芸殿(예전) - エリア情報 - 韓国旅行情報

芸殿(예전)

芸殿(예전)

8.0 Km    784     2019-08-01

仁川広域市 中区 月尾文化路43-2
+82-32-772-2256

月尾島文化通りの中間地点、ヨーロッパの城郭を思わせる紅いレンガの家に入ると、木造のインテリアや紅いカーペットなどが目を引くイギリス風の古典的な店内が現れます。長い歳月をかけて培ってきた料理の味と独特なインテリアが「芸殿(イェジョン)」の特徴です。
その昔、詩想を練るために来た詩人たちが、一遍の詩を完成させた場であり、文学創作の場、芸術の殿堂という意味を込めて「芸殿」と名づけたということです。
店内はくつろげる雰囲気で、自家製パン、特選御膳、ミスジステーキ、ハンバーグなどを味わえます。

蘇来湿地生態公園(소래습지생태공원)

蘇来湿地生態公園(소래습지생태공원)

8.3 Km    1462     2019-09-26

仁川広域市 南洞区 蘇来路 154番キル 77
+82-32-435-7076

仁川広域市南洞区論峴洞にある蘇来湿地生態公園は、総面積約350万平方メートルに及ぶ公園で、このうち廃塩田を中心に66万平方メートルが1999年6月にオープンしました。生態展示館は塩田倉庫を改造して作ったもので、塩生植物の写真や塩作り作業風景、昔の蘇来浦口の写真などが展示されています。2001年4月には生態学習場として改装され、公園案内館及び植物壁画館、自然エネルギー体験館、人体第21広報館、仁川環境NGO活動状況館などが併設されています。近辺にある自然学習場では生態公園の植生や塩田に関する映像教育が実施されています。塩田学習場は廃塩田を復旧した場所で約4万平方メートルほどの広さを誇っています。ここでは1日400~1,200キログラムの塩を生産しており、塩が作られる工程を間近で観察することができます。特に、塩を採取する時間(通常4時間)に合わせて行くと塩を採取する体験に参加することができます。

カフェヒロル(西昌店) (카페힐로(서창점))

カフェヒロル(西昌店) (카페힐로(서창점))

8.4 Km    12     2020-06-03

仁川広域市 南洞区 ソチャンナムロ 69, Star Plaza 1階
+82-32-469-2583

ホームメイドブランチカフェヒロルは、注文と同時に新鮮で健康な材料で調理し提供していおります。また直接ローストした10日以内の豆のみを使います。

新世界サイモン始興プレミアムアウトレット(신세계사이먼 시흥 프리미엄 아울렛)

新世界サイモン始興プレミアムアウトレット(신세계사이먼 시흥 프리미엄 아울렛)

8.4 Km    569     2020-07-06

京畿道 始興市 西海岸路 699

「新世界サイモン始興(シフン)プレミアムアウトレット」は日ごろの生活で疲れた都会の人々を癒してくれる「複合ショッピングリゾート」です。スペイン北東部地域の港町カダケスの海岸をコンセプトに異国情緒あふれる空間を演出、各種施設はじめ体験型コンテンツも兼ね備え、満足行くショッピング、そしてのんびりとした憩いのひとときを楽しめます。
エコフレンドリーな造景の「セントラルガーデン」、家族そして恋人と一緒に野外でピクニックを楽しむことができる「スカイガーデン」、さまざまな年代の人々が楽しめる「フットサル競技場」、世界各国及び韓国全土のテーマ料理を楽しむことが出来る「テイストビレッジ」などのスペースは家族連れのお客様に特におすすめです。

烏耳島(오이도)

烏耳島(오이도)

8.5 Km    1722     2019-12-18

京畿道 始興市 烏耳島路175

自然環境に恵まれ、先史時代の歴史遺物の豊かな始興市は、首都圏で唯一、生態都市へと生まれ変わる大きな可能性を秘めた都市です。始興市の西側の浜辺に位置する「鳥耳島(オイド)」は島全体に貝塚が分布しています。鳥耳島貝塚は、西海岸最大規模の貝塚で、韓半島における新石器文化の南北関係の流れが分かる唯一の遺跡であるとともに、内陸地方と新石器文化の南北交流の関係、そして西海岸干潟地帯の新石器時代における海岸適応過程がわかる遺跡です。

仁川大公園(인천대공원)

仁川大公園(인천대공원)

9.5 Km    1126     2020-05-18

仁川広域市 南洞区 ムネミ路236
+82-32-466-7282

仁川大公園(インチョンデゴンウォン)は、仁川広域市東部公園事業所が管理する11の都市自然公園のひとつで、冠帽山(官帽山・クァンモサン)と象牙山(サンアサン)の麓に広がる仁川広域市南洞区(ナムドング)長寿洞(チャンスドン)にある公園です。
仁川大公園は仁川唯一の自然緑地大公園(約294ヘクタール)として年次的造成事業(1982~2006年)に基づき造成された公園で、都会暮らしに疲れた人々に快適な憩いの場を提供する生命の森にもなっています。

仁川大橋(인천대교)

仁川大橋(인천대교)

9.6 Km    16395     2020-07-08

仁川広域市 中区 仁川大橋高速道路 3

先端工学の粋を集めて、数多くの記録を打ちたて話題をさらった仁川大橋。52ヶ月に及ぶ工期の末、2009年10月16日開通しました。仁川沖の海を横断する仁川大橋は長大な橋の長さやその橋の素晴らしい外観に工事期間中、世間の関心を一身に集めました。
仁川大橋建設事業には韓国で初めて社会間接資本事業に外国人が事業施行者として参加、施工と施行を分離した国際金融プロジェクトを推進し、事業推進方式における革新性でも高く評価されました。総延長21.38キロメートルと韓国最長の橋となった仁川大橋は、橋の長さでは世界第7位、橋梁で繋がれた18.38キロメートルの斜張橋の長さとしては世界第6位、主塔と主塔の間を示す主径間800メートルの斜張橋の規模としては世界第5位を誇ります。
総事業費2兆4,234億ウォンを投入した仁川大橋は、海上橋梁部分が12.34キロメートルに及び、往復6車線の道路となっています。仁川大橋の見どころである斜張橋を支える主塔の高さは230.5メートルで、ソウル特別市永登浦区(ヨンドゥンポグ)汝矣島(ヨイド)にある超高層ビル・63ビルに迫る高さとなっています。仁川大橋を疾走する車内では海の上を駆け抜ける清涼感や海から吹き寄せる海風を体感でき、目の前に現れる巨大な主塔の大きさに圧倒されることでしょう。
仁川大橋は、国際ビジネス都市として注目を集めている松島(ソンド)と、仁川国際空港があり世界的な物流複合団地として造成中の永宗(ヨンジョン)地区の間をわずか20分以内で結び、また第二・第三京仁(キョンイン)高速道路や西海岸高速道路とも繋がっており、仁川大橋の開通によりソウル南部及び首都圏南部から仁川国際空港までのアクセス時間が40分以上も短縮しました。

月尾島(월미도)

8.2 Km    26190     2020-05-20

仁川広域市 中区 月尾文化路36
+82-32-765-4169

「月尾島(ウォルミド)」は仁川沿岸1キロのところにある島です。道路が造られ陸続きとなっており、交通も便利なので週末になると多くの人が訪れるスポットとなっています。 カフェや刺身屋、食堂が密集しており、海を見ながら食事を楽しむことができます。また、文化の通りには、落書き柱をはじめ出会いの場、芸術の場、公演の庭、風物の場があり、即席公演が開かれたり、画家が観光客に似顔絵を描いてくれたりします。月尾島で見逃せないのが月尾島遊園地で、アトラクションのうちアポロディスコとバイキングが有名です。

月串浦口(월곶포구)

8.3 Km    69     2020-02-13

京畿道 始興市 月串洞
+82-31-318-4409

月串(ウォルゴッ)の串(ゴッ)は「海に向ってひょこっと飛び出ている土地」という意味で、ここに住む人々の間では月串を通称「達月(タロル)」と呼んでいました。朝鮮時代には各道に水軍の陣地が設置されその水軍を統帥する大将・水軍万戸がこの場所にいたことからも軍事上の要所として重要視していたことがわかります。
1991年までは海洋資源の宝庫と呼ばれるほどの自然がたくさん残る干潟しかないところでしたが、始興市が564,938平方メートルに及ぶ干拓地埋立事業(1992年8月~1996年12月31日)を実施したことにより、この地域が新しい海洋レジャーのメッカとして脚光を浴び、刺身店や海産物店およそ230店舗をはじめさまざまな施設が立ち並ぶようになり活気づきました。

月串浦口の港は韓国の西海岸の特徴である潮の干満の差が激しいところで、主に満潮の前後に漁船が行き来しています。このような港が近くにあり、いつでも水揚げされたばかりの天然物の鮮魚を味わうことができるのも月串ならではです。数多くの刺身店がありますがどこに入っても店それぞれの特徴があり、また近くの魚市場ではいつも新鮮な鮮魚を買い求めることができ、価格や鮮度の面でも他の地域とは比較にならないほど安く鮮度も抜群です。そのため本物の刺身の味を知っている人の穴場的存在になっています。
ソウル汝矣島(ヨイド)から車で1時間ほどの距離で、豊富で新鮮な鮮魚を味わえる所・月串は都会生活でたまったストレスを解消し、リフレッシュしたい人におすすめしたい場所です。

韓国ガス公社ガス科学館(仁川)(한국가스공사 가스과학관(인천))

8.6 Km    3220     2019-12-05

仁川広域市 延寿区 東春洞
+82-32-822-4492~4

「ガス科学館(ガスクァハックァン)」は、青少年科学教育、地域文化空間提供、社会的役割分担を目的に、韓国ガス公社が仁川生産基地内に設立しました。観覧施設はドーム型2階建て構造の科学館と、高さ88mの円柱型のグリーンタワーから構成されています。
ガス科学館の観覧時間は約1時間20分所要し、天然ガスの生成、液化、輸送、運搬、供給、利用に至る全過程を説明してくれるため、安全で清潔で便利な天然ガスエネルギーに関するあらゆることを学習し、体験してみることができます。

烏耳島先史遺跡公園(오이도 선사유적공원)

9.0 Km    81     2020-05-22

京畿道 始興市 西海岸路 113-27

烏耳島(オイド)遺跡は、韓国中部の西海(ソヘ)沿岸を代表する貝塚で、韓国・先史時代の海辺での暮らしや文化を研究する上で貴重な資料となっている遺跡です。
烏耳島遺跡は2002年には国家史跡第441号に指定され、文化財の保存及び活用を目的に烏耳島先史遺跡公園の造成を開始、2018年4月10日正式に烏耳島先史遺跡公園が開園しました。
烏耳島先史遺跡公園には、さまざまな先史文化や当時の暮らしぶりを垣間見ることができる先史体験村や、竪穴式住居の体験ができる野営村、発掘址、狩場などがあります。
その他にも新石器時代烏耳島にあった貝塚について展示・解説する貝塚展示館、烏耳島の夕陽を眺めることができる展望台、散策にぴったりのススキの道などさまざまな見どころがある公園です。

始興 烏耳島遺跡(시흥 오이도 유적)

9.0 Km    81     2020-05-22

京畿道 始興市 西海岸路 113-27

烏耳島(オイド)は、元々、京畿道(キョンギド)始興市(シフンシ)の陸地から4km離れた沖に浮かぶ南北に長い島でしたが、1932年に干潟を塩田開発したことで陸続きとなり、1980年代末に始華(シファ)工業団地が造成されてからは、完全に埋立てられました。 近くには観光スポットとしても有名な済扶島(チェブド)、大阜島(テブド)、蘇莱浦口(ソレポグ)などがあります。

烏耳島遺跡は烏耳島の小高い山頂を中心にその麓付近に分布しています。烏耳島にある軍の駐屯地内でも数多くの貝塚の痕跡があり、また駐屯地内の山頂付近には仁川(インチョン)と狼煙のやりとりを行った烽燧台(狼煙台)も残っています。
この他、烏耳島には多数の貝塚も発見され、烏耳島全体に遺跡が点在していることが分かりました。新石器時代から統一新羅時代に至るまで人々が暮らしを営んでいたことが確認されている烏耳島。発掘された住居跡、オンドルの遺構などから出土した土器のかけら、石器、 漁網の重りなどは、韓国の沿岸地域の人々の当時の生活ぶりや、韓半島の西に広がる西海(ソヘ)沿岸の文化を研究する上で貴重な資料となっています。

烏耳島遺跡は韓国の西海沿岸の島しょ地域を代表する遺跡で、中でも統一新羅時代の住居跡は烏耳島地域で初めて発見されたもので、当時の居住形態やオンドルの発展過程を理解する上で、大変学術価値が高いものと評価されています。

<出典:文化財庁国家文化遺産ポータルサイト>