パグニホステル[韓国観光品質認証](바구니호스텔[한국관광품질인증제/ Korea Quality]) - エリア情報 - 韓国旅行情報

パグニホステル[韓国観光品質認証](바구니호스텔[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

パグニホステル[韓国観光品質認証](바구니호스텔[한국관광품질인증제/ Korea Quality])

16.2 Km    84     2018-12-30

全羅南道 順天市 駅前2キル 4

パグニホステルを一言で表現すれば「美しい」の一言です。
感覚的な建物のデザインと室内インテリアはここを訪れる人々の視覚の面から癒しを与えてくれます。
調度品ひとつひとつ厳選して準備、小物に至るまでインテリアデザイナーの手によって決められるほど。特にフローリストによるガーデニングは、ホステル全体が自然の中にいるかのような雰囲気を感じさせてくれます。
このような自然とともにある空間設計は日本の権威ある国際デザイン公募展グッドデザインアワード2017でも認定されたほどです。
パグニホテルから順天湾湿地や順天湾国家庭園までは車で15分ほどの距離にあります。 立地条件もよいため主に20代から30代の旅行を楽しむ若い世代の人々が数多く訪れます。
チェックインの際もらったコインは各種レンタルサービスや朝食の時、あるいは洗面用品、コーヒー、生ビール購入時や自転車レンタルなどに使うことができます。

マッドゥリムギムバブレンドゥ(맛드림김밥랜드)

マッドゥリムギムバブレンドゥ(맛드림김밥랜드)

16.5 Km    0     2020-10-22

全羅南道 順天市 八馬路 128 1階
+82-61-744-0907

全羅南道のスンチョン市に位置した韓食です。代表的なメニューは黒米キンパプです。KTX順天駅の近くにあります。

順天駅(순천역)

順天駅(순천역)

16.6 Km    3742     2016-11-01

全羅南道 順天市 八馬路135

三山二水の小江南だと称される順天という地名は、百済時代後期この村の貴族だったパク・ヨンギュとキム・チュンが名づけ、順天駅はその地名から取り1930年10月25日に開通しました。2012年麗水海洋エキスポと2013年順天国際庭園博覧会が開催されるにあたり2009年12月22日新駅舎に移転をし、東部陸軍の交通要衝地としての役割を果たしています。

韓牛農家直売所( 한우농가직판장 )

韓牛農家直売所( 한우농가직판장 )

17.4 Km    0     2020-10-26

全羅南道 順天市 照礼新垈アプキル 24
+82-61-721-5010

自分で選んだ韓牛を味わえる店です。 代表的なメニューは霜降り牛ロースです。全羅南道のスンチョン市に位置した韓食専門店です。

突山刺身専門店( 돌산횟집 )

突山刺身専門店( 돌산횟집 )

17.5 Km    0     2020-10-26

全羅南道 順天市 ビボン2キル 3-14
+82-61-904-0017

低価格で刺身が食べられるお店で、地元の人もよく訪れる名店です。 おすすめは雑魚の刺身です。全羅南道のスンチョン市に位置したさしみ専門店です。

クンジプ韓牛村( 큰집한우촌 )

クンジプ韓牛村( 큰집한우촌 )

17.5 Km    0     2020-10-26

全羅南道 順天市 ビボンキル 73
+82-61-722-0505

品質の良い韓牛が味わえて、お集まりに最適な店です。 おすすめは霜降り牛ロースです。全羅南道のスンチョン市に位置した韓食専門店です。

谷城カンビッマウルペンション[韓国観光品質認証] (곡성강빛마을펜션[한국관광 품질인증/Korea Quality])

16.2 Km    23     2020-04-22

全羅南道谷城群竹谷面カンビッマウルキル10
+82-61-362-3800

異国的な風景に心を奪われるところ、谷城カンビッマウルペンション。背後には松の木の鬱蒼とした山があり、前方には川が流れるところに位置し、心が自然に癒される。ヨーロピアンスタイルの2階建てが集まっている谷城カンビッマウルペンションは、内部が木造骨材の韓屋式に設計され、韓国伝統の趣が感じられる。84の客室は2人に適したワンルームタイプから家族連れに適した定員5~6名のツールーム、30坪の一戸建てペンションまで多様なタイプで構成されている。客室は料理のできる棟とできない棟に大きく分けられ、料理のできる棟にはクッキングヒーター、鍋、食器、キッチンツールなどがある。サービス施設は、屋外バーベキュー施設、コンビニ、卓球場、コーヒーショップ、音響器機のある文化館、200人まで収容可能な教育館などがある。夏には子連れ観光客のために子ども用エアプールを無料で開放する。朝食は2日前に予約すると村の住民が作る家庭料理を味わうことができる。ペンションの近くには谷城の代表的な観光地があるため、遠くまで移動しなくて済む。車で10~20分走ると鴨緑遊園地、泰安寺、蟾津江天文台に、35分走ると蟾津江汽車村に着く。ペンションから1km離れた竹谷面所在地まで無料送迎サービスを提供する。ペンションのある蟾津江沿いの17番国道は美しいドライブコースとしても有名だ。

太白山脈文化館(태백산맥문학관)

16.5 Km    56     2019-03-22

全羅南道 宝城郡 筏橋邑 弘巌路 89-19

太白山脈(テベクサンメク)文化館は全羅南道(チョルラナムド)宝城郡(ポソングン)筏橋邑(ポルギョウプ)回亭里(フェジョンニ)にあります。作家・趙廷来(チョ・ジョンネ)が書き上げた大河小説「太白山脈」の文化的成果を称え、観光資源とすべく設立されました。
太白山脈文化館は2008年11月21日に開館、観覧時間は冬期・9時から17時、夏期・9時から18時までとなっています。

筏橋バス公用ターミナル(벌교버스공용터미널)

16.6 Km    4155     2011-02-18

全羅南道 宝城郡 筏橋邑 趙廷来キル2-8
+82-61-857-6313

清海韓日定食(청해한일정식)

16.8 Km    669     2020-05-27

全羅南道 順天市 順天湾キル31
+82-61-742-1717

順天は山や海で最高の食材がとれ、食材を扱う人々の料理の腕も最高です。店で使用される全ての食材は、産地を訪れてひとつひとつ確認して仕入れているため、青海の料理はどれも新鮮です。

旧宝城旅館[韓国観光品質認証](구 보성여관 [한국관광 품질인증/Korea Quality])

17.0 Km    17     2020-04-22

全羅南道宝城郡筏橋邑テベクサンメクギル19
+82-61-858-7528

全羅南道宝城郡筏橋邑にある旧宝城旅館(国家登録文化財第132号)は、日本風の建築と韓屋の要素が調和を成した近代式旅館である。チョ・ジョンレ作家の大河小説《太白山脈》の舞台であると同時に実際に近代に運営されていた、アナログな感性の旅館である。近代建築物が残っている太白山脈文学通りに位置しているため、徒歩旅行を楽しむのに良い。宝城旅館は復元事業を経へ2012年に客室とカフェ、展示室のある複合文化空間として再誕生した。帝釈山、日林山、帝岩山など宝城地域の山の名前を付けた7つの客室は2~3人が泊まれるオンドル部屋である。木製小家具と寝具のある部屋はシンプルできれいな印象を与える。韓紙を貼った引き戸を開けると、小さい庭が眺められる。五峰山、尊帝山客室には縁側が付いているため、のんびりと風景を楽しむことができる。バスルームは帝釈山、五峰山、尊帝山客室だけにあって、他の客室は共用シャワー室とトイレを利用する。2階には文化体験空間として活用される畳の部屋がある。ここで眺める路地裏の風景が美しい。1階には古風な雰囲気のカフェと小劇場、筏橋近現代歴史を紹介する展示室があり、近代にタイムスリップしたような気分になる。英語、日本語、中国語で応対でき、朝食はトースト、卵、ドリンクが無料で提供される。

旧宝城旅館(구 보성여관)

17.0 Km    141     2018-05-18

全羅南道 宝城郡 筏橋邑 太白山脈キル 19
+82-61-858-7528

旧宝城旅館は1935年建設された日本式2階建ての建物で、日本の木造建築の特徴をよく留めている保存価値が高い建造物です。

韓国の大河小説「太白山脈」が映画化された際、反乱軍討伐隊長・林万洙(イム・マンス)と隊員らが宿泊した南道旅館の実際のモデルとなった旅館です。2004年には登録文化財第132号に指定されました。2008年になると文化遺産国民信託がこの宝城旅館を買い上げ、2011年老朽化した宝城旅館の復元工事が完了しました。

特に「旧宝城旅館」は建築物としてだけではなく、宝城郡筏橋(ポルギョ)における近現代歴史文化遺産の重要な拠点としての価値もまた高いところです。

太白山脈の小説の背景となったその時代にもこの建物は旅館として利用され、実際の旅館の屋号も宝城旅館でした。小説では林万洙と隊員らが一時宿舎として利用していました。

板張りの外壁、トタン葺きの屋根、典型的な日本式で建てられた2階建ての建物は昔の姿そのものです。
日本人は日帝強占期、全国にこのような木造の建物を数多く建築しましたが、現在に至る間までに数多くのこのような日本式の建物が保存されることなく取り壊され、コンクリート作りの建物に取って代わられました。

今日まで旅館や商店として使われてきた建物ですが、2004年近代建築史上及び生活史上、価値が高いと評価され、登録文化財に指定されました。

* 面積: 敷地529平方メートル(約169坪)/ 建築面積 416平方メートル(約126坪)
* 構造:木造及び煉瓦造2棟(日本式2階建1棟、韓式平屋1棟)