公園
史跡公園には、市民の公園として彫刻物や散策路、忠州博物館や野外博物館、音楽噴水、中央塔、簡易噴水などがあります。このような施設を基に中央塔史跡公園は忠州市民の憩いの場、子どもの学び場として発展しました。また、中央塔公園の北側には忠州調整池ダムがあります。

忠州 弾琴台と弾琴台公園(충주 탄금대와 탄금대공원)

4.4 Km    2079     2020-08-05

忠清北道 忠州市 弾琴台アンキル105

忠清北道忠州市漆琴洞にある「弾琴台(タングムデ)」は歴史的意味のある場所で名勝第42号に指定されています。
新羅時代、于勒(ウルク/韓国3大楽聖のひとり)が伽倻琴を演奏していた場所だったことから弾琴台と呼ばれるようになり、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の際、申砬率いる兵士らが敵国と戦った場所です。また、韓国戦争の殉国者のための塔が建てられており、弾琴台を中心に、弾琴台碑、申砬将軍殉節碑、野外音楽堂、彫刻作品、芝生広場などが整備されており「弾琴台公園」として愛されています。

忠州公用バスターミナル(충주공용버스터미널)

6.0 Km    4991     2015-11-12

忠清北道 忠州市 鳳渓1キル 49

徐留宿[韓国観光品質認証](서유숙[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

9.8 Km    66     2018-12-29

忠清北道 忠州市 蘇台面 徳隠路 596
+82-10-3477-8831

川に沿って静かな美しい道を走ると、閑静な造りの韓屋が目の前に現れます。そこがここ、屋号に「ゆっくり留まって休んでいくところ」という意を込めて付けた徐留宿(ソユスク)です。

小高くなった栗の木の山を背景に、赤みを帯びた黄土色の美しい瓦葺きの韓屋が少しずつ間隔を置いて建ち並び、広々とした芝の中庭のいたるところには花が咲き、そのそばには味噌・醤油などが入った甕が並んだ光景が広がります。韓屋の正面には広々とした花畑が広がっており、爽快な気分になれるそんな場所です。

徐留宿は空気がよく澄んだ水で有名な忠清北道忠州市(チュンジュシ)蘇台面(ソテミョン)福灘里(ポクタンリ)にあります。
福灘は村全体が上水道保護地域のため、工場やレストランを建てることができない場所です。そのため自然が手付かずのまま残っており、大変風光明媚なところです。

2010年から宿泊施設を営み始めた徐留宿のオーナーは幼い時韓屋で育ったそうで、そのことが懐かしくもう一度韓屋で暮らしてみたいと思い立ち、徐留宿を始めました。
そんなオーナーが営む韓屋だからか、建物のあちらこちらで韓屋に対する愛情を感じます。
 徐留宿はピョルチェ(離れ)、我笑亭(アソジョン)、徳淵斎(トギョンジェ)、晶縁(チョンヨン)、カオンチェ、水刺間(スラガン=もともと王の料理を作る厨房を意味する言葉)の建物からなり、それぞれ独立した建物で中庭に沿って並んで建っています。
そのうちピョルチェ, 我笑亭、徳淵斎、晶縁のすべてで4つの建物に客室があり、部屋の広さや雰囲気はそれぞれ異なります。
全室とも黄土と松材を使い建てられた伝統的な韓屋で、壁は自然染料を用いて色を塗っています。天然の建材を用いて造られた韓屋のため室内は遠赤外線に包まれ、ただ泊まるだけでも健康をもたらすかのようです。客室にはすべて縁側があり、縁側に座り花咲く芝生の中庭や遠く向こうの風景を眺めるのも大変風情があります。

徐留宿の客室はすべて別棟になっており、周囲に気兼ねなく憩いのひとときを楽しめる空間となっています。ベースは伝統韓屋となっていますが、ご宿泊のお客様に配慮し、トイレは綺麗な現代風のものを客室内に完備しています。またすべての客室に鍋・食器類・ガスレンジなどがあるキッチンもあり、自ら料理することもできます。

客室の中で一番の広さを誇る徳淵斎は家族連れのお客様がよくご利用になるお部屋です。ワンルーム型ではありますが寝室と板の間がある客室となっています。

我笑亭は八角形の形をしており、建物の中央には趣のある木の柱が立っており、この柱を中心に造られた天井の垂木が素晴らしい文様を描いています。

晶縁はベッドがある客室でお子さんがいらっしゃるお客様におすすめの客室です。すべての部屋が静かで大変綺麗な造りになっています。

また部屋ごとに大きな窓があり、中庭や遠くにそびえる山々を眺めることができます。中庭の片隅には水刺間という名前が付けられた建物があり、雨が降ったときバーベキューをすることができるところです。天気がよい日には客室前に広がる中庭のパラソルでバーベキューが可能です。また水刺間の前には自由に閲覧可能な本もあります。

徐留宿の一番の自慢はオーナー家族が自ら作る幅広の木綿で作る布団。美しい色を染めた木綿を手縫いで一針一針ずつ縫い、花模様の刺繍もあり、天然素材で作られた布団は体によいばかりでなく見た目にも大変美しいものとなっています。常連の宿泊客で黄土の部屋でこの木綿の布団をかけて熟睡したところアトピーの症状がよくなったという方もいるそうです。また客室には布やカーテンを使った木綿の小物が置いてあり、そこはかとない趣を加えています。

芝の中庭の向こうには1000坪を超える広大な花畑が広がっており、季節ごとに色鮮やかな美しい野生花が咲き乱れます。この花畑にはのんびり休める小さな小屋もあります。
また村全体が栗の木の山となっているので栗を拾って食べる宿泊客も多いとのことです。徐留宿では秋から初春までよく熟した栗を振舞っています。

周辺には観光名所の朴達チェ(峠)や鶏鳴山(ケミョンサン)があり、また川に沿って美しく広がるピネキルの道もあり散策におすすめのコースです。

そして宿泊客から賞賛やまないサービスが無料で提供される朝食。ブルーベリーを入れて作った自家製ヨーグルトや有機農サラダ、お粥など、宿泊客に大変好評です。

韓国の伝統的なパッチワーク・チョガクボを作る「閨房工芸体験」や自ら摘み乾燥させたお茶を淹れる「茶道体験」も可能です。